kzunoguchi

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

市場幹部刷新 10人規模 都知事、市場長更迭を14日発表

2016年10月15日 20時22分15秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXKASFB13HFG_T11C16A0EA2000/

市場幹部刷新 10人規模
都知事、市場長更迭を14日発表
2016/10/14付日本経済新聞 朝刊

 東京都が豊洲市場(江東区)の建物の地下に土壌汚染対策用の盛り土をしなかった問題で、都は中央卸売市場の幹部職員を大幅刷新する。人事異動は10人規模で、技術系の局長級ポストも新設。小池百合子知事は卸売市場部門トップである中央卸売市場長の岸本良一氏の更迭を含む一連の人事刷新を14日に発表する。新体制で豊洲市場を巡る混乱の収拾と信頼回復を急ぐ。

都議会が閉会し、退席する小池百合子都知事(13日)

 小池知事は13日、記者団に対して「体制の刷新とさらなる追及を同時に進める」と述べ、盛り土の代わりに地下空間を設ける方針を決めた責任者の特定作業を今後も続ける考えを改めて表明。同時に「(中央卸売市場が)抱えている仕事を前に進めるために必要なことをやっていきたい」と語り、大幅な人事刷新の意義を強調した。新たな市場長には村松明典・産業労働局次長を充てる人事も内定した。一連の人事は15日付で発令する。

 小池知事は人事刷新とは別に、豊洲問題に関与した職員の処分も検討する。今後は歴代の中央卸売市場長らが懲戒処分に該当するかどうかを調べる行政監察手続きを慎重に進める考えだ。

 都は盛り土問題を巡って9月末にまとめた内部検証報告書で、事務系と技術系の職員間の情報共有の不備を一因に挙げた。人事刷新では技術系の局長級ポストを新設することで、技術的な情報が事務系にも伝わる体制を築き、ガバナンス(統治)を強化する。

 都によると、中央卸売市場は都内11カ所の市場を管轄し、現在は現業職を含む職員約700人が所属している。幹部はトップの市場長を含め局長級が2人、部長級が17人、課長級が38人。

 盛り土問題の発覚前は中央卸売市場の局長級は市場長1人だった。9月に局長級の次長ポストを新設したのに続き、今回の技術系幹部ポストの設置によって局長級は3人になる。

 豊洲市場の土壌汚染対策で盛り土を提言した「専門家会議」(座長、平田健正・放送大学和歌山学習センター所長)は15日、再設置後の初会合を開き、盛り土の代わりに設けられた地下空間が土壌汚染対策としての安全性を確保できているかなどを検証する。

 小池知事は5日の都議会一般質問で、地下空間が整備された問題で「責任の所在を明確にする」と答弁し、歴代の中央卸売市場長や、関与した職員の懲戒処分を検討する考えを表明している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 午後8時退庁 都がスタート  | トップ | 都知事、市場長更迭へ 豊洲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。