経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

東証10時、下げ渋り 国内勢が押し目買い 東芝に買い集まる

2017年02月24日 11時30分32秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS12_U7A220C1000000/?dg=1&nf=1

東証10時、下げ渋り 国内勢が押し目買い 東芝に買い集まる
2017/2/24 10:29

 24日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ渋っている。前日比40円程度安い1万9300円台前半まで下げ幅を縮めた。円相場の強含みを嫌気した売りが優勢だが、下値では「国内機関投資家の押し目買いが入っている」(国内証券のトレーダー)。

JPX看板

 「米原子力子会社ウエスチングハウスが米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請を、原子力事業見直しの選択肢として検討していることが分かった」と伝わった東芝が買いを集めた。時価総額は一時、1兆円の大台を回復した。

 JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も、ともに下げ幅を縮めている。

 TOPIX33業種中では17業種がなお軟調だが、上昇業種は寄り付き直後の1業種から16業種へ広がった。下落率上位の「ガラス・土石製品」や「非鉄金属」も下げ渋っており、幅広い銘柄に押し目を拾う買いが入った。

 10時現在の東証1部の売買代金は概算で6006億円だった。売買高は7億736万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1027、値上がりは771、変わらずは188銘柄だった。

 東邦鉛、三菱マ、三井金などの非鉄金属株が安い。朝方に急落した東ソーは1%安の水準まで持ち直した。半面、経営統合観測のある森永と森永乳は、売買を10時前に再開し、ともに買いを集めている。ファナック、電通も高い。

 東証2部株価指数は反落した。Jトラスト、マーチャントが下げた波面、安川情報、MCJが上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊田通商 トヨタの先兵、未... | トップ | グーグル系、ウーバーを提訴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事