九州共同映画社の映画情報

九州共同映画社の映画情報をお知らせします。
エリアは福岡県、佐賀県、長崎県です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戦没画学生慰霊美術館「無言館」

2011-01-25 14:56:11 | 無言館
乾かぬ絵筆

  六十年経った今も
  ちっとも乾いていない あなたの絵筆は
  あなたが今も そこに生きていることを
  私たちに教えてくれる

  乾かぬ絵具よ
  少しも色褪せぬ
  あなたの生命よ

  窪島誠一郎
                   
  

無言館の長編ドキュメンタリー映画ができました。
無言館をご存知ですか?

長野県上田市。

山々に囲まれた田園地帯の丘の上にひっそりとたたずんでいる小さな美術館「無言館」。

第二次世界大戦の最中、多くの画学生たちが絵描きになりたいと願いながら、心ならずも絵筆を銃にかえ、戦地で命を奪われました。

「無言館」館主・窪島誠一郎さんは、画学生たちの遺した作品、遺品を全国各地に訪ね、収集しました。

画学生たちが遺した「愛する人や故郷」の絵が語ります。それは静かに、時に激しく。生命あるすべてのものを大切にして生きていくことへの願い・・・。

描きかけたままの絵から画学生たちの「無言」の声が聞こえてきます。
「無言館」はそういう美術館なのです。

窪島さんは語ります。
「こういう時代だからこそ、彼らが生きていた証を守ることで、いのちの大切さを、戦争を知らない世代に伝えていかなければならない」と。


3月18日(金)、都久志会館(福岡市中央区天神4丁目)に於きまして
完成記念上映会を行います。
詳細は追ってお知らせします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おしゃれ おしゃべり サッ... | トップ | こんなサッカーもあるのです »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もうひとつの無言館 (『青色の画布』上映係)
2011-09-22 21:25:45
横浜国立大学附属鎌倉小学校と戦没画学生慰霊美術館無言館との連携により、小学校6年生の頃から4年越しで無言館や窪島館主と交流してきた子どもたちのドキュメンタリー映画の上映会を行います。

映画『青色の画布-十五歳 もうひとつの無言館-(50min)』
出演:横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校卒業生有志(映画「無言館」に出演)
   窪島誠一郎(無言館館主)
監督:森内康博 
企画:高松智行(附属鎌倉小学校教諭)  
制作:株式会社らくだスタジオ
協力:戦没画学生慰霊美術館無言館、
   横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校

<上映会1>『Museum Trip(22min)』と併映
■日時:10月30日(日) 19:00~ 
■会場:関内ホール(※横浜/JR関内駅徒歩5分)
■当日券:1000円 ※メールにて事前にお申し込みの方は前売り料金の800円でご覧になれます。
○氏名○所属○人数 を明記の上、info@rakudastudio.com までお申し込み下さい。

<上映会2>『Museum Trip(22min)』と併映
■日時:12月3日(土) 19:00~ 
■会場:上田映劇(※長野県上田市/JR上田駅から徒歩)
■当日券:1200円 ※メールにて事前にお申し込みの方は前売り料金の1000円でご覧になれます。
○氏名○所属○人数 を明記の上、info@rakudastudio.com までお申し込み下さい。

<上映会3>
■日時:1月21日(土) ①16:00~ ②19:00~ 
■会場:キッドアイラックホール(※東京/京王線明大前徒歩3分)
■当日券のみ:500円 ※窪島誠一郎氏のトークあり
■お問い合わせ:050-3585-7161(『青色の画布』上映会係)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL