風の遊子(ゆうし)の楽がきノート

旅人を意味する遊子(ゆうし)のように、気ままに歩き、自己満足の域を出ない水彩画を描いたり、ちょっといい話を綴れたら・・・

楽書き雑記「名古屋東山動物園の営業再開 早くて来年1月初旬に」

2016-12-13 15:58:50 | 日記・エッセイ・コラム


朝日新聞から

新聞やテレビでご承知とは思いますが、鳥インフルエンザのため休園している名古屋東山動園の全域と植物園の一部の再開は、早くて来年1月初旬の見通しとなりました。

先日のブログで「再開は12月20日くらいに」という園の発表を掲載しましたが、その後、コクチョウの高病原性鳥インフルエンザの感染が確定検査で確認されました。新聞などによれば、園では国の伝染病予防の指針に基づいて、防疫措置の完了後21日間は休園せねばならず「営業再開は早くて来年1月初旬になる」と説明しているそうです。

ブログに「東山動物園の仲間たち」のタイトルで、動物たちの未熟な絵を掲載してきた僕も残念です。1日も早い終息、再開を待ちたいと思います。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落書き雑記「後期高齢者にな... | トップ | 楽書き雑記「冷え込みの中で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む