経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

アップル、次の革新探る ソフトバンク・サウジのファンド出資

2016年12月31日 18時09分52秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HU3_T11C16A2TJC000/?

アップル、次の革新探る ソフトバンク・サウジのファンド出資
2016/12/13 20:03

 ソフトバンクグループとサウジアラビアが共同で設立する10兆円規模の投資ファンドに、米アップルが参加することが13日、分かった。アップルの出資規模は最大でも10億ドル(約1150億円)とファンドの規模を考えれば少額。苦手だったM&A(合併・買収)を強化したい狙いがありそうだ。

 アップルの過去最大のM&Aは2014年に30億ドルで買った高級ヘッドホンのビーツ・エレクトロニクスだ。アップルは故スティーブ・ジョブズ氏が最高経営責任者(CEO)の時代から自前主義にこだわってきた。外部の力の活用は人材の引き抜きや知財の取得を優先し、M&Aも「即戦力」にほぼ限定している。

 アップルがiPhone(アイフォーン)を発表してスマートフォン(スマホ)時代の幕を上げてからもうすぐ10年。新規性が乏しくなる中、次世代の経営の柱を模索中だ。新ファンドへの出資は、次のイノベーションの種を探るうえで、孫正義社長の目利き力に期待したいという思惑が透けて見える。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アップル、次期iPhoneの有機E... | トップ | 16年の時価総額 ソフトバン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。