50歳で始めた英会話 と 海外ひとり旅。

50歳にして英会話教室へ通う。そして「ひとり旅」の楽しさを知る。最近は、野菜づくりにも挑戦。

英国南西部の旅 序章

2017年06月12日 02時04分17秒 | イギリス南西部へ

英国南西部の旅 序章 その1


I'm home.

3年ぶりの一人旅は、あまり変わり映えはしない、ENGLANの南西部への旅だった。
羽田空港を発つときから、予想外のことが起きた旅だったが、それ以降も、初めて体験したこと、
感じたことが多々あった旅だった。

9日の昼頃に、成田に着き、東京に2泊して、本日、10時頃に、我家に帰着した。
 わずか10日前のことが、すごく遠いことのように思える。

 旅に出る前の準備が、これまでになくズボラだったことも関係しているかも知れない。
旅先のことについてのリサーチが、全くできていなかった。
予想外のことや、準備不足で、かなり戸惑うことも多かった。
 運が悪かったこともあるが、運が良かったこともある。
予想外のことでがっかりしたり、喜んだり、、、と。
 それが、一人旅の楽しみ(後で振り返ると楽しみになるのだろうが、、、、)でもある。
 
今回の旅で、私の性格、本質的なことについて感じ、考えさせられた。
 予想外、想定外、準備不足のことに出くわすと、かなり「ドギマギしてしまう」ということだ。

今、思っても恥ずかしかったことがある。たいしたことではないが、
朝食のときに、"Would you like a Breakfas?" と聞かれた。

それに対して " I'd like Egges、 bacon and coffee ...." と言ったら、本当に目玉焼き二つとベーコンが
二切れしか出てこなかった。ま、それは、それで、ベーコンは通常のよりも厚いものが出てきたので
コスト的には、別に手抜きではなかった。

要するに、そういう言い方をするときは、ちゃんと、最後まで、 and sausage,toast,beans,,, " というように
全て、言わなくてはならないらしい。
下手に、慣れた素振りを見せるのは、失敗の素だ。

と、いうように、いろいろ失敗談もあった旅でした。

明日は、生活のテンポを取り戻さなくては。

今回の旅の写真で、今の時点で、いいなと思ったものを 掲載します。


< Penzance にある フランスのモン・サン・ミッシェルに相似した島 >

 


<英国の西の果て Lands End >

風が強く、荒涼とした感じは日本の観光ツアーで訪れるときに観るものとは、全く違うだろうな、と思いました。




< 今回の旅の 最大の目標だった場所です >>

期待していた以上のシチュエーションでした。



 眼の前にも、周りにも誰も居なくて、波の音と風の音に入り込んでいました。

足元の石ころだらけのところに カメラをタイマーにセットして置き、撮影してみました。



=============

 これで、今回の旅の目的、思いは達せられた気がします。

明日から、旅の記憶を呼び覚ましてみたいと思います。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅も4日目 | トップ | 英国南西部の旅 序章 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イギリス南西部へ」カテゴリの最新記事