誰知らずのブリルランテ★

自殺できないから生きてるだけの孤独で貧乏な32歳のブログ

幸せな悪夢

2016-10-14 | 死にたし
こないだ眠っている時に見た夢

誰かと一緒に学校の階段を下りている
制服を着ているけどお互い大人のよう
すんごい楽しい気分だ
なのに俺は隣の誰かに対していきなり
「俺も君みたいに楽しい青春時代を過ごしてみたかったよ…」
とか捨て台詞みたいなの吐いて全力ダッシュ
「(どうせこれ夢だし、もうすぐ覚めるわ)」
そう思った瞬間には起きた

はっきり夢を覚えていたせいで朝から最悪な気分
そして涙目だった。もちろんまだ眠くてあくびしたからとかそんな理由ではない…
恥ずかしいけど夢の中の俺はさ、隣に誰かいることが嬉しかったんだよな(*-ω-)
一人ぼっちの学校生活はつまらないからね…
とにかくまあそんな夢を見てすごく落ち込んだorz

学校に通えていた時、休み時間に寝たふりしていた俺は
大人になり働くようになった今も休憩時間は寝たふりしているよ!


この人生も夢だったらいいのに
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 過労自殺 | トップ | 君の名は。@見に行けない »

コメントを投稿