50歳で始めた英会話 と 海外ひとり旅。

50歳にして英会話教室へ通う。そして「ひとり旅」の楽しさを知る。最近は、野菜づくりにも挑戦。

Scotland紀行の版下づくり その2

2017年07月11日 23時59分48秒 | DTP

Scotland紀行の版下づくり その2

Scotland紀行の版下づくり その2 

 今回、まがりなりにも「自主本」の類を作ってみたが、一番、苦労したのは、出だしだった。
いわゆる「まえがき」、「はじめに」、「プロローグ」と呼ばれる部分だ。
これまで、読む側だけだったときの私を考えればわかる。本屋で本を捜すときは、まず「タイトル」だろう。次は
帯、キャッチフレーズ、表紙、。次に本を手に取り開くのは、「あとがき」だ。次に「はじめに」だ。
要するに、著者の苦労話、コンセプト、動機などを見る。

 それが解ったので、今回も「出だし」で苦労している。よく小説家などが、最初の書き出しの言葉をどうするかで何日もかかるとか。それが一番苦労する、最初の言葉が出てくれば、後は流れに身をまかせるように言葉が出てくると。
 おこがましいが、私の場合も、そんな感じだった。この4-5日は、毎晩、これにばかり時間を費やしていた。
 挙句の果てに、初めて飲んだScotch whisky は何だったかとか、何処で、いつ頃に飲んだか? とか。
気になったりした。

 自分でキープして飲んだのはたぶん「CUTTY SARK」だろう。20代後半、28歳の頃のような気がする。
そういうことで、「はじめに」は、”私とウィスキー”みたいな感じで始めることにした。
実際に、私の30代後半から、これまでの人生は、Whiskyなしには、語れない。

 今、思うと恥ずかしくなり、不思議でもあるが、CUTTY SARKのボトルをキープするときに、ボトルの裏側に
CSN&Yと書いていた。CSN&Yと書くなら、ボトルは「Canadian Club」か、「Early Times」だろうと、今だと自分で突っ込みたくなるが.....。

 私が、ちゃんと Whiskyをオーダーできるようになったのは、熊本にある Bar 「Whisky Cat」さんと
今でもあるのか分らないが、「Gun Pit」さんだった。

そういう人達のことも、含めて書いてみたいと思っているが、どうも難航しそうだ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Scotland紀行の版下づくり ... | トップ | 英国南西部への旅日記 No.8 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。