風の遊子(ゆうし)の楽がきノート

旅人を意味する遊子(ゆうし)のように、気ままに歩き、自己満足の域を出ない水彩画を描いたり、ちょっといい話を綴れたら・・・

楽書き雑記「庭の白いシャクヤクが咲きました」

2017-05-15 11:47:56 | 日記・エッセイ・コラム

早速、花瓶へ

わが家の庭でもシャクヤクが咲きました。植えてあるのはこの色だけ。白い花弁が幾重にも重なり、奥の方の2~3枚の花弁だけにうっすらピンクがかって、周りに赤い糸のような線がちょっぴり入っています。

何年も前に園芸店で買い求めた、お気に入り花上位のひとつ。ひところは両手からもこぼれるほどの大きな花を咲かせ、垂れ下がる重さに支柱を立ててやるほどでした。

しかし、次第に周りの草木に身の置き場を奪われ、蕾は減り、花も小さくなって、昨年は開かないままの蕾がいくつも出る始末。

とうとう掘り起こして太目の根だけにし、周りから伸びていた他の木の根を取り除くなどしていたのです。 

開いた花はひところの半分ほどの大きさですが、花弁の閉まり具合などは戻ってきたようです。園芸は手抜きや放置をできないこと。またまた知りました。

 

 


ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽書き雑記「名古屋・東山植... | トップ | 楽書き雑記「名古屋市民ギャ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む