経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

英外相、対ロ制裁維持を強調 ウクライナ大統領と会談

2016年09月15日 12時37分17秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM15H1Y_V10C16A9EAF000/?dg=1&nf=1

英外相、対ロ制裁維持を強調 ウクライナ大統領と会談
2016/9/15 11:06

 【キエフ=古川英治】ウクライナのポロシェンコ大統領は14日、首都キエフの大統領府で独仏、英、ポーランドの外相と相次ぎ会談した。ロシアが軍事支援する親ロ派武装勢力との紛争が続くウクライナ東部を巡る停戦合意の維持に向けて協議。欧州連合(EU)離脱を決めた英国のジョンソン外相はウクライナを支援し続けるとして対ロ制裁の維持を訴えた。

 ジョンソン外相は就任後初めてキエフを訪問した。ウクライナのクリムキン外相との共同記者会見で停戦合意の実効性について「欧州が対ロ制裁を維持することが決定的に重要」と指摘。「EU離脱にかかわらず、英国はこの問題を主導する」と強調した。停戦合意以外の選択肢はないとも述べ、進展は「ロシア次第」との認識を示した。

 ウクライナ東部では独仏の仲介で2015年2月に成立した停戦合意後も戦闘が収まらず、ウクライナ側に1万人近い犠牲者が出ている。シュタインマイヤー独外相は独仏ウクライナの3者会談後、15日から1週間の戦闘停止に双方が応じたと明かし、停戦合意の進展に期待を表明した。

 独仏ウクライナとロシアは中国で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議の際に停戦合意を巡ってトップ会談を開く予定だったが、直前にロシアが拒否。ロシアは軍事介入を続けながら、停戦合意に盛り込まれた親ロ派の自治拡大を進めるよう圧力を掛けている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリントン氏「健康」 主治... | トップ | ハロウィン限定商品「ハロウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。