kzunoguchi

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

原発慎重派の米山氏当選 新潟知事選、「柏崎」再稼働に逆風

2016年10月17日 08時52分17秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE16H01_W6A011C1MM8000/

原発慎重派の米山氏当選 新潟知事選、「柏崎」再稼働に逆風
2016/10/17 0:13日本経済新聞 電子版

 任期満了に伴う新潟県知事選は16日投開票され、無所属で新人の米山隆一氏(49)=共産、自由、社民推薦=が、前新潟県長岡市長の森民夫氏(67)=自民、公明推薦=ら無所属新人3人を破り、初当選を果たした。米山氏は東京電力柏崎刈羽原子力発電所の再稼働に慎重な立場を鮮明にしており、政府のエネルギー政策にも影響しそうだ。

 投票率は53.05%で、過去最低だった前回2012年の43.95%を9.10ポイント上回った。

 九州電力川内原子力発電所の一時停止を公約として新人が現職を破った7月の鹿児島県知事選の敗北に続き、政権運営には痛手となる。政府・与党内には当初、選挙戦を楽観する向きが強かった。野党4党は7月の参院選に続き、事実上の「共闘路線」に一定の成果があったとして、23日の衆院2補選に弾みをつけたい考えだ。

 米山氏は16日夜、新潟市内で記者会見し、柏崎刈羽原発の再稼働について「命と暮らしが守れない現状では認めることはできない」と述べ、反対する考えを改めて表明。同原発の再稼働に慎重な泉田裕彦知事の路線継承を改めて訴えた。

 柏崎刈羽原発は総出力が約820万キロワットと世界最大。東電の全供給能力の1割程度を占めるが、東日本大震災後の2012年3月から運転を全面的に停止している。原発再稼働には国の原子力規制委員会の安全審査に合格することに加え、立地する県や市町村の同意が事実上必要になる。

 原発をエネルギー供給の柱に据える政府は、大震災を受け停止した全国の原発の再稼働を順次進めたい考え。規制委は現在、柏崎刈羽原発6、7号機の安全審査を進めているが、米山氏の当選は再稼働への逆風となる。再稼働で年2400億円ほどの収支改善効果を見込んでいた東京電力ホールディングスの経営再建のほか、福島第1原発の廃炉や賠償費用の上振れをどう負担するかの議論にも影響を与えそうだ。

 新潟県知事選を巡っては、4選出馬を表明していた泉田知事が8月末に出馬を急きょ撤回。民進党の次期衆院選候補に内定していた米山氏は告示直前に離党、出馬した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東電再建、険しさ増す 新潟... | トップ | 米山氏「県民の思い、形に」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。