50歳で始めた英会話 と 海外ひとり旅。

50歳にして英会話教室へ通う。そして「ひとり旅」の楽しさを知る。最近は、野菜づくりにも挑戦。

英国南西部の旅 序章 その4

2017年06月18日 00時37分05秒 | イギリス南西部へ

英国南西部の旅 序章 その4

3、Penzance ( 6月4日 - 5日 )

 結局、Cheltenham では、Cotswolds で歩き回った疲れを取ったという感じになった。大学の近くの
アパートを借りたので、のんびりできた。部屋は、中級のホテルのシングル・ルール位の広さだった。
バス、トイレはホテル並みで、全体的にとても清潔だった。
冷蔵庫には、Milk、バター、水(ペットボトル)、各種ジャム、ヨーグルトなどが入っていて好きなだけ使って良い
ということだった。調理用レンジはIHヒーターが完備。その下には、オーブンもあった。
食器類も4人分くらいが完備。ベッドはソファー・ベッドだったが、特に問題なし。
 スーパー・マーケットから食材を買ってきて2日間、自炊をした。この旅では、一番、まともな食事ができた。

 さて、ここPenzanceは、今回の旅のMain Eventの地だ。事前のリサーチ不足で、心残りなこともあったが
目的は、達したと思う。

当初の計画では、夕方にPenzanceに到着するので、その日は、何処へも行かない予定だったが、できるだけ
Londonへ早く着きたいと思い、6月6日(Londonへ行く日)の午前中に)行くことにしていた
ST Michael's Mountへ、行ってみることにした。島へ渡るボートは5時くらいで終了するので、それには
間に合わない。バスで15分程度の距離だが、もう、帰りのバスは運行していなかった。
が、この日に泊まったB&Bの女性オーナーは、こともなげに「歩いて帰ってくればいいじゃない」と
言い放った。

 結果的には、これは良い、判断だった。詳しいことは、後日。

< Penzance駅のすぐ海側にあった港の駐車場 >




<バスのターミナルが工事中だった。>


 Penzanceでは、ちょっとしたハプニングもあったが、それは後日、改めて。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英国南西部の旅 序章 その3 | トップ | 英国南西部の旅 序章 その5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。