弓道修行日記

このブログに、弓道修行する中で、学んだこと、考えたこと、試行したこと等を書き残し弓道修行の友とする。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海老蔵の謝罪会見に“作法のプロ”がダメ出しープロの言うことが正しいとは限らない

2010-12-17 | 意見発表
海老蔵の7日の記者会見は国際パフォーマンス的には異論があるでしょうがーいままでの小沢の記者会見と比べたら雲泥の差がある。

海老蔵の謝罪会見に“作法のプロ”がダメ出し
2010年12月17日(金)06:00 (スポーツニッポン)
海老蔵の7日の記者会見はサラリーマンには“御法度”だらけ――。 
こんな結果を出したのは、新著「小泉進次郎の話す力」(幻冬舎)を発売した国際パフォーマンス研究所代表の佐藤綾子さん。「自分の存在を低くするのが謝罪の基本。海老蔵さんの会見は動作がいちいち美しく、気持ちが伝わってこなかった」と指摘した。

 海老蔵が会見中、コップを両手で持って水を飲んだことについて、佐藤さんは「本当に謝りたい時はこんな余裕はない。サラリーマンが得意先に謝罪する場合、お茶を出されても飲んではいけない」と説明。第一声で「市川海老蔵でございます」と自己紹介したことは「事前にさんざん松竹の社長が本人に代わって謝っているから不要。名乗り方も立派すぎて、相手によっては“宣伝か”と誤解される」とした。

 約46秒間もの間、頭を下げたことも話題になったが「背中が真っすぐ伸びていて不自然。謝罪したいという感情が強いと背中が曲がってしまう。格好悪いがその方が相手に伝わる」と強調。好感が持てたのは「同世代に比べて敬語がしっかりしていたこと」で、これはサラリーマンにとっても大切なことだ。」

と(スポーツニッポン)は書いているが、何ごとも文句をつければきりがない。誰だって100%の会見はない。海老蔵さんは自分に都合がよいように言っているでしょう。それで良いのです。

佐藤綾子の国際パフォーマンスってどんなのか分からないが、日本は国際的にへりくだりすぎて国益を損なっている。仙谷発案の韓国への謝罪会見はどうなのか。あのようなことはすべきではない。謝れば良いというものではない。小沢の会見に文句はないのか、小沢が記者会見で言う言い分自体おかしいと思いますが、佐藤綾子は国際パフォーマンス的にどうなのです。

海老蔵さんに問題ないとは言わないが相手は暴力団、非社会的人間である。それだけでどんなことを言ってきてもその正当性を認めない。国民の邪魔をして生きている人たちです。職業は何ですか、暴力団ですか。

 海老蔵さんは酒乱になって手を出したかもしてないがそれはじゃれ合うようなもので暴力団の暴力とは違う。

何が作法のプロか、「海老蔵さんの会見は動作がいちいち美しく」と言うことは文句のための文句としか言いようがない。動作を汚くする必要はない。普段に身につけた方法です。

水を飲んだのがいけないって、水は何のために有るんです。
緊張し、失敗しないようにしゃべるためには口の中はからからになるものです。記者の如何なる質問にも対応しなければならない状態の中、口がまめらなかったらどうするのか、緊張の中にあるのです。あれだけ時間をかけて途中で打ち切ることなくすべてに答えた会見は今までになかった快挙です。

これにはお父さんのアドバイスがあったと言うことです。
これの前ではお父さんの団十郎さんもしゃべりすぎるくらいしゃべりました。このお父さんのために許してやろうかという気になったほどです。
これまでに海老蔵さんの会見以上の会見があったら教えて欲しい。

本来ならば警察の調査中でしゃべれないのです。弁護士が止めるはずです。ですから以後弁護士が止めているので、しゃべらないでしょう。それが普通なのです。

「「市川海老蔵でございます」と自己紹介したこと」がいけないと言う。じゃー佐藤さん貴方はやらないんですね。それこそおかしいです。関係者の人がいろいろ言っても、この人が海老蔵と言ったわけではないし、私も当事者だったら言いますねー。
みんな知っているがけじめとして言うべきです。言わなかったら言わなかったって言うのでしょう。評論家ってそう言う物です。

「名乗り方も立派すぎて、相手によっては“宣伝か”と誤解される」海老蔵さんこんな馬鹿なことを言う人の言うこと気にしなくて良いです。

「約46秒間もの間、頭を下げたことも話題になったが「背中が真っすぐ伸びていて不自然。謝罪したいという感情が強いと背中が曲がってしまう」
礼が長すぎたって,では謝罪では何秒がいいのです。背中が真っ直ぐなので背を曲げろって、それ小笠原流なのか、アメリカではそのように指導しているのか、こう見てくると佐藤綾子って一方的な味方で日本批判をしてそれが先進的と言って飯を食っているエセ学者ではないか。こういう人の言うことを聞かなければならないほうはない。

スポーツニッポンは問題を大きくするようなこと、けちをつけるばっかりの事はやめるべきです。

海老蔵さんは良くやったよ。これから大きく伸びるよ。人間国宝になるよう応援しましょう。

いままで問題がないとは言えないでしょうが、死ぬような恐怖を味わったのです。
一時の誤りは許すべきです。大いに反省したのです。肉体的な痛手だけでなく、経済的、社会的にも十分すぎる罰を受けました。

暴力団は歌舞伎役者と知った上での顔面攻撃、腹に足蹴、多人数で追いかけて加えた暴力、土下座した謝罪にも関わらず加えられた暴力、その暴力団の方をマスコミは調べて明らかにすべきではないか。恐くて出来ないのでしょう。だから弱いものいじりで新聞を売ろうとしているのでしょう。スポニチはけちな考えです。
スポニチは難でも言えば国民がその通りに思うと思ったら大間違いである。

小沢問題についても、小沢が選挙資金をばらまいていることを独自調査で先に把握すべきではないか。

海老蔵氏の問題はきっかけは海老蔵であっても暴力を受けたのは海老蔵です。私は一番最初のブロ下で自分の身を守る事はしなければと書きました。加えられる暴力のままにすべきだったのですか、抵抗はあってもそれは正当防衛です。暴力団リーダーも診断書を取ったって、ここが痛いあそこがいたいと言ったことを書いただけではないか、診断書の有効性を争うことになりますよ。暴力団の方を追求すべきではないか。
暴力団の如何なる言い分も聞く必要はない。言っていることに信用せよというのがおかしい。
信用を得るために日頃の行いが大切なのです。

海老蔵に対する加害者は3人はいる。スポニチはそれを探し出し加えた暴力性を追求すべきである。

佐藤綾子の礼の仕方をテレビで出してほしい。何秒の礼が良いのですか。

スポニチは「国際パフォーマンス研究所代表の佐藤綾子」という権威者らしき人物で海老蔵さんを非難する説得を図っているが、これを権威法と言う説得術である。が、その権威者は国民的に正しいのかと言うことになります。この人が正しいのか、その正しさを誰が決めるのか、アメリカで学んだからアメリカ人の評価か、食事もアメリカ食を日本に取り入れた人もいるが、日本は日本のやり方がある、日本流でやるべではないか、謝罪をなぜ国際流にしなければならないのか、歌舞伎って純日本的なものです。

「動作がいちいち美しく、気持ちが伝わってこなかった」って動作を悪くしなければならないのか、それは無理というものです。
和食の食事を洋食研究家が批判するようなものです。スポニチはここは日本と言うことを忘れている。

スポニチの記事に全部反対する

佐藤綾子も調べた。この人はこの人でパフォーマンスが大切と日本人を洗脳して生きているのです。それはそれで良いのですが、何故、この人に日本人の謝罪法を学ばなければならないのです。
スポニチの人選、主義に我々日本人を従わせようとするスポニチは不遜だ。
なぜ、日本人がこの佐藤綾子に合わせなくればいけないのか。

もう一度言う、日本人が日本人的であることが、パフォーマンスではないか、海老蔵さんの記者会見が国際的なパフォーマンス性がないのですか、謝罪会見でパフォーマンスを強調するのも問題です。


佐藤綾子氏の講演の要点
佐藤氏は「日常生活における自己表現」という意味での社会学的言葉として
「パフォーマンス」の語を1980年に日本に始めて導入した人です。

いわばこの分野でのパイオニアであり、第一人者。
その上、今年は心理学博士号も取得したそうです。

パフォーマンスについて佐藤氏は
「日常生活における個の善性を表現すること」と定義づけ
「希望と理想のイメージであり、これを知っているものが
この時代に生き残れる」と説きます。

ビジネス社会などにおける上司と部下の関係などを例に挙げて
パフォーマンスにはりレーション(お互いの係わり合い)や
ラポール(信頼と協調関係) が最も必要だという。

言葉よりも非言語としてのパフォーマンスの方がかえって
正直に自己表現することがあり
「そのためにはパフォーマーの人間性の教育が非常に重要になる」
と見ます。

「よいパフォーマンスが出来ればよい人間関係が出来る」
との信念でこれまでこの問題に取り組んできたとの自負が、
話の随所に読めます。

そして相手に自分をプレゼントする、
つまりセルフ・プレゼンテーションの大事さを強調しています。

佐藤 綾子(さとう・あやこ) プロフィール
1969年信州大学教育学部卒
79年上智大学大学院修士課程卒
80年ニューヨーク大学大学院パフォーマンス研究学科修士課程卒(MA取得)
83年上智大学大学院博士課程満期修了。
92年国際パフォーマンス学会を設立し専務理事、翌年に理事長就任。
93年実践女子大学教授。
さらに97年には自ら中心となり社団法人パフォーマンス教育協会を設立し理事長に。
一貫してわが国のパフォーマンス学の構築と自己表現教育での実践に取り組む。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 普天間基地の国外移転要求の... | トップ | 武器輸出3原則緩和すべきー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

意見発表」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事