風の遊子(ゆうし)の楽がきノート

旅人を意味する遊子(ゆうし)のように、気ままに歩き、自己満足の域を出ない水彩画を描いたり、ちょっといい話を綴れたら・・・

楽書き雑記「主役は名古屋コーチン=名古屋市農業センターで収穫祭」

2016-11-05 14:06:43 | 催し



      

名古屋市農業センター恒例の収穫祭「農業センターまつり」が5、6両日の日程で開幕。雲ひとつない秋晴れの初日に出かけると、朝から食・遊・楽の催しに大勢の家族連れらが訪れ、週末を楽しんでいました。

会場には団子やうどんなどの飲食をはじめ、市内の各JAからの野菜や果実のテントがずらり。姉妹都市・陸前高田市からの米や海産物の店も並び、大道芸や竹細工コーナーなども子どもたちの人気を集めていました。

家畜舎で賑わっていたのは名古屋コーチンなどがいる鶏舎。来年が酉年、つまり鶏であること、それに3月10日が「名古屋コーチンの日」に制定されたとあって、年賀状のカットにでもいうわけか、熱心にカメラを向ける姿がありました。

 
 名古屋コーチン
         

                      






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽描き水彩画「近江八幡の八... | トップ | 楽書き雑記「岡崎市美術博物... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む