経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

クリントン氏「健康」 主治医の診断書公表

2016年09月15日 12時36分21秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM15H1A_V10C16A9EAF000/?dg=1&nf=1

クリントン氏「健康」 主治医の診断書公表
2016/9/15 11:29

 【ワシントン=芦塚智子】米民主党の大統領候補、ヒラリー・クリントン氏(68)の陣営は14日、クリントン氏の主治医が同氏の健康状態を説明した書簡を公表した。書簡はクリントン氏が肺炎から順調に回復しているとし「引き続き健康で、大統領を務めるのにふさわしい」と強調。共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)も15日放送のテレビ番組で健康をアピールする。

 クリントン氏は11日の米同時テロ追悼式典で体調を崩し退席。その後、9日に肺炎と診断されていたことを明らかにした。クリントン、トランプ両氏とも高齢のため、健康問題が大統領選の争点の一つに浮上している。

 クリントン氏の主治医の書簡によると、クリントン氏は血圧やコレステロール値、乳がん検診の結果なども正常。血液希釈剤や貧血予防のビタミン剤などのほか、現在は肺炎治療のため抗生物質を服用しているという。

 クリントン氏は自宅で休養していたが、15日のノースカロライナ州での集会で選挙遊説を再開する。

 トランプ氏は14日、医師が司会を務める健康情報番組の事前収録に参加。CNNによると、トランプ氏は番組で先週受けた健康診断の結果の一部を公表する。コレステロール値を下げる薬を服用していることを明らかにし、体重を減らしたいと語ったという。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米ゴルフ用品小売り大手破綻... | トップ | 英外相、対ロ制裁維持を強調... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。