kzunoguchi

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

[FT]サムスンのスマホ回収騒動でTDK消耗

2016年10月13日 11時00分50秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO08260290S6A011C1000000/

[FT]サムスンのスマホ回収騒動でTDK消耗
2016/10/13 6:30

Financial Times

 過去1カ月間が韓国サムスン電子にとってホラーストーリーだったとすれば、この48時間は日本のTDKにとって、それに勝るとも劣らぬ悪夢のようだった。TDKは世界中のスマートフォン(スマホ)メーカーにリチウムイオン電池を供給し、米アップルを最大の顧客としている。

ソウルにあるサムスン販売店前で。ギャラクシーノート7のリコール時、サムスンは同端末の使用中止を呼びかけていた=AP

 TDKはサムスンの新型スマホ「ギャラクシーノート7」の交換用端末向けに電池を供給しており、交換後の端末はリコール(回収・無償修理)された当初のモデルと同じくらい発火しやすいことが判明しつつあった。だが、11日にはノート7の生産中止と廃止の決定があった。TDKは、この決定によって需要激増の可能性を奪われるかもしれないが、電池が危機の最大の原因だったという潜在的な汚点もなくなったように見える。

 9月初めにサムスンの最初のリコールが発表されたとき、この状況はTDKとその電池生産子会社、香港アンプレックステクノロジー(ATL)にとって追い風になるかに見えた。ATLは1999年に香港で設立され、2005年にTDKに買収された会社で、同社に通じた人々によると、2010年までに製造プロセスが完全に「日本化」されている。

 非常に危惧すべき発火事故を起こしたサムスン製スマホの圧倒的大多数は、系列会社サムスンSDIによって生産された電池を使用しており、問題は当初、ATL製の電池に影響を及ぼさないかに見えた。アナリストらによれば、ATL製の電池はギャラクシーノート7の端末の約35%に使われている。

 一時的な解決策として、サムスンはATLに交換用端末向けの電池を供給するよう依頼。これに応じてTDK株が急騰した。投資家が増収効果を好感したためだ。

 だが、10日になると、ATL製の部品を使った交換用端末の発火事故が表面化。ATLも飛行機の乗客をリスクにさらす電池を生産しているという可能性が示唆された。だが、アナリストらによれば、ノート7の生産を全て打ち切る唐突な決断で、サムスンは問題が電池自体の外側にあることを認めたように見えた。

 ATLとTDKはコメントを拒んだ。

■ATL急成長、売り上げ約6割はスマホから

 ATLは2005年以降、驚異的な急成長を見せている。技術の選択のおかげだ。ソニーなどのライバル企業がバッテリーの密度に専念する一方、ATLは研究開発費をポリマー電池技術と高速充電能力に集中投下してきた。消費者はATLの特性のほうを好んだようで、スマホメーカーはATL製品を買うか、さもなくば素早く同社に追いつける別の供給業者を見つけるしかなかった。

 市場調査会社テクノ・システム・リサーチによると、ATLは現在、世界第4位の規模を誇るリチウムイオン電池メーカーで、2015年に10%の市場シェアを握っていた(ソニーは8%)。アナリストらの話では、ATLの売上高の約65%がスマホから来ており、そのうち半分がアップルからの受注だ。アップルは最新機種「iPhone(アイフォーン)7」の推定80%に、この日系メーカー製電池を使っているという。

 ATLの年間売上高(単独ベース)は3年間で47%急増し、2015年度に1650億円に達したが、純利益は同じ期間に44億円から15億円に減少した。同社はアップルに電池を供給しているほか、電気自動車やドローン(小型無人機)、エネルギー貯蔵システム向けの電池も生産している。

By Leo Lewis and Kana Inagaki in Tokyo

(2016年10月12日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2016. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サムスン「ノート7」発火事... | トップ | スズキ、生き残りへ待望の後... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。