キースのひとり言:チョットだけ笑/涙/怒/感.暇人が書き綴るブログでござ~ります

(*^_^*)笑/涙/怒/感
たわいない日常~軽く法律(凄く僅少)まで!
とりあえず読んでやってくださいナ$

キースのひとり言●S55年に流行ってた歌”ダンシングクィーン”!

2016年10月13日 09時17分44秒 | ひとり言
『キースのウコン情報』はここをクリック


●S55年に流行ってた歌”ダンシングクィーン”!

ラジオだったか、昭和55年に流行った歌はって。
55年って言ったら僕が就職した年。

巷では“ダンシングオールナイトイト”や“ダンシングシスター”が流れてた。
先輩に誘われた夜の路地にはいつもこれらの歌が。

新入社員が歩く飲み屋街は凄く新鮮で今も耳の奥に残ってる。
もんたのかすれ声、ノーランズの大人かわい声。

でもそれでも僕の印象に残るのは“ダンシングクィーン”。
衝撃を受けたメロディーと歌声は以来僕を虜にして行った。

同じ職場の先輩にバレー部の人がいた。
僕も流れでバレー部に入ってその先輩ともお近づきになった。

結婚前のその家を訪れた時、初めてレーザーディスクを見た。
安月給の僕には高値の花、羨ましくってたまらなかった。

その先輩は新し物好き。
多分発売間もないレーザーディスクを既に購入してたのだろう。

それを惜しげもなく僕に見せてくれたのだ。
大画面に映し出される鮮明な映像は感動そのもの。

いつしかライブを編集したその作品に引き込まれてた。
勿論その中心は“ダンシングクィーン”。

雰囲気を大事にするその先輩はチョッとした事にも凝る人。
照明を少し暗めにし画面が引き立つように考えたらしい。

そんな明るくない空間で見るアバの楽曲は最高に感動だった。
以前から耳に残ってたメロディーは自然に耳に馴染んで来た。

ダンシンクィーンの一番記憶に残ってるのはレーザーディスクのアバ。
衝撃過ぎたからか巷で流れてた他の楽曲より優先してた。

よくよく調べてみるとほんとは51年にリリースされたものらしい。
でも新鮮な新入社員の耳にはその時聞いたダンシングクィーンが特別。

その記憶はあまりにも強力だ。
それ位この曲は新社会人だった当時の僕の衝撃の一曲となってる。

今も昭和55年の楽曲と聞かれると“ダンシングクィーン”が浮かんで来る。

https://www.youtube.com/watch?v=G8O79uP0JmM

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キースのひとり言●同窓会の後日談! | トップ | キースのひとり言●ノーベル文学賞! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。