セッカチばあさんひとりごと

あれもこれもやりたい事ばかり、ノロマになったの棚に上げてぼやくばかり。スマートに片付けたいなー。

続夏の雑感

2017-08-13 12:04:13 | Weblog

 

最近モヤモヤする胸の内を書きたいと思ったのですが、さて書こうと思うと難しいですね。「ブログに政治的なことは書かない」と決めていたのですが・・・・・・此のところ内閣の顔ぶれが変わって少し落ち着いたようですが、それまでは連日野党とメディアが打倒安倍に邁進しているように思えて、これでいいのだろうか。80半ばの老婆がぼやいてもせん無いことですが。日本は言論の自由がある国ですが、矢張り世の風潮というか、マスコミが煽り立てる中では言い難いことありますね。共謀罪(テロ等防止法案)の審議の時、思い出したのは、安保反対のあの世相です。あれだけのデモ騒ぎ、樺美智子さんが亡くなるほどの激しい反対運動でした。私は「どうして安保が必要なのか、もっと国民に解りやすく説明をするべき」と投書したこともありました。新聞は反対一辺倒だったように思います。難しいことは分からぬ一主婦が肌で感じたことは反対風潮でした。デモに参加していた人々も、安保をどこまで理解していたのかしらとふと思います。現在安保がない方が良かったという論調は余り聞きません。共謀罪(テロ等防止法案)も反対の理由が、戦前の事例を出しているようで、余り現実的ではないように思います。現在世界で起こっているテロ事件を聞くにつけ、この日本では何としても起きて欲しくないと願っています。

今北朝鮮が瞬く間に技術を向上させ脅しに入っている時、何日も国会で費やされる議論が、日報とか国有財産の払い下げ問題や新設獣医学校の是非問題等だけで良いのでしょうか。賛否の意見も、反対意見の蒸し返しの水掛け論のように思えて、もっと外交は、防衛はどうするのか、国会はもっと他にすることがあるのではと思ってしまいます。そして又昔のことを思い出しました。ゾルゲ事件の尾崎秀実のことです。ジャーナリスト、朝日新聞の記者等で活躍、近衛内閣のブレーンであり、コミンテルンのスパイで処刑された人物です。現在のマスコミ関係者に彼のような人物が入り込んで日本の国益に反することをしている人がいるのではないかとさえ思ってしまいます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏雑感 | トップ | 秋ですね »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
全く同感です! (リョウ)
2017-08-13 20:33:35
私も最近この問題がストレスとなっていてブログに書いてみようかと思いつつ中々文章としてまとめられませんでした。
今この記事を目にして少しストレスが解消されました。よくぞ書いてくださいましたと拍手を贈ります。

防犯カメラを街角にに設置すると言う時も同じように反対反対、プライバシーがどうだこうだと言っていましたが何もやましいことをしていなければ防犯の為なんだから良いじゃないかと多くの人が言っていました。
しかしメディアではほとんど反対ばかりの報道でしたよね。
今ではカメラのお陰で犯人検挙や事故の詳細などが分かり大いに社会のためになっていると思いますね。

私には野党も政府の足を引っ張ろうとしているだけにしか見えません。
コメントありがとうございます。 (オリーブ)
2017-08-16 11:47:01
拙文を見て頂き有難うございました。すぐコメント頂き、すごく嬉しかったです。モヤモヤは私一人ではなかったと。友人に話すとあなたは間違っているという人もいて、なるべくこの話題はしないようにしてました。ブログで鬱憤晴らして、尚且つ拍手頂き有難く嬉しいです。
破防法のこと自信なかったので、見たら昭和27年なのですね。オウム真理教の頃聞いたように思ったのですが、人間の記憶はいい加減なものと自覚しました。本文の破防法の部分は削除し少し手を加えました。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL