興趣つきぬ日々

僅椒亭余白 (きんしょうてい よはく) の美酒・美味探訪 & 世相観察

雨上がりの銀座

2016-11-19 | 散歩、時々旅

銀座に行ってきました。
ある方の個展を覘くためです。

ミキモトでは、もうクリスマスツリーが飾ってありました。
早いですね。

朝まで降っていた雨も、ようやく上がってきました。

 

 

    

こちらは、サルヴァトーレ フェラガモ銀座本店。
こげ茶の色合いはシックですが、白い縦の線が派手さを演出しています。

目立つので写真を撮って、あとでネットで調べると、最近リニューアルオープンしたサルヴァトーレ フェラガモ銀座本店のようでした。

おそらく、銀座でないと似合わないビルかもしれません。

 

 

    

個展のあった「ギャラリー惣(そう)」。銀座七丁目の一般のビジネスビルの3階にありました。

静かで小ぢんまりとしたいい画廊でした。

 

 


   

お昼は銀座七丁目の蕎麦の「よし田」でコロッケそばを、と思ったのですが、目当ての場所の辺りをいくら探しても見つからず、しかたなく一丁目の「岩戸」まで歩き、まぐろ重。970円。




   

岩戸には何年かぶりで来ました。むかし何回か来たことがあります。昼だけでなく、夜も・・・。

擂り胡麻をまぶした漬けマグロのまぐろ重は、むかしと変わらぬ味でした。とても美味しかったです。
味噌汁はしじみ汁。その辺の店の味とは一味違います。旨味があります。良かったら御代わりを、というので、御代わりをしました。
   

 

 


   

銀座四丁目、天賞堂の角の愛のキューピッドです。

このキューピッドとわたしは、実は仲良しなのです。いつも少し会話をして帰ってきます。

わたし 「やあ、しばらく。元気だったかい」
キューピッド「なんだ、おじさんか」
わたし 「なんだ、はないだろ。せっかく寄ったのに」
キューピッド「それは失礼。おじさんこそ元気だった? で、今日は何で銀座に来たの」
わたし 「いやあ、フェラガモで、財布でも買おうと思ってね」
キューピッド「フェラガモ? ほんとう? おじさん、フェラガモって顔してないよ」
わたし 「失礼な。顔で買うわけじゃないだろ。でも、バレたな。実は知り合いの個展があってね」
キューピッド「あ、そうなの」
わたし 「ところで、蕎麦の『よし田』って無くなったの? いくら探しても無くてさ」
キューピッド「よし田はね、移転したんだよ。七丁目から六丁目に」
わたし 「そうか、それじゃあ、ここで聞いてから行けばよかったな」
キューピッド「そうだよ。銀座のことは何でもぼくに聞いてね」
わたし 「うん、分かった。これからはそうするよ」

わたしとキューピッドは、再会を約束して別れたのでした。

http://blog.goo.ne.jp/kyusan2/e/b92f9245ef8352b59132c97b3faa9279

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 会津 2016秋、味わいの旅 | トップ | November Snow »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

散歩、時々旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。