風の遊子(ゆうし)の楽がきノート

旅人を意味する遊子(ゆうし)のように、気ままに歩き、自己満足の域を出ない水彩画を描いたり、ちょっといい話を綴れたら・・・

楽描き水彩画「世界に誇れる土蔵の窓」

2017-07-31 06:24:14 | アート・文化

 

歴史のある街並みの代表ともいえる土蔵。最近ではレストランや土産物店などになっているのもありますが、防火、防水、防湿、防弾、防盗など優れた機能や素材、構造などを知ると、世界に誇れる建造物だと思います。
名古屋の城下町・四間道や絞の里で知られる旧東海道・有松宿でも、白壁・黒壁・なまこ壁・格子戸などとともに土蔵に目を引かれます。

描いたのは有松宿で見かけた土蔵の窓。土蔵によっては3~4カ所に窓がありますが、ここではそのひとつの窓だけを描きました。
左右の分厚い扉の内側の周りを見ると、階段状になっています。窓枠側も同様です。だから閉じると2つが合わさって完全に密閉され、蔵の中が温度・湿度が保たれるのです。

もっとも、素材の土や漆喰が過湿や乾燥によって微妙に変化することを知っておかないと、ぴったりとは閉まりません。左官職人の技のすごさですね。



『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«   楽書き雑記「ハート形のブ... | トップ | 楽書き雑記「はじける水、深... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート・文化」カテゴリの最新記事