倉野立人のブログです。

日々の活動を みなさんにお伝えしています。

サンデー徒然

2016-10-18 | ブログ

10/16 Sun.  [クラちゃんの起床時刻 4:05 AM] 

 

この日 サンデー も好天に恵まれ、それぞれ ご関係のみなさんと時間を共有しました。

朝5時半から、ムラの 「ごみゼロ運動」 の 年番(ねんばん)勤めをこなした後で、9時からは 所属する

ライオンズクラブが加盟している 「クリーン長野運動推進本部」 が主催する「秋のごみゼロ運動」に参加しました。


市内の権堂町の秋葉神社前には 多くの市民団体が環境美化の崇高な意識をもって参加されていました。

私たち長野中央ライオンズクラブも、みなさんと共に活動展開し、共々に 「クリーン長野」をめざしていこうと思いを新たにしたところです。

 





引き続き 午前11時、やはりライオンズクラブで親交のある 知的障がい者授産施設「アトリエCOCO」 の 「収穫祭」 が開かれ、今期の役員の立場で 会長に帯同出席いたしました。



こちらの施設は、経営(運営)主体の 障がい者支援に対する類稀(たぐいまれ)なる熱意のうえに立って運営が為(な)されており、設立当初は15名の利用者支援で始まりましたが、今や200名の利用者を抱えるに至っているそうです。

会場では、ファームで収穫された農産物の販売などで 早くも活況を呈していました。



所属する 「長野中央ライオンズクラブ」 も 障がい者支援に心を砕いていることから、これからも かかる授産施設のみなさんとも歩調を合わせ、誰もが活躍できる社会づくりに取り組んでいきたいと 改めて思いをいたしたところです。






昼には、私の住む地域が 挙げて開催する 「川中島フェスティバル」 が行なわれ、それは多くの住民が集い 楽しい時間を共有しました。



このフェスティバルは、かつて 長野冬季五輪大会が開催された際、ここ川中島町に選手村が設置されるなどを契機に、市の支援を受けて毎年に亘り開催されているものです。

今や地域にすっかり定着し、会を重ねるごとに多様な任意団体が誕生し、まちに活気を生み出しています。

こちらのグループは 「川中島音頭保存会」 の面々。地域に伝わる 「音頭」 の保存伝承に取り組んでおられます。



本部では、この一大イベントを陰に陽に支えられる スタッフのみなさんが、この日の好天にも負けない笑顔で。




こちらは 「太陽光普及促進チーム」 この日の陽光を最大限に活かし、環境問題の先達的役割りを果たしておられます。



集光パネルでお湯を沸かしたり、ポップコーンを煎(い)ったりと 火を使わない調理を実践してあげたり・・・と、受付けテーブルでは、お子ちゃまが 何やら興味深々の様子。

 


視線の先には、何やら忙しく動くモノが。

 



何はと見れば、ソーラーパネルを背中にしょった 虫のオモチャでした。


お日様が出れば セカセカうごき、陽が陰(かげ)れば止まります。


遊びながらできる 楽しい環境教育でした。




さて イベントも佳境に入り、町内各地を出立した 3隻の 「舟(山車)」 が、メインステージ前に集結してきました。





そのうち 「ささえあい号」 の様子が例年とチト違う。



見れば、先導役の役員さんたちが 今をときめく 「真田丸」 の甲冑姿なのでした (@ @) 

訊けば、ムラの居酒屋のマスターが、ダンボールを駆使して 2ケ月がかりで作成したとのことです。

その見事な出来栄えに、ギャラリーは感心するばかりです。

ちなみに舟の中から拝 「真田丸」 のテーマ曲が流されていました (^^)



こちらは 「みとめあい号」 七夕さまがモチーフのようです。



こちらは 「ふれあい号」 糧(ごく)撒きの準備に余念がありません。



長野冬季五輪大会から年月を重ねるも、まちの活性化の胎動は 途切れることなく脈々と受け継がれていました。



あいにく暇(いとま)がなく カオ出しが叶いませんでしたが、エリア内では ダンスコンテストや 商工会青年部による屋台の出店などが やはり活況を呈していたそうです。


地域一番の大イベントは、地域を思う住民みなさんの心を照らし、賑やかのうちに開催されていったのでした、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サタデー徒然 | トップ | 時代に則した抜本的な支援を ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL