セッカチばあさんひとりごと

あれもこれもやりたい事ばかり、ノロマになったの棚に上げてぼやくばかり。スマートに片付けたいなー。

近隣散策で

2017-11-21 11:43:19 | Weblog
 

柏市にある旧吉田家住宅歴史公園に行って来ました。平成16年に柏市に遺贈され、修理工事の後、平成21年に歴史公園として開園されたそうです。これらが江戸末期に建てられたもので、それを平成の時代まで維持されていた吉田家に感激しました。主屋・書院・新座敷・長屋門・向蔵・新蔵・道具蔵・西門の8棟が国の重要文化財に指定されています。

写真中段は主屋、嘉永7年(1854)に建築された寄棟造、茅葺の大きな建物です。茅葺の軒先の厚みが約1mもあるとか、まるで芸術品のよう。下段は長屋門で天保2年(1831年)現存する建物の中では最古、長さは25mもあります。江戸時代の制度・文化は世界に誇る素晴らしいものだった、と聞いたことがありますが、地方の名主で豪農・商家・苗字帯刀を許された士分格の家柄とは言え、これだけの建物や細部の造り庭の設え等、昔の日本人の文化の高さを感じ誇らしく思ったことでした。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

花の命

2017-10-14 11:36:34 | Weblog

    

「花の命は短くて」と言われますが、この花は長生きですね。花の名前はは分からないのですが、可愛いでしょう!プレゼントで貰った種を植えたら、芽が出て春花が咲きました。左が5月、右が先日10月の写真です。ずう~~と咲いてます。寒くなるまでさき続けるのでしょうね。

先日の彼岸花は1週間持たなかったように思いますし、ハイビスカスは1日花です。月下美人は日が暮れてから咲き始め、夜中に満開、翌朝はだらりと萎れてます。それぞれの花の命です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

我が家の彼岸花

2017-09-22 15:44:25 | Weblog

          

我が家の彼岸花も16日やっと咲き始めました。公園の彼岸花を撮りに行ったのは9月14日でした。その時はまだ蕾の状態でしたが。大型台風が南から九州で向きを変えて、各地に大雨の記録を残しながら、足を早めて日本海を北上、18日には北海道を抜けました。当地は大したことないと思っていましたが、17日夜は風が強かったらしく、18日朝は、折角咲き始めた彼岸花、蕾のままのが1本折れて根元に、でも植え込みの下とて後は何とか無事でした。植木鉢は3個倒れ、落ち葉が舞ってました。落ち葉の中にカブトムシのなきがらが!、この辺はまだ自然が残っているのですね。折れた茎は花瓶に挿しておいたら、21日満開になりました。もうダメと思っていたので嬉しかったです。此処へ越して来て4度目の秋。今年が一番大きくなり、沢山花が咲きました。花は両隣の境の植え込みの中にありますが、今年は右側だけ咲きました。右隣はそれはお花を愛する方なので、花もその方に見て欲しくて精一杯咲いたのではと思っています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋ですね

2017-09-14 17:00:12 | Weblog

                

今年は何となく秋の訪れが早いようですね。先日もツクツクボウシの鳴き声を聞き、ああ夏も終わりと子供時代を思い出しました。我が家にも彼岸花がささやかに咲きますが、植え込みの下でまだ蕾です。2~3センチと思っていたら、あっという間に50センチくらいになり、今朝植え込みの枝を「ゴメンね」と言いながら枝を少し切りました。公園の彼岸花が満開と聞いて、久しぶりお散歩してきました。黒い蝶!見えますかしら。コスモスがもう咲いていて。ナナカマドは2年程住んだ旭川を思い出しました。真っ赤に紅葉した葉と宝石のような赤い実の並木を懐かしく思い浮かべ、思わずカメラを向けました。実が赤くなる頃又来ましょう。

先日は、菅原 洋一さんのコンサートでした。甘いソフトな歌声は健在で、「知りたくないの」ほか懐かしい歌の数々を、うっとり聞きました。新井満さんの「この街で」東北大震災の後よく歌われた「花は咲く」最後の「マイ・ウエイ」涙がこぼれそうでした。みんなで「故郷」を歌っておひらきになりました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

続夏の雑感

2017-08-13 12:04:13 | Weblog

 

最近モヤモヤする胸の内を書きたいと思ったのですが、さて書こうと思うと難しいですね。「ブログに政治的なことは書かない」と決めていたのですが・・・・・・此のところ内閣の顔ぶれが変わって少し落ち着いたようですが、それまでは連日野党とメディアが打倒安倍に邁進しているように思えて、これでいいのだろうか。80半ばの老婆がぼやいてもせん無いことですが。日本は言論の自由がある国ですが、矢張り世の風潮というか、マスコミが煽り立てる中では言い難いことありますね。共謀罪(テロ等防止法案)の審議の時、思い出したのは、安保反対のあの世相です。あれだけのデモ騒ぎ、樺美智子さんが亡くなるほどの激しい反対運動でした。私は「どうして安保が必要なのか、もっと国民に解りやすく説明をするべき」と投書したこともありました。新聞は反対一辺倒だったように思います。難しいことは分からぬ一主婦が肌で感じたことは反対風潮でした。デモに参加していた人々も、安保をどこまで理解していたのかしらとふと思います。現在安保がない方が良かったという論調は余り聞きません。共謀罪(テロ等防止法案)も反対の理由が、戦前の事例を出しているようで、余り現実的ではないように思います。現在世界で起こっているテロ事件を聞くにつけ、この日本では何としても起きて欲しくないと願っています。

今北朝鮮が瞬く間に技術を向上させ脅しに入っている時、何日も国会で費やされる議論が、日報とか国有財産の払い下げ問題や新設獣医学校の是非問題等だけで良いのでしょうか。賛否の意見も、反対意見の蒸し返しの水掛け論のように思えて、もっと外交は、防衛はどうするのか、国会はもっと他にすることがあるのではと思ってしまいます。そして又昔のことを思い出しました。ゾルゲ事件の尾崎秀実のことです。ジャーナリスト、朝日新聞の記者等で活躍、近衛内閣のブレーンであり、コミンテルンのスパイで処刑された人物です。現在のマスコミ関係者に彼のような人物が入り込んで日本の国益に反することをしている人がいるのではないかとさえ思ってしまいます。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏雑感

2017-08-12 19:22:39 | Weblog

                       

今年は気象庁が梅雨明けの宣告を忘れたのではと思うほど晴天続きだったのが、いざ梅雨明けになったらどんよりの日ばかり。台風5号は発生から熱低になるまで18日もかかかり、西の地方に甚大な被害を与え、全くおかしな天候です。

ハイビスカスは外に出すのが早過ぎて、可哀そうに枯らしてしまったと反省してたのですが、やはり南の生まれですね、暑い日が続いたら日に2,3輪咲いてくれるようになりました。お隣に頂いたアガパンサスも咲終わりました。20年位前先生から頂いた蘭の鷺娘、今年は駄目でしたが、先日たった1輪狂い咲き?を見つけました。調べてみたら2008年から2011年のブログに登場し、見事に花がついています。先生が旅立たれたのは1999年、先生のお宅は沢山の蘭で溢れていましたっけ。奥様はどうしていらっしゃるかしら。

8月6日森のホールに「東儀秀樹×古澤 巌×coba 全国ツアー2017」がやってきました。ここに越して来て、コンサートは出かけるのが億劫になりとうとう昨年はご無沙汰。久しぶり楽しんできました。本当に丁々発止の盛り上がり、バックのミュージシャンも皆が一体となって音を奏で観客も手拍子で、クラシックとはひと味違う雰囲気でした。一昨年の抒情歌をもう一度聞きたかったけど1曲だけ、今度はあのタイフーンのメンバーに逢いたいな~~。もう無理なの解ってるけど・・・・・ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康法アレコレ

2017-07-02 21:38:47 | Weblog

今年も早や折り返しの7月です。日はあッという間に過ぎますね。去年の紫陽花今年も咲いてくれました。花数が多かったせいか小ぶりです。毎年咲いたアマリリス、手入れ不足で咲きませんでした。残念!ごめんね。

 最近「PPKの法則」なる本を貸していただきました。「運動、睡眠、朝食、禁煙、適切な飲酒」夕食時のビールの美味しいこと!!  又「自分で健康と認識している人は長生き」自分に都合よいところだけ納得して。「憎まれっ子世に憚る」かな?フフフ…

活動量計も本と共にお世話下さり、万歩計に似てますが、運動効果の高い中強度の歩き(速歩き)も分かります。目標をセットしておくと、そのラインを超えるとバンザイマークが出ます。「歩数」「速歩き時間」「歩行距離」「消費カロリー」「総消費カロリー」が表示されます。エクセルで毎日記録、歩数と速歩きは1日平均が出るように作って下さいました。6月の結果は平均歩数5611、速歩15分でした。目標は5000歩と10分ですので一応達成というところ。8000歩20分が理想だそうですが、私は控えめに設定しました。5月15日に始めたので、5月は半月分ですが、6700歩と20分、目下少々息切れ?状態でしょうか。でも気長にのんびりと思っています。

もう一つポールウオーキングも始めました。両手でスキーのストックに似た専用のポールを持って歩く日本生まれの新しいウオーキングです。前記目標達成はこれを週2~3回やればと思うのですが、・・・・・・・・

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

お花あれこれ

2017-06-17 21:04:11 | Weblog


お花が好きな方多いですね。お隣の奥様は心からお花を愛して育てておられると何時も感心しています。写真になると大きさが判りませんが、バラは大輪で、勿忘草とヒューケラは直径4センチの空きビンに挿して下さいました。その可憐なこと!ムスカリは昨秋球根で頂いたものです。こういう方がお隣で私も幸せです。大輪の牡丹とダリアは3センチ程の可愛いものでぐい飲みに活けました。都忘れと共に松本の妹の家で咲いたものです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

遅ればせながら

2017-06-17 20:40:54 | Weblog


今年はカメラを新調したのにすっかり怠けて、またもや賞味期限切れの投稿です。折角のお花見バスツアー、もっぱら車窓で楽しみ、車が駐車できる所は桜がなくて。でもベテランのバスガイドさんのお話面白かったです。隅田川沿いの高速道路上からの説明、スカイツリーや町名の由来など勉強になりました。絵画館にも行き、ここも初めてでした。東京に住んでいてもも行ってないところや知らないことが一杯ありますね。上段真ん中は乃木神社、後の桜は近くの公園で、ベニカナメの垣根がお日様に輝いてきれいでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美人の日本語

2017-03-05 16:42:21 | Weblog

この本「美人の日本語」は明るくてお話上手な先輩から貸していただきました。一年365日、一日一語、その日にまつわるお話を、さらりと書いてあります。日本語って何ときれいで優雅なのでしょう。
4月1日から始まります。表題は、四月朔日(わたぬき) 夢の衣に・・・・・・・
「昔はそれまで着ていた綿入れの着物の綿を抜きました。そこから4月1日のことを「わたぬき」というようになったそうです。」知りませんでした。「一年の計を考えるのなら元旦がぴったりでしょう。でも夢をふくらませるのなら四月朔日です。」このほか素敵な言葉で1ページが纏められています。
何しろ365日あるのですから、パッと開いたところで、その日の表題があって、知ってる言葉、知らない言葉があり、またそれぞれに書かれているのが、どれも優雅で美しく心和みます。
先輩が、「自分のお誕生日のところをご覧になったら」と。
私は6月3日  「憧葛(あこがれかずら)  夢見る葉っぱ」 6月の誕生色は五月雨が濡らした葛の葉の緑色だそうです。もうみずみずしい域はとうに過ぎましたが、まだまだ好奇心は旺盛のつもり、夢を追いかけましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加