風の遊子(ゆうし)の楽がきノート

旅人を意味する遊子(ゆうし)のように、気ままに歩き、自己満足の域を出ない水彩画を描いたり、ちょっといい話を綴れたら・・・

楽書き雑記「待ち遠しい芳香=キンモクセイの開花は、まだ?」

2016-10-11 06:00:00 | 日記・エッセイ・コラム



庭の草木にも秋を感じるようになりましたが、ちょっと気になっている木があります。キンモクセイです。
例年ならキンモクセイは、名古屋でも9月下旬から10月上旬までに多くが開花。我が家の庭のキンモクセイも辺りいっぱいに芳香を放つのに、今年は10月中旬に入った今もその気配がないのです。散歩道を「芳香通り」にしくれるご近所のキンモクセイもまだのようです。

木を見ると、枝や葉の付け根あたりに花芽らしい粒状の芽が見えます。でも、大きさは長さ1~2㍉。上に掲載した写真の枝はやや膨らみがありますが、全体としては下の写真のようにまだ乏しいようです。
ただ、いつものことですが、ある朝、突然のように咲く印象がある花ですから、花芽も急に大きくなるのでは、と思っています。

キンモクセイの開花はサクラなどとは逆に北から南下してきますが、日照時間と気温に左右されやすく、猛暑の年は遅くなり、花付きも良くないとか。ネットによると関東ではすでに咲き終わった所が少なくないようなので、まもなく東海地方でも開花、ということでしょうか。

それにしても、近年の気象と植物の関係には驚くばかりですね。今年と去年のウメの名所の開花も、気象庁の記録では前年比や平年比が1カ月以上、中には50日も早かったり、遅かったりしたところがあったようですから。
ちなみにネットには来年のウメの開花予想もすでに出ており、平年並みかやや遅れそうとか。

この夏の猛暑や昨今の不安定な天候を考えると、キンモクセイの開花が少しぐらい遅い感じだからといって気にするのはおかしいですね。

    

           




ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽描き水彩画「銀閣寺の散策道」 | トップ | 楽書き雑記「映画『男はつら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事