九州共同映画社の映画情報

九州共同映画社の映画情報をお知らせします。
エリアは福岡県、佐賀県、長崎県です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画「渡されたバトン さよなら原発」上映会

2013-04-26 17:01:21 | Weblog
~未来への決断!私たちの選択~
映画「渡されたバトン さよなら原発」上映会


時 : 2013年5 月6日 (月・祝) ①10:30 ②13:30
所 : 福岡市民会館 大ホール
主催:さよなら原発!福岡5.6上映実行委員会
監督:池田 博穂
脚本:ジェームズ三木
当日券:1500円 中高生:800円

どうぞお越し下さい!!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2012-01-06 16:57:33 | Weblog
謹賀新年

心に残る映画
弊社らしい、小粒でもぴりりと辛い、味わいのある映画を
今年もお届けできたらと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もお世話になりました

2011-12-28 17:20:23 | Weblog
2011年は本当に大変な年でした。
被災地でお過ごしの皆様は、元の生活に戻ることなく年越しをされる方もまだまだ多いことと存じます。
2012年が少しでも皆さまにとって良い年になることを祈念いたします。

1年間のご愛顧ありがとうございました。
来年もあい変わりませずよろしくお願い致します。
新年は1月5日から営業いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスイヴイヴはこの映画

2011-12-21 17:02:28 | Weblog


福岡市近隣にお住まいの皆さまへ
12月23日(金・祝)、早良市民センターでこんな映画をご覧になりませんか???

KBCシネマで公開され好評だった「冬の小鳥」。
心に響くこの映画をクリスマス・イヴ前日のこの日にご覧になって、感動の涙を分かち合いませんか。
懐かしの「バタークリームのクリスマスケーキ」も登場しますよ。


☆☆☆
讀賣新聞「オールザットシネマ」映画紹介記事より・・・

孤独な少女 魂の旅
 1975年の韓国を舞台に、寄る辺を失った幼い魂の行方を描く映画である。
 主人公は、親に捨てられた少女、ジニ(キム・セロン=写真)。父親(ソル・ギョング)はある日突然、9才の彼女をソウル郊外にあるカトリックの児童養護施設に置いて去ってしまう。ジニは受け入れがたい現実に心を閉ざすが、年上のスッキ(パク・ドヨン)とは次第に打ち解け、共に傷ついた小鳥を世話し、養子として一緒に外国へ行く約束をする。・・・

 広い世界にポツンと置き去りにされた小さな女の子の物語だが、半端な同情やぬるいあわれみの涙を注ぎ込む余地はない。この映画は、観客を、彼女の魂の旅に巻き込んでいく。・・・
 一つの旅を終えて飛び立っていく彼女のまっすぐな瞳の強さは、この映画の強さ。ヒロインの子どもらしい頼りなさと、求道者のようなひたむきさを、か細いからだと強いまなざしで見事に体現したキムの演技は、いつまでも心に残るだろう。製作には韓国の名匠、イ・チャンドンが参加している。1時間32分。
 韓国に生まれ、9才の時にフランスの家庭の養子となった女性監督ウニ―・ルコントが、自身の体験を出発点に脚本を書き、母国で撮った初長編。(韓国・フランス映画・字幕)

2011年12月23日(金・祝)
1・11:00~
2・14:00~
福岡市立早良市民センター大ホール
前売り1000円(当日1300円)
★受付で「ホームページを見た」と言えば前売り料金でご入場できます★


☆☆☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の小鳥・福岡市早良市民センター

2011-12-20 15:48:47 | Weblog


日経WOMAN「中野翠のときめきMOVIE」より抜粋

       ★★★★★★★★★★★★★★★★★★
少女たちの孤独感が胸に迫る
韓国出身女性監督の手による傑作


 早めにこの映画のことを知ってもらいたい。10月9日公開予定の「冬の小鳥」は味わい深い傑作です。多くの人に、特に女の人に見てもらいたい映画です。
 (中略)
 孤児というのは、他人より早く大人にならざるをえなかった子どもたちのことだ―――とつくづく思った。私自身は平凡で無難な子ども時代を送った人間なのだが、ジニやスッキの気持ちが手に取るようにわかるような気がする孤独感というのは幸せな幼い者でも直感的に知っている普遍的な感情だからかもしれない。
 孤児を主人公にしながら、この映画がありきたりで薄っぺらな「泣ける映画」にとどまっていないのは、ジニをはじめ主要登場人物(主に女の子だが)の人物の彫が深く、型にはまらない面白みがあるからだ。
 (中略)
・・・「この監督、ちゃんと人間を見ている人だな」と私はうなったのだった。

       ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

KBCシネマ上映を見逃した方、この機会にぜひ!!
「ホームページを見ました」と受付で言ってくださった方は前売り料金でご入場できます。
詳細は↓↓↓↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「冬の小鳥」上映会 見逃した方は是非!

2011-12-19 15:33:29 | Weblog
未来につながる子どもたちへ―『冬の小鳥』上映会実際に韓国から養子としてフランスに渡ったウニ―・ルコント監督は「『冬の小鳥』は、私が過ごしたカトリック系の児童養護施設での体験に着想しています。自伝的な要素を消し去ることは困難でしたが、同時にただ記憶の再現にとどめる気も全くありませんでした。捨てられ、養子にもらわれていくという途方もない状況に面した少女の感情を、現代にも通用する形で表現したいと思ったのです。二つの人生が交差したあの日々。諦めることを学ぶ必要もなかったそれまでの人生と、限りなく切望することを知る人生。その二つの結び目をしっかりほどいて見せることは、映画でしかできないと思ったのです。」と語ります。
この映画は優れた芸術作品であるとともに、「児童虐待」「育児放棄」などの社会問題や「里親制度」への理解を深め、いかに子どもを守り育てていくのかを考える契機となる作品となっています。

と き:2011年 12月 23日(金・祝)  ①11時00分   ②14時00分
ところ:福岡市立早良市民センター 大ホール(地下鉄 藤崎駅うえ)
前売券1000円(当日1300円)
  〔ローソンチケットLコード83148〕
※シニア・障がい者1000円(当日券のみ)   
  中高生     700円(当日券のみ) 

受付で「HPを見ました」と言ってくださった方は前売り料金で入れます。
この機会にぜひご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

井上ひさしさん追悼上映会「父と暮せば」

2010-04-28 13:52:26 | Weblog

映画「父と暮せば」福岡市上映会

6月12日(土)
コミセンわじろ(JR福工大前駅スグ)
①10:30 ②13:30

6月16日(水)
早良市民センター(地下鉄藤崎駅ウエ)
①14:30 ②19:00

主催]井上ひさしさん追悼上映実行委員会
お問合せ]九州共同映画社内092-741-7112

前売り券は上記電話で申込できます。
1000円(当日1300円)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はじめまして

2010-04-27 15:39:33 | Weblog

ようこそ。株式会社 九州共同映画社です。

福岡県、佐賀県、長崎県、山口県を主なエリアとして映画上映を行っています。
どうぞよろしくお願いします。
映画のことなら何でもお問い合わせください。
学校・地域・行政・団体の映画上映のご相談に応じます。
TEL092-741-7112
FAX092-771-7422
e-mail  
eiga@kyusyukyodo.co.jp
  http://www.kyusyukyodo.co.jp

   ★今日のおすすめ情報★   

♪モーツァルト2大オペラ 上映
魔笛・フィガロの結婚
5月16日(日) エルガーラ大ホール

♪生誕100年記念
「マザー・テレサ」
5月22日(土)早良市民センター
上映会をお勧めします
(上映要項のページ)

「いのちの山河~日本の青空Ⅱ」
上映日程のページアップしました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「戦艦ポチョムキン」福岡市上映

2009-05-12 15:27:54 | Weblog
あの映画史上不朽の名作と言われている
「戦艦ポチョムキン」の上映会に参加しませんか?

とき 5月23日(土)
●11:00~12:15映画
○13:00~13:30解説
●13:35~14:50映画
場所 福岡市立中央市民センター
       (092-714-5521)
料金 前売1000円 当日1300円       

*前売券ご希望の方はTEL、FAXにて名前、枚数をお知らせください。予約できます。
TEL 092-741-7112
FAX 092-771-7422

解説・・・・―「戦艦ポチョムキン」の時代―
      講師 バールイシェフ・エドワルド氏
         (九州大学院比較社会文化研究院 特別研究員)


●解説
27才の青年監督エイゼンシュタインが1925年に製作した“戦艦ポチョムキン”ほど全世界の批評家に絶賛された映画も珍しい。彼が提唱したモンタージュ理論が映画の表現形式に革命をもたらし、その技法が今日なお実践されているからである。この映画で最も印象的とされるのは「オデッサの階段」といわれる場面で「映画史上最も有名な6分間」と言われる。軍隊の暴動を扱った映画だけに、日本では永らく日のめを見なかった作品であるが、自主上映の力で1959年初公開された。
2009年完全版で上映します。

●あらすじ
日露戦争におけるロシア軍の度重なる敗北に伴って、国内では革命の気運が張り、各都市ではゼネ・ストの嵐が吹きあれていた1905年。帝政ロシア黒海艦隊の旗艦ポチョムキンは、労働者と相呼応して決起の計画に余念がなかった。そんな折にウジ虫が入ったスープを飲まされた水兵が反乱を起こし、マストに赤旗がひるがえる。ポチョムキンの勇姿を見るために市民が丘に作られた大階段に集まってきた。ところが、突如、階段の上からコサック兵が無差別に無数の民衆に石段の上から弾丸の雨を降らせる。逃げ惑う民衆、乳母車が石段を転がり落ちる…。

―淀川長治さんおすすめ―(コメント抜粋)
私はみなさんからよく、アンケート、頼まれるんですね、「淀川さんが生まれてから、今日までで、一番良かった映画は、何ですか。」、私はたちまち、その場でチャップリンの『黄金狂時代』、それを言うんですね、で、これと同格に、『戦艦ポチョムキン』言うんですね。そうですか、ヒッチコックだとか、いろんなの、あるのに淀川さん、ジョン・フォードもあるのに、ポチョムキンですか、と、問われますけど、やっぱり映画の、本当の魂持ったのは、『戦艦ポチョムキン』でした。どうしてそんなに良かったのか、それは、セルゲイ・エイゼンシュテインいう人が、本当に映画いうのを知ってたんですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「パラレル」上映&トークの集い

2009-03-03 12:31:16 | Weblog







ものがたり
二人でパラリンピック出場という夢へ向かい、日夜練習に励む。そして、障害者車椅子バスケット全国大会決勝戦、和幸は相手チームの選手に弾き飛ばされ宙を舞う。固唾を呑む陽子、床に叩きつけられる和幸。陽子の叫びが体育館に響き渡る…。
北京パラリンピック 日本選手団長 京谷和幸とその妻、陽子の真実の物語を映画化。
京谷和幸所属の千葉ホークスの全面協力の下撮影される。
Jリーグで活躍する京谷和幸は、婚約者三木陽子との結婚式の衣装合わせ当日、交通事故に遭う。独り衣装合わせを済ませ帰宅する陽子の携帯に飛び込んできたのは、和幸が危篤の知らせだった。
病院に駆けつけた陽子を待っていたのは、医師からの「今後は車椅子生活になるかもしれません」という残酷な一言。献身的に看病をする陽子に対し、和幸の母、美幸は「良かったわね結婚前で、とにかくこの結婚はなしよ」と言い捨てる。
悲しみに沈む陽子に追い討ちをかけるように、「お前知ってたんだろ!俺がもうサッカーが出来ないことを!」自暴自棄になった和幸の叫びが病室を包み込む。和幸を支えようとする陽子、夢を失い陽子の愛に応えることの出来ない和幸。二人の葛藤が続く中、和幸の前に車椅子バスケットチームのコーチ近藤が現れる。近藤の誘いに、和幸はパラリンピックを目指すことを決意する。

キャスト
元Jリーガーの車椅子バスケットボール選手 要潤
高校生の頃から類まれなるサッカーセンスを発揮し、卒業と同時に古河電工(現在のジェフ・ユナイテド・千葉)に入部する。Jリーグ発足と同時にジェフのミッドフィルダーとして活躍するも、婚約者三木陽子との結婚式の衣装合わせ当日、交通事故により下半身不随となる。

京谷和幸の婚約者島谷ひとみ
和幸に何度も「付き合って欲しい」と告白されるも、和幸のオレ様キャラに辟易する。時が経つにつれ、いつしか和幸の強い想いに惹かれ、付き合い始める。しかし、父親に交際を反対されたり、和幸の母に結婚を反対されたりと、陽子の恋は険しい道のりとなる。

公式ホームページ

車椅子バスケットボール選手であり
シドニー、アテネパラリンピックに出場した主人公モデル
京谷和幸選手講演
「パラレル」映画

とき・ばしょ 
3月20日(祝・金)13:30 18:30
         北九州市商工貿易会館2Fホール

3月21日(土)  11:00 14:00
         福岡市男女共同参画推進センタ-アミカス


前売り観賞券 1300円(当日1500円)
         *60歳以上、障害者 1000円 (当日のみ)
         *小・中・高生      800円 (〃   )

お問合せ  映画に関して ◇成功させる会 092-741-7112
       場所に関して ◇商工貿易会館 093-541-2184
               ◇アミカス   092-526-3755

◇前売り券のお求め方法◇
電話092-741-7112 
FAX092-771-7422 
メール eiga@kyusyukyodo.co.jp
氏名・枚数・会場を明記の上お申し込みください。
メールは件名に「パラレル申込」とご記入ください。
お申込みいただくと前売り予約として受け付けます。代金は当日会場でお支払いください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画「あした天気になる?」福岡県上映

2009-02-12 15:16:19 | Weblog
「あした天気になる?」
ドキュメンタリー映画
85分・カラー
発達しょうがいのある人たちの生活記録
監督 宮崎信恵
ナレーター 原日出子

映画内容はこちら

2月22日(日)
鞍手町総合福祉センター くらじの郷
14時から 
大学生・一般 1000円(当日1200円) 小中高生800円


主催 「あした天気になる?」の上映を成功させる会
チケット購入などお問い合わせは サンガーデン鞍手・事務局0949-43-1200




2月24日(火)>
福岡県総合福祉センタークローバープラザ092-584-1212
①10時30分 ②13時30分 ③18時30分 
大学生・一般1000円(当日1200円)小中高生800円


主催「あした天気になる?」の上映を成功させる会
チケット購入・お問い合わせ 九州共同映画社092-741-7112
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10・11・12月の映画会情報

2007-10-05 12:17:09 | Weblog
福岡県内を中心とした、10、11、12月映画情報

・「マザーテレサ」
・長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」
・「日本の青空」
・「リゴレット」



情報は下記に掲載しています!
どうぞお越しください!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加