経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

[FT]英EU離脱不安の中、広がる競合企業同士の再編

2017年03月15日 19時29分01秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO14091630V10C17A3000000/?n_cid=DF150220104320

[FT]英EU離脱不安の中、広がる競合企業同士の再編
2017/3/15 13:21

Financial Times
 英国企業による国内M&A(合併・買収)が過去約10年の間で最も速いスピードで進んでいる。英国の欧州連合(EU)離脱が引き起こす不確実性の中、競合企業同士が再編でコスト削減を図ろうとする動きが広がる。

 年初からの英企業同士のM&Aは15件、総額243億ポンドに達している。調査会社ディールロジックのデータによると、年初10週間の数字として件数も金額も2008年以来の高水準だ。

英国のEU離脱をにらみ、英国内で競合企業間の再編が進んでいる(左が英国旗、右がEU旗)=AP

 英国のEU離脱に伴う困難を受けるまでもなく、すでに経営が圧迫されている資産運用管理やエネルギー、小売りなどの業界で10億ポンド超規模のM&Aが相次いでいる。

 銀行関係者らは、英企業買収を考えていた一部の海外企業がEU離脱決定を受けて自信をなくし、英国の競合企業同士が接点を見いだしやすくなる流れが生まれたと言う。

 英国のある投資銀行幹部は、こう話す。「英企業同士ならEU離脱で運命を共にする関係になる。何がどうなろうともだ。為替変動の影響も受けず、成り行きに賭けることにならない。企業価値も見えやすい。海外の買い手は、そこが大きな難点になる」

■英国内の再編はさらに続く

 M&Aアドバイザーらは、メイ政権がEU離脱交渉開始の準備を進めるなかで英企業同士の再編はさらに続くはずだと言う。

 米銀大手バンク・オブ・アメリカで英国・アイルランド企業融資・投資銀行部門を率いるサイモン・マッケンジー・スミス氏は、こう話す。「ルールが変わる可能性に直面している英国企業にとって、確実に優位性を得る方法が1つある。それはコストを減らすことだ」

 今年に入ってからの活況は、国民投票によるEU離脱決定後の昨年後半にM&Aが減速したのと対照的だ。昨年後半は2つの大型案件が目立つにとどまった。ポンド安に乗じて日本のソフトバンクグループとルパート・マードック氏率いる米メディア大手の21世紀フォックスが、それぞれ半導体設計のアーム・ホールディングス、有料テレビ大手のスカイを買収した。

By Arash Massoudi

(2017年3月15日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サッカー日本、W杯ロシア大... | トップ | オランダ下院選、与党と極右... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。