九州共同映画社の映画情報

九州共同映画社の映画情報をお知らせします。
エリアは福岡県、佐賀県、長崎県です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画「MARCHING-明日へ-」上映会

2014-09-12 10:54:43 | MARCHING
九州初公開!!
映画「MARCHING(マーチング)-明日へ-」の上映会を行います。

とき  11月29日(土)  
       30日(日)

    12月 6日(土)
        7日(日)
       13日(土)
       14日(日)
       20日(土)
       21日(日)

     ①10:30  ②13:00  ③15:30 (各回共通)

場所  大洋メディアホール  地図

全国共通特別鑑賞券  大人  1000円(当日1500円)
           小中高生 700円(当日1000円)

助成  文化芸術振興費補助金
    東日本復興支援作品

後援  福岡市
    福岡市教育委員会
    福岡県マーチングバンド協会
    福岡県吹奏楽連盟


お問い合わせ   九州共同映画社  092-741-7112
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「渡されたバトン さよなら原発」上映会

2013-04-26 17:01:21 | Weblog
~未来への決断!私たちの選択~
映画「渡されたバトン さよなら原発」上映会


時 : 2013年5 月6日 (月・祝) ①10:30 ②13:30
所 : 福岡市民会館 大ホール
主催:さよなら原発!福岡5.6上映実行委員会
監督:池田 博穂
脚本:ジェームズ三木
当日券:1500円 中高生:800円

どうぞお越し下さい!!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

渡されたバトン・さよなら原発 上映会

2013-04-15 17:06:33 | 日本の青空
5月6日
福岡市民会館にて上映決定!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「エクレール・お菓子放浪記」が受賞しました

2012-01-11 10:55:12 | エクレール・お菓子放浪記
近藤明男監督 新藤兼人賞 銀賞受賞! 
優れた新人監督らに日本映画製作者協会が贈る2011年度新藤兼人賞、近藤明男監督が銀賞を受賞しました。
同賞は協会に加盟する独立系映画会社のプロデューサーたちが「この監督に、映画を作らせてみたい」という視点で選考するもので、本年度は132本の中から選ばれました。


第20回金鶏百花映画祭 主演 吉井一肇 最優秀男優賞受賞! 
10月21日、中国最大の映画祭、第20回金鶏百花映画祭にて、主演の吉井一肇くんが、外国映画部門の最優秀男優賞を受賞しました!
この受賞は2008年『おくりびと』本木雅弘さん以来、日本では2人目の快挙!(外国映画部門)
そして子役の受賞は映画祭史上初となります!


本年の予定をご紹介します。

2月12日(日)①11:00②14:00
武雄市文化会館小ホール(佐賀県武雄市)
問い合わせ0954-23-9325(武雄市役所企画課)


2月25日(土)①11:00②14:00
石橋文化センター共同ホール(福岡県久留米市)
問い合わせ0942-33-2271(久留米文化情報センター)


料金はいずれも・・・
前売り 小中高生900円 一般1100円(料金には東日本大震災救援募金が含まれます)



映画詳細はこちら・・・
映画「エクレール・お菓子放浪記」公式HP(音が出ます)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2012-01-06 16:57:33 | Weblog
謹賀新年

心に残る映画
弊社らしい、小粒でもぴりりと辛い、味わいのある映画を
今年もお届けできたらと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もお世話になりました

2011-12-28 17:20:23 | Weblog
2011年は本当に大変な年でした。
被災地でお過ごしの皆様は、元の生活に戻ることなく年越しをされる方もまだまだ多いことと存じます。
2012年が少しでも皆さまにとって良い年になることを祈念いたします。

1年間のご愛顧ありがとうございました。
来年もあい変わりませずよろしくお願い致します。
新年は1月5日から営業いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスイヴイヴはこの映画

2011-12-21 17:02:28 | Weblog


福岡市近隣にお住まいの皆さまへ
12月23日(金・祝)、早良市民センターでこんな映画をご覧になりませんか???

KBCシネマで公開され好評だった「冬の小鳥」。
心に響くこの映画をクリスマス・イヴ前日のこの日にご覧になって、感動の涙を分かち合いませんか。
懐かしの「バタークリームのクリスマスケーキ」も登場しますよ。


☆☆☆
讀賣新聞「オールザットシネマ」映画紹介記事より・・・

孤独な少女 魂の旅
 1975年の韓国を舞台に、寄る辺を失った幼い魂の行方を描く映画である。
 主人公は、親に捨てられた少女、ジニ(キム・セロン=写真)。父親(ソル・ギョング)はある日突然、9才の彼女をソウル郊外にあるカトリックの児童養護施設に置いて去ってしまう。ジニは受け入れがたい現実に心を閉ざすが、年上のスッキ(パク・ドヨン)とは次第に打ち解け、共に傷ついた小鳥を世話し、養子として一緒に外国へ行く約束をする。・・・

 広い世界にポツンと置き去りにされた小さな女の子の物語だが、半端な同情やぬるいあわれみの涙を注ぎ込む余地はない。この映画は、観客を、彼女の魂の旅に巻き込んでいく。・・・
 一つの旅を終えて飛び立っていく彼女のまっすぐな瞳の強さは、この映画の強さ。ヒロインの子どもらしい頼りなさと、求道者のようなひたむきさを、か細いからだと強いまなざしで見事に体現したキムの演技は、いつまでも心に残るだろう。製作には韓国の名匠、イ・チャンドンが参加している。1時間32分。
 韓国に生まれ、9才の時にフランスの家庭の養子となった女性監督ウニ―・ルコントが、自身の体験を出発点に脚本を書き、母国で撮った初長編。(韓国・フランス映画・字幕)

2011年12月23日(金・祝)
1・11:00~
2・14:00~
福岡市立早良市民センター大ホール
前売り1000円(当日1300円)
★受付で「ホームページを見た」と言えば前売り料金でご入場できます★


☆☆☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の小鳥・福岡市早良市民センター

2011-12-20 15:48:47 | Weblog


日経WOMAN「中野翠のときめきMOVIE」より抜粋

       ★★★★★★★★★★★★★★★★★★
少女たちの孤独感が胸に迫る
韓国出身女性監督の手による傑作


 早めにこの映画のことを知ってもらいたい。10月9日公開予定の「冬の小鳥」は味わい深い傑作です。多くの人に、特に女の人に見てもらいたい映画です。
 (中略)
 孤児というのは、他人より早く大人にならざるをえなかった子どもたちのことだ―――とつくづく思った。私自身は平凡で無難な子ども時代を送った人間なのだが、ジニやスッキの気持ちが手に取るようにわかるような気がする孤独感というのは幸せな幼い者でも直感的に知っている普遍的な感情だからかもしれない。
 孤児を主人公にしながら、この映画がありきたりで薄っぺらな「泣ける映画」にとどまっていないのは、ジニをはじめ主要登場人物(主に女の子だが)の人物の彫が深く、型にはまらない面白みがあるからだ。
 (中略)
・・・「この監督、ちゃんと人間を見ている人だな」と私はうなったのだった。

       ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

KBCシネマ上映を見逃した方、この機会にぜひ!!
「ホームページを見ました」と受付で言ってくださった方は前売り料金でご入場できます。
詳細は↓↓↓↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「冬の小鳥」上映会 見逃した方は是非!

2011-12-19 15:33:29 | Weblog
未来につながる子どもたちへ―『冬の小鳥』上映会実際に韓国から養子としてフランスに渡ったウニ―・ルコント監督は「『冬の小鳥』は、私が過ごしたカトリック系の児童養護施設での体験に着想しています。自伝的な要素を消し去ることは困難でしたが、同時にただ記憶の再現にとどめる気も全くありませんでした。捨てられ、養子にもらわれていくという途方もない状況に面した少女の感情を、現代にも通用する形で表現したいと思ったのです。二つの人生が交差したあの日々。諦めることを学ぶ必要もなかったそれまでの人生と、限りなく切望することを知る人生。その二つの結び目をしっかりほどいて見せることは、映画でしかできないと思ったのです。」と語ります。
この映画は優れた芸術作品であるとともに、「児童虐待」「育児放棄」などの社会問題や「里親制度」への理解を深め、いかに子どもを守り育てていくのかを考える契機となる作品となっています。

と き:2011年 12月 23日(金・祝)  ①11時00分   ②14時00分
ところ:福岡市立早良市民センター 大ホール(地下鉄 藤崎駅うえ)
前売券1000円(当日1300円)
  〔ローソンチケットLコード83148〕
※シニア・障がい者1000円(当日券のみ)   
  中高生     700円(当日券のみ) 

受付で「HPを見ました」と言ってくださった方は前売り料金で入れます。
この機会にぜひご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「エクレール・お菓子放浪記」8月上映予定

2011-07-27 16:22:03 | エクレール・お菓子放浪記
楽しい夏休みの計画はお決まりですか?
夏休みは、映画「エクレール・お菓子放浪記」をご家族でご覧になりませんか?こんな映画です

西日本では、大震災の影響が感じられませんが、東北では今なお復興が進んでいません。
この映画は東京が舞台ですが、震災前に宮城県や福島県でロケを行い、エキストラの方々は東北の方々にお願いしています。そういう意味では、東日本大震災と非常につながりの深い映画と言えます。この映画会を「復興支援映画会」と位置付け、みなさまに映画を観て頂いた収益の一部を復興支援の寄付金に充てることにしています。

震災前の美しい石巻の風景をご覧になることができます。映画を通して東北の方々に思いをよせる一助にしていただければ幸いです。



<佐賀県>

●8月10日(水)ドゥイング三日月    
        ①14:30 ②18:30

 8月11日(木)佐賀市文化会館中ホール 
        ①11:00 ②14:00 ③18:30
        お問い合わせ 0952-23-9112(サガテレビ)


●8月12日(金)吉野ヶ里町 きらら館 10:00
                ふれあい館 14:30
                ふれあい館 18:30
         お問い合わせ 090-8830-8436(西村)

<福岡県>

●福岡市  中洲大洋劇場 7~8月12日

●北九州市 
     ・8月25日(木)ウェルとばた ①11:00 ②14:00
     ・8月30日(火)北九州市立男女参画センター“ムーブ”①11:00 ②14:00 ③18:30
              

お問い合わせ  映画「エクレール・お菓子放浪記」福岡県推進委員会事務局 092-741-7112
       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「エクレール・お菓子放浪記」がいよいよ始まりました!!

2011-07-27 16:06:20 | エクレール・お菓子放浪記
みなさま、待ちに待った映画「エクレール・お菓子放浪記」上映会が始まりました。
ぜひ、映画館にお運びくださいませ。
お待ちしておりま~~す。


映画「お菓子放浪記」公式HP

7月23日~8月12日(予定)
中洲大洋劇場にて
 劇場HP
絶賛上映中!! 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなサッカーもあるのです

2011-01-26 17:10:18 | アイ・コンタクト
ぜひご覧ください。

こちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦没画学生慰霊美術館「無言館」

2011-01-25 14:56:11 | 無言館
乾かぬ絵筆

  六十年経った今も
  ちっとも乾いていない あなたの絵筆は
  あなたが今も そこに生きていることを
  私たちに教えてくれる

  乾かぬ絵具よ
  少しも色褪せぬ
  あなたの生命よ

  窪島誠一郎
                   
  

無言館の長編ドキュメンタリー映画ができました。
無言館をご存知ですか?

長野県上田市。

山々に囲まれた田園地帯の丘の上にひっそりとたたずんでいる小さな美術館「無言館」。

第二次世界大戦の最中、多くの画学生たちが絵描きになりたいと願いながら、心ならずも絵筆を銃にかえ、戦地で命を奪われました。

「無言館」館主・窪島誠一郎さんは、画学生たちの遺した作品、遺品を全国各地に訪ね、収集しました。

画学生たちが遺した「愛する人や故郷」の絵が語ります。それは静かに、時に激しく。生命あるすべてのものを大切にして生きていくことへの願い・・・。

描きかけたままの絵から画学生たちの「無言」の声が聞こえてきます。
「無言館」はそういう美術館なのです。

窪島さんは語ります。
「こういう時代だからこそ、彼らが生きていた証を守ることで、いのちの大切さを、戦争を知らない世代に伝えていかなければならない」と。


3月18日(金)、都久志会館(福岡市中央区天神4丁目)に於きまして
完成記念上映会を行います。
詳細は追ってお知らせします。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

おしゃれ おしゃべり サッカー大好き!

2011-01-24 13:31:06 | アイ・コンタクト
昨日の「マザー・テレサ」上映会には、寒い中お越しいただきましてありがとうございました。今日の福岡も他県の例にもれず、相変わらず寒い日々です。

さて、カタールで熱い試合を繰り広げているサッカー日本代表の試合をテレビ観戦されている皆様。
こんな日本代表サッカーチームをご存知でしょうか?

2009年夏、台北。第21回夏季デフレンピック(聴覚障がい者のオリンピック)に初出場を果たした”ろう者女子サッカー日本代表チーム”。

高校生や大学生もいれば、30代の選手もいる。環境も職業も様々で、手話を覚えた時期も異なる彼女たちが全国各地から集まり練習を積み重ね、思いのたけを込めて台湾での試合に臨んだ。

はじめて世界に挑戦することで成長していく選手たち。

映画は大会のみならず、学校や借場など、それぞれの歩んできた道や家族の思い、おしゃれで、おしゃべり、サッカー大好きな等身大の選手たちを描き出す。



いよいよ福岡県完成披露上映会が間近に迫っています。

日時:2月5日(土)
    14:30 開会    
    14:35 映画    
    16:05 中村和彦監督挨拶
■中村監督はこの映画で「山路ふみ子福祉映画賞」を受賞されました!

会場:クローバーホール(JR春日駅クローバープラザ内584-1212)

料金:前売り1000円(当日1300)小中高生700円 シニア・障がいをお持ちの方1000円

お問合せ:九州共同映画社 ☎092-741-7112 FAX092-771-7422

 後援:福岡県 福岡県教育委員会 福岡県社会福祉協議会 福岡県聴覚障害者協会 福岡県障害者スポーツ協会 福岡県私学協会 アビスパ福岡株式会社


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう1つのなでしこジャパン

2011-01-21 12:58:48 | アイ・コンタクト
今夜はサッカーアジアカップ準々決勝。
ブルーのユニフォームの日本代表がカタールと闘います。

      
ここで紹介する映画は「ろう者」の女子サッカー日本代表のドキュメンタリー映画です。

2009年夏台北。
デフレンピックに初出場した女子日本代表チーム
ピッチにたどりつくまでのそれぞれのドラマ・・・

 (デフレンピック:聴覚障がい者のオリンピック)

映画感想より・・・
相手の目を見ることは伝えたい気持を表す第一歩、シンプルな事だけど思い出させてもらいました。彼女たちを見ていて、ストレートに[素敵]だと思いました。
斉藤由貴(女優)

正直、デフレンピックという大会があり、そこに女子のサッカー日本代表が参加していたことは知りませんでした。実際の試合の様子を見ると、本当にサッカーが好きで勝ちたいという気持ちは、僕たちと同じだと感じました。彼女たちのプレーを見て元気をもらえた気がします。
中山雅史(コンサドーレ札幌)

福岡県完成披露上映会
日時:2月5日(土)
    14:30開会    
    14:35映画    
    16:05中村和彦監督挨拶(山路ふみ子福祉映画賞受賞!)

会場:クローバーホール(JR春日駅クローバープラザ内584-1212)

料金:前売り1000円(当日1300)小中高生700円 シニア・障がいをお持ちの方1000円

お問合せ:九州共同映画社 ☎092-741-7112 FAX092-771-7422

 後援:福岡県 福岡県教育委員会 福岡県社会福祉協議会 福岡県聴覚障害者協会 福岡県障害者スポーツ協会 福岡県私学協会 アビスパ福岡株式会社

                公式HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加