経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

大手町に高級サービスアパート 月90万円超す部屋も

2017年02月13日 20時20分37秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13IJT_T10C17A2000000/?dg=1&nf=1

大手町に高級サービスアパート 月90万円超す部屋も
2017/2/13 17:20日本経済新聞 電子版

 東京・大手町に「住まう」――。日本を代表するオフィス街に最高級のサービスアパートメントが13日、完成した。外国人の出張者らの利用を想定したサービスアパートメントは数週間~数カ月の滞在を意識。キッチンやリビング機能を充実させており、あたかも大手町で暮らしているような感覚が味わえる。オフィス街に立地するサービスアパートメントは究極の「職住近接型」となりそうだ。

報道陣に公開された部屋

 乾燥機付き洗濯機、キッチンにオーブン、コーヒーメーカー、グラスなどの食器類――。サービスアパートメント運営の世界大手アスコット社の日本法人、アスコットジャパン(東京・港)が13日に報道陣に公開した部屋は生活に必要な設備が一通りそろっている。

 全部で130室あり、上級クラスの「1ベッドルームプレミア」は最上階の地上29階にある。広さは91平方メートルで2人の宿泊が可能。リビングルームとベッドルーム、畳敷きの小上がりで構成する2LDKタイプの部屋だ。窓からは都心の眺望を堪能することができる。利用料金は1泊1室あたり6万7千円、1カ月だと同93万円程度を想定する。

 このサービスアパートメントはアスコット社の最高級クラス「アスコット」を冠しており、日本では初ブランドだ。3月30日に開業する。狙うのは1カ月以上の海外からの長期滞在者だ。

 大手町にサービスアパートメントができるのは今回が初めて。三菱地所が13日に完成させた地上29階建ての「大手町パークビルディング」の22~29階に入居している。レストランや無料で利用できるプールやジムなども設けた。

 1ベッドルームプレミアのほか、グレードなどで6パターンの部屋を用意した。標準タイプの部屋「スタジオ」は38平方メートル以上で宿泊料金は1泊1室あたり5万5千円、1カ月の料金は同60万円半ばを想定する。

 一般的に中長期の滞在ではホテルよりもサービスアパートメントの方が割安感があるとされる。丸の内地区(丸の内、大手町、有楽町)には年160万人の外国人が訪れることから、サービスアパートメントの需要が広がる可能性はある。

 アスコット社は1984年創業。シンガポールの不動産大手、キャピタランド社の子会社で本社は同国に置く。世界28カ国・100都市以上で運営しており、「オークウッド」と並ぶ著名なサービスアパートメント会社だ。

 日本では「シタディーン」「サマセット」のブランドで東京都新宿区や京都市などの6カ所で展開する。

 三菱地所は2003年から大手町で大規模な再開発を進めている。多機能を集積させた街づくりをコンセプトにオフィス機能だけでなく、温泉旅館「星のや東京」や外国人の対応も可能な診療所「聖路加メディローカス」、ベンチャー企業向けの共有スペース「グローバルビジネスハブ東京」などを相次ぎ開設する。

 大手町を含めた丸の内地区の魅力を高めていく考え。高級サービスアパートメントもそうした街づくりに貢献しそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糸井重里氏の「ほぼ日」、3... | トップ | 有村架純が語る 朝ドラと映... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事