興趣つきぬ日々

僅椒亭余白 (きんしょうてい よはく) の美酒・美味探訪 & 世相観察

ひやおろし、ひと夏の恋

2016-10-29 | 美酒・美味探訪

「米鶴よねつる)純米原酒ひやおろし」です。

「ひやおろし」とは、日本酒の蔵元で春先に火入れ(加熱殺菌)した酒を、ひんやりとした蔵でひと夏置き、熟成させ、涼しくなった秋に出荷する酒なのだそうです。
まさに今味わうべき、秋の酒です。

ぬる燗でいただきました。(上の写真)

米鶴のひやおろしは、くせのない、それでいてコクのある美味しい酒でした。
原酒でアルコール度数が高く(17度)、酔いのまわるのが早い酒でもありました。


 

 

   

実は前日、この酒を冷蔵庫に冷やして置いて、冷酒としてそのまま飲んだのですが、今日の燗をつけたほうがわたしとしては旨かった。
ひやおろしの「ひと夏の恋」、ではなかった、ひと夏の熟成を味わうには、少し温めたほうが良いようです。

冷たいままの米鶴ひやおろしは、何の雑味もなく、すっきりと、この上もなく純粋そのものの酒でした。
アルコール度数が高いのに、それを感じさせない。気がついたら気持ちよく酔っていた、そんな酒です。
きっと、冷酒のままを好む人も多いことでしょう。

燗をしても、冷たいまま飲んでも、酔い覚めは爽やか。良質な酒の証です。

米鶴は山形県の高畠町の酒です。高畠町はわたしの両親の故郷。わたしにも特別な思い入れがあります。
酒屋で見つけ、迷いなく買いました。

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
« ‘おためし収穫’ | トップ | 田端、秋夕景 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美酒・美味探訪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。