風の遊子(ゆうし)の楽がきノート

旅人を意味する遊子(ゆうし)のように、気ままに歩き、自己満足の域を出ない水彩画を描いたり、ちょっといい話を綴れたら・・・

楽描き水彩画「スケッチ会で名古屋城下町へ①『名古屋のパッサージュ』を夢見る円頓寺(えんどうじ)商店街」

2017-02-24 07:32:12 | 日記・エッセイ・コラム

 

 水彩画教室のスケッチ会で、名古屋都心の城下町の一角にある円頓寺(えんどうじ)商店街と四間道(しけみち)を歩いてきました。
ともに商人たちの歴史を留める町並み。以前にも教室でスケッチに来て、その後も個人的に訪れていますが、新しい街づくりに取り組む地元の意気込みを感じています。2回に分けて掲載、1回目は円頓寺商店街です。

円頓寺の商店街は長さ220㍍、幅8㍍のアーケード街。古くから大須、大曾根と並ぶ名古屋の3大商店街のひとつとして繁栄。名古屋城も焼け落ちた名古屋大空襲の被害も比較的少なく、戦後も市民の買い物と憩いの街でした。
しかし、時代の波に押されて激変。大須がさまざまな町おこし策で若者の支持を集め「全国区」に躍り出たのに対し、円頓寺は「シャッター街」に。
かつて走っていた路面電車が廃止され、現在は名古屋駅から900㍍ほど、地下鉄の国際センター駅から500㍍ほどという微妙なアクセスも響いたでしょう。大須商店街が地下鉄駅から地上に出るとすぐ大須観音の境内、という利便さとは随分違いますから。

こんな状況の打破に立ち上がったのが、若い商店主たちでした。
昭和の面影が残る民家や商店を改修。アーケード街は毎日午前11時から午後10時まで歩行者天国に。 ちょっとおしゃれな喫茶店や雑貨店が目につきます。ひょいと横丁に入れば、昭和の色濃い飲み屋小路「円頓寺銀座街」も。

大学生たちも加わり、空き家などを使った映画祭の開催。アクション歌舞伎を楽しみながら商店街で買ったメニューを飲食できる歌舞伎カフェ「NAGOYAZA」は、若者の人気スポットに。そのホームページは、英語版も設けて外国人観光客にも力をいれています。


アーケード出入り口の大通りの交差点では、学生たちの作品である信長、秀吉、家康の3英傑、そしてなぜか水戸黄門のモニュメントも目にしました。

60年以上の伝統がある円頓寺七夕まつりも、商店街が趣向を凝らして楽しさをアップしました。老朽化していたアーケードも50年ぶりに明るくリニューアル。パリの老舗アーケード街「パッサージュ・デ・パノラマ」と姉妹提携し、パリ祭を催したりしています。

それでもまだ、シャッターを下ろしたままの店が少なくありません。パリのパッサージュのいくつかを訪れたことがありますが、賑わいひとつをみても比較になりません。でも、商店街の歴史や心意気は引けをとらないはずです。若い商店主らの知恵と熱意と行動力が続く限り「名古屋のパッサージュ」も夢ではないでしょう。
今回訪れたのは、シーズンオフの平日。今度は賑わう日に訪ねたいと思います。

人気上昇中の歌舞伎カフェ「NAGOYAZA]

なぜか水戸黄門の像も

 

昭和の色濃い「銀座街」も

 

アーケード街は歩行者天国

パリ市内のパッサージュ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽書き雑記「名古屋芸術大学... | トップ | 楽描き水彩画「教室スケッチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事