風の遊子(ゆうし)の楽がきノート

旅人を意味する遊子(ゆうし)のように、気ままに歩き、自己満足の域を出ない水彩画を描いたり、ちょっといい話を綴れたら・・・

楽書き雑記「好天に恵まれて第62回名古屋まつりが開幕」

2016-10-15 18:38:19 | 催し

信長・秀吉・家康の三英傑がパレードする今年の「名古屋まつり」は15、16日。初日に出かけると、好天に恵まれたとあってパレードのコースには大勢の市民が陣取り、歴史絵巻に見入りました。

初日のコースは、名古屋駅前から矢場町まで。
フラワーカーや「ナナちゃん隊」、少年鼓笛隊などに続いて、市民からの公募で選ばれた信長・秀吉・家康が、それぞれの武将やデパート代表の濃姫、ねね、千姫らとともにパレード。三英傑は馬や車の上から沿道の観客に手を振って応えていました。

栄周辺の各広場にはキッチンカーや屋台、ブースができ、県内外のグルメや観光案内所が設けられ、終日にぎわっていました。
16日の三英傑行列は「市役所から矢場町まで」。天気予報では「晴後曇」とまずまずです。

(信長)



(秀吉)



(家康)







『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽書き雑記「映画『男はつら... | トップ | 楽描き水彩画「舟から見た雨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む