経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

中国:家電耐用年数は8-10年、高齢者ほど買い替えに慎重[FISCO]

2016年09月19日 14時24分14秒 | 市場動向チェックメモ
中国:家電耐用年数は8-10年、高齢者ほど買い替えに慎重[FISCO]

・テレビやエアコンなどの家電製品に関して、 中国では国が示した耐用年数があることをそれほど意識せず、目立った不具合がなければ長年使い続ける人が少なくない。
・特に高齢者層でこうした傾向が強いという。

・四川省地方紙の天府早報はこのほど、耐用年数を超えた家電製品に使用上、どのようなリスクがあるのかを紹介する記事を掲載した。
・中国の国家標準化管理委員会は2012年に発表した「家用電器安全使用年限細則」で各家電製品の参考耐用年数を明示。
・テレビとエアコンは「8~10年」、洗濯機は「8年(長くとも10年を超えない)」といった内容を盛り込んだ。

・若者の中には、流行を追ってテレビやパソコンを2-3年で買い替える人もいるが、エアコンは設置工事が面倒なこともあり、買い替えに及び腰。
・また、一般的に高齢になればなるほど、家電製品をできるだけ長く使おうとする人が増える。

・では、耐用年数を超えた家電の使用にはどのようなリスクがあるのか。
・専門家はテレビ製品について、「過熱して静電気がたまり、内部に入ったほこりから発火しやすくなる恐れがある」と指摘。
・また、エアコンについては「冷房効率が下がり、運転音が大きくなる。水漏れや異臭が生じたり、電力消費量が増える恐れがある」と解説した。
・洗濯機については「部品が劣化・破損して衣類を傷付けたり、騒音が大きくなる。洗濯や乾燥の働きが弱くなる」といった問題点を挙げた。【亜州IR】

<ZN>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【経済と日本株】民進・原口... | トップ | 命懸け密航、「ロヒンギャ」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。