経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

米ベライゾンCEO「ディズニーなど3社と統合検討」

2017年04月19日 23時45分19秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19H6F_Z10C17A4000000/?dg=1

米ベライゾンCEO「ディズニーなど3社と統合検討」
2017/4/19 13:48日本経済新聞 電子版

 米通信大手のベライゾン・コミュニケーションズのロウェル・マクアダム最高経営責任者(CEO)は18日、米ブルームバーグのインタビューでCATV最大手のコムキャストやウォルト・ディズニー、CBSと「合併に関する協議に前向きだ」と述べた。携帯電話事業に陰りがみえるなか、ベライゾンは新規のメディア関連ベンチャー事業が育つには時間がかかるとみて、新たな成長源を探している。

 マクアダムCEOはコムキャストのブライアン・ロバーツCEOから「事業統合の話を持ちかけられれば対応する」と述べた。また、他社から説得力のある構想があれば「それについても協議する」という。ブルームバーグの報道によると、動画配信の急増や次世代通信規格「第5世代(5G)」に対応する光通信網をベライゾンが構築するうえで、コムキャストの資産が寄与する可能性があるという。

 この発言を受け、合併候補として名前が挙がった3社の株価はそろって上昇した。コムキャストは1.1%、CBSは1.8%、ディズニーは0.4%の上昇となった。ベライゾンCEOの発言については3社ともコメントしていないが、市場ではマクアダムCEOの発言が好感されたようだ。

 ■AT&Tに次ぐ大型再編か

 ベライゾンと他社の統合が実現すれば米通信・メディア業界が大きく変わる流れになる。米通信大手では、AT&Tが2016年10月にメディア大手のタイムワーナーを買収すると発表した。約854億ドル(約9兆2200億円)の巨額買収が話題となった。AT&Tは携帯電話事業が伸び悩むなか、映画やテレビドラマなど幅広いコンテンツを抱えるタイムワーナーを取り込み、複合メディア企業への転換を図ろうとしている。

 インターネットの普及を背景に、最近はネット動画の勢いが増している。動画配信大手の米ネットフリックスは、世界の加入者数が今週末にも1億人を突破する見通しになったと発表。積極的に独自製作の番組を配信して利用者数が増え、2017年1~3月期決算は売上高は前年同期比35%増の26億3700万ドルだった。これでもアナリスト予想を下回り失望を呼ぶ状況。株式市場の期待は高い。

 ネット動画を取り巻く環境も競争が激しくなっている。テレビからネットで動画視聴する流れを作った「ユーチューブ」を筆頭に、米アマゾン・ドット・コムの「プライム・ビデオ」や米Hulu(フール-)なども勢いを増している。各社のコンテンツをチェックし、一定期間ごとに契約を切り替えるユーザーも出てきており、各社にとって視聴者のつなぎ留めも課題だ。

 ■「通信×メディア」、日本でも

 通信とメディアの融合は世界的な潮流になり、日本にも波及している。海外で成功したネット動画サービスは日本でも相次ぎ登場している。ネットフリックスやアマゾンなどのほかに、サイバーエージェントの「アベマTV」やスポーツ動画配信の「DAZN(ダ・ゾーン)」などだ。

 日本でも最近のテレビのリモコンでは、ネットフリックスの大きなボタンが最初から搭載されている。一般消費者からすれば、テレビ番組とネットフリックスが「同格」、ボタンの大きさで判断すれば「格上」という時代だ。「ネットを敵視するのは昔の話。いかに新興勢力と関係を築くかが重要だ」(民放大手の幹部)。アベマTVにはテレビ朝日が共同出資し、ダ・ゾーンはNTTドコモと提携している。すでに垣根はかなり低くなってきた。

 野村総合研究所によると、スマートフォン(スマホ)などで見る日本国内の動画配信市場は22年度には2200億円と16年度に比べて3割増える見通し。有望な成長市場ではあるが、参入企業が多くなれば淘汰が進んでくることも予想され、ネット動画で勝ち残るのも簡単ではない。

(潟山美穂、加藤貴行)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国がEV主戦場に 上海シ... | トップ | ロキソニンやガスター、アマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。