経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

4~6月期決算番付(5)純利益伸ばした新興企業 マクドナルド、グラン好調

2017年08月22日 22時07分33秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD22H3Z_S7A820C1DTA000/?dg=1&nf=1

4~6月期決算番付(5)純利益伸ばした新興企業 マクドナルド、グラン好調
2017/8/22 19:54日本経済新聞 電子版

 東証マザーズなど新興市場に上場する企業の業績が上向いている。2017年4~6月期の純利益の合計は前年同期比11%増の764億円となった。純利益の改善額をランキングしたところ、上位には一般消費者向けの商品でヒットを飛ばした企業が目立った。人手不足など景気動向をとらえたサービスで利益を伸ばす企業もあった。

新興企業の純利益増加額
順位 社名 増加額
(百万円) 純利益
(百万円)
1 藤商事 3,364 2,848
2 日本マクドナルドHD 2,773 3,107
3 メイコー 2,058 564
4 日本アセットマーケティング 1,346 2,531
5 松本油脂製薬 1,256 1,057
6 エスケー化研 1,233 2,066
7 フィスコ 1,147 450
8 アイ・テック 1,138 817
9 アカツキ 1,055 1,609
10 東映アニメーション 1,051 2,606
11 夢展望 932 854
12 フクダ電子 928 2,157
13 LCHD 895 211
14 小田原エンジニアリング 867 1,306
15 八千代工業 805 1,477
16 エン・ジャパン 729 1,907
17 アエリア 719 669
18 ヘリオス 703 184
19 ニッポン高度紙工業 614 522
20 ユニマットリタイアメント・コミュニティ 606 882

(注)新興市場に上場し2017年4~6月期に最終黒字となった主な企業

 新興5市場(マザーズ、東証ジャスダック、札証アンビシャス、名証セントレックス、福証Qボード)の上場企業のうち、11年から4~6月期決算を継続比較できる595社(金融など除く)を対象に日本経済新聞が集計した。

 日本マクドナルドホールディングスは、4月に発売した大型バーガー「グラン」シリーズが好調だ。日本人の味覚に合わせた国内独自の商品で、単価も高い。客単価を引き上げながら、積極的な店舗改装により客足も回復した。

 スマートフォン(スマホ)ゲーム開発などのアカツキはバンダイナムコホールディングスと共同で開発したスマホゲーム「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」がけん引した。米国など海外を中心に課金収入が伸びている。

 スマホゲームは1つのヒット作で利益が急拡大するケースが少なくない。アエリアも女性向け恋愛ゲーム「A3!」が人気で、ゲームを有利に進めるためのアイテム課金が増えた。

 スマホゲームの広がりで恩恵を受けたのが東映アニメーション。ゲーム会社からのキャラクターの使用許諾収入が伸びている。キャラクターを提供したゲームの売り上げに応じて収入が増える仕組みで、利益率も高い。

 一方、企業の人手不足を追い風に業績を伸ばしたのがエン・ジャパン。主力の転職サイトではサービスや小売業からの求人広告の出稿が増えた。面接日程を求職者と求人企業が簡単にやりとりできる新機能も追加し、手軽さを求める求職者のニーズに応えた。(おわり)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5年超なら無期雇用、有期労... | トップ | 保育士給料に地域格差 23... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。