経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

【中国の視点】各国の自動車大手:インド投資加速、日本企業に好機も[FISCO]

2017年05月19日 10時41分26秒 | 市場動向チェックメモ
【中国の視点】各国の自動車大手:インド投資加速、日本企業に好機も[FISCO]

・インドにおける自動車需要の増加に伴い、各国の自動車大手によるインドへの投資が加速している。
・地元メディアによると、インド政府は向こう3-4年、インドでの自動車製造を拡大させるため、日本やドイツ、フランス、韓国、中国などの自動車大手7-8社を自国への投資を誘致する計画だという。

・投資総額は80億-100億米ドル(約8960億円-1兆1200億円)になる見通しだ。
・インドのモディ首相は2014年の就任後、国内総生産(GDP)に占める製造業のウエートを高めるという目標を掲げていた。

・自動車工場の整備拡大に伴い、雇用確保につながるほか、インド国民の自動車の普及率がまだ低いため、市場成長に期待できそうだ。
・統計によると、インドの人口は約13億人となり、自動車普及率は3.2%にとどまっているという。

・過去数年の自動車市場の拡大ペースは7%となり、2020年には米中に続き、世界3位に浮上すると予測されている。
・また、深刻な大気汚染に悩まされているインドでは、エコカー分野に強い日本メーカーにとって大きなチャンスとなるとも言われている。

・なお、2016年のインド自動車市場では、トップ3位のシェアを握ったのは日本との合弁企業マルチ・スズキ(47.3%)、韓国のヒュンダイモーター(17%)、地元メーカーマヒンドラ&マヒンドラ(7.7%)となった。

<ZN>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NYの視点:トランプ米政権の... | トップ | 【経済と日本株】民進・小西... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。