経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

広島・長崎両市長を招待 ノーベル平和賞の授賞式 被爆地として初

2017年11月15日 14時36分59秒 | 市場動向チェックメモ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23497500V11C17A1CR0000/?nf=1

広島・長崎両市長を招待 ノーベル平和賞の授賞式
被爆地として初
社会
2017/11/15 12:32

 ノーベル平和賞が決定した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の授賞式に、広島市の松井一実市長と長崎市の田上富久市長が招待されたことが15日、両市への取材で分かった。松井氏は出席する方向で、田上氏も検討している。実現すれば、被爆地の市長が授賞式に参加するのは初めてとみられる。

 両市によると、主催者側からそれぞれ市長宛ての招待状が届いた。市長として被爆地の市民を代表して、式典を見届ける。

 授賞式は12月10日にノルウェー・オスロで開かれる。ICANのメンバーのほか、被爆者3人が出席、このうち広島で被爆したカナダ在住のサーロー節子さん(85)が演説する予定となっている。

 現地ではICANに関する展示も開かれ、広島と長崎の原爆資料館の所蔵資料も紹介される見通し。〔共同〕
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 投資名目で高齢者狙い60億円... | トップ | 消された東芝の再生シナリオ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事