経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

携帯3社、iPhone新料金発表 横並び崩れる

2017年09月22日 01時11分45秒 | 市場動向チェックメモ
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21HXU_R20C17A9TI1000/?dg=1&nf=1

携帯3社、iPhone新料金発表 横並び崩れる
2017/9/22 0:30日本経済新聞 電子版

 携帯大手3社が22日に発売する米アップルの新型iPhone向けの料金プランが出そろった。KDDI(au)は月額利用料を従来より2~3割下げた新料金プランを新型iPhoneに適用。ソフトバンクは大容量プランを新設する。NTTドコモは通信料金の値引きを見送る代わりに端末の価格を引き下げ、2万円強から買えるようにする。横並びだった3社プランが崩れつつある。

端末の値引きは3社とも実施する(iPhone 8 Plus)=AP

 携帯3社は22日に新型iPhoneの「8」と「8 Plus」の販売を始め、11月に上位モデルの「X」を発売する。

 ドコモは21日、新型iPhoneの新プランを発表した。2年目以降もドコモとの契約を続けたうえで新しいスマホに切り替えれば最大で4万円をポイントで還元する。購入補助サービスとして毎月、通信料から一定額を割り引く。容量64ギガ(ギガは10億)バイトのiPhone8なら、ユーザーの負担額は実質2万264円となる。

 KDDIは実際に使ったデータ通信量に応じて料金を決める「ピタットプラン」を7月にアンドロイド端末向けに導入したが、これを新型iPhoneにも適用する。従来の主要料金プランと比べ2~3割安い。20ギガバイトと30ギガバイトの定量契約を月1500円引き下げる新プランも導入する。新型iPhoneを使いたい格安スマホ利用者などが魅力を感じそうだ。

 ソフトバンクは動画などを楽しむことが多い、いわゆるヘビーユーザーにターゲットを絞った。月額7000円で50ギガバイトまで利用できる大容量プランを導入。従来は月額8000円で30ギガバイトまでだった。契約1年目はさらに月500円を割り引く。家族割引の対象にルームシェアも加え、動画に親しむ若者層などを取り込む。

 iPhoneの端末価格は定価で8万5104円(税込み)から。端末の値引きはKDDIとソフトバンクも実施し、両社とも4年間の契約を前提に端末価格を実質半額とする。ドコモは通信料の値引きを見送る代わりに端末をより安く買えるようにして違いを見せた。

 総務省が16年4月に端末の「実質ゼロ円」販売をやめるよう3社に要請して以降、大手3社の横並びが徐々に崩れ始めた。月額料金の負担感から格安スマホへ流出する顧客も多く、大手3社の新規契約者数は伸び悩んでいる。競争環境の変化に対応するため、大手3社は横並びだった料金体系にメスを入れ、顧客を囲い込みたい考えだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.09.21(木) 本日の注目... | トップ | 鴻海、米新工場に巨額補助 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事