倉野立人のブログです。

日々の活動を みなさんにお伝えしています。

サタデー徒然

2016-10-16 | ブログ

10/15 Sat, [クラちゃんの起床時刻 5:05 AM] 

 

この日、さまざまに行事などアリ、それぞれ参加しました。


◇「長野ろう学校 学校祭」 を参観

所属する 「長野中央ライオンズクラブ」 が交流を持つ 「長野ろう学校」 の学校祭に招待され、今期のクラブ幹事の立場で 会長に随行し参観させていただきました。

私たちが伺ったときには 「オープニングイベント」 として、おそらく低学年の子らが可愛らしいダンスを披露しており、温かい拍手が送(贈)られていました。



長野ろう学校と長野中央ライオンズクラブとは、ボウリングなどを通じて交流を深めています。

私たちのクラブは 障がい者支援を旨として活動を重ねており、障害を抱えながらも元気で過ごす少年少女を何らかの形で応援しようとしているものです。


そもそも 「障がい」 とは 「障害」 ではなく 「究極の個性」 と言えると思います。

聾唖(ろうあ)は耳が不自由なのですが、それは耳が不自由なだけであって、それ以外はみんなと同じです。



逆に 私たちの方こそ、手話を覚えるなどしてコミュニケーションの手段を会得することに努めることが求められているとも申せます。


傍らにいた先生に伺うと 「この子らは、抜群の集中力を持っています。細かい作業など 私たちが及びもしない能力を発揮してくれます。」 とのことでした。


この子らの 「個性」 を認知しつつ、これからも元気で過ごしてくれるよう 私たちの立場でも支援していきたいと 改めて思いをいたしました。




◇「保育フェスティバル」 が盛況のうちに開催される

市内の生涯学習センター 「トイーゴ」 で、長野市の私立保育園からなる 「長野市私立保育協会」 が主催する 「保育フェスティバル」 が開催され、大勢の親子連れで賑わいました。私は協会の顧問議員の立場で見学させていただきました。


長野市においては、保育園に通う子どもの6割近くを 社会福祉法人が運営する 「私立保育園」 が担う、全国でも稀有な市と申せます (写真は、ペーパー皿を活用した 「金魚すくい」)


それだけに、それぞれの私立保育園は 大きな責任感を持って園運営に取り組んでおり、その不断の努力が大きな評価につながっており、この日も その高い評価を裏づけるような盛況ぶりでした。

会場では各園の保育士さんらが、園の垣根を超えて子どもたちをもてなしておられ、協会ならではの横の連携を成していました。



牛乳パックを輪のように切り、自由に柄(がら)を描いています。「これ、な〜に?」 と聞くと・・・


正解は 「コマ」 でした。クルクルと良く回っていましたヨ。



こちらでは、紙コップを背中合わせにして 何やら楽しそうに作っています。

 


その傍で 「作品」 では遊ぶ子が。「ケン玉」 だそうです。



こちらでは 「お面(おめん)」 づくりを楽しんでいました。


可愛らしい アニマルちゃんたちなのでした。



ステージ上では、保育士さんの先導で 「おゆうぎ会」 が始まりました。


中には 「イクメンパパ」 も居(お)られ、心強い限りでした ((^^))



こちらでは、幼子を 「モデル」 にした 「寝相アート」 が。なんでも オリンピックの 「重量上げ」 をモチーフにしているとか。イイ思い出になりそうですね。



こちらでは、私が最も感心させられた 「アトラクション」 が披露されていました。


いわゆる 「射的(しゃてき)」 なのですが、その 「鉄砲」 が、ペットボトルを半分に切って お尻の部分に風船やコンビニ袋を取り付け、空気の勢いで的を倒すというもので 「究極の安全な空気銃」 だったのでした。

あくまで子どもを楽しませながら 安全に最大限配慮した、親心(おやごころ)にあふれた手づくり遊具なのでした。



会場には、各園の 「紹介カード」 が掲示されていました。


真剣な表情で閲覧する方もおられ、大切な情報発信の場となっていました。



健全な長野市の保育を守る 「私立保育園」 には、今後の運営に大きな期待が寄せられています。

私の立場でも、かかる 「理想の形」 が これからも発展的に継続されるよう 心も砕いてまいりたいと改めて思いをいたしたところです。





◇「信州粉食の会」 気の置けない仲間が あい集う

夜は、気の置けない仲間が久々に顔を揃え、親しく時間を共有しました。メンバーの T チーフの手づくり料理に舌鼓を打ちながら、来る11月に行なう 「ラーメンボランティア」 を打ち合わせました。



私たちは毎年、知的障がい者を支援するNPOの 「お誕生会」 に合わせて おいしいラーメンを供する活動を継続しており、彼らからも 「楽しみにしているヨ!」 の声が寄せられています (実際に かなり美味しいのです^^)

そんな 「期待」 にお応えするべく、楽しみながら精一杯務めていこう!と意気を合わせたところです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「第25回全国消防操法大会... | トップ | サンデー徒然 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL