キースのひとり言:チョットだけ笑/涙/怒/感.暇人が書き綴るブログでござ~ります

(*^_^*)笑/涙/怒/感
たわいない日常~軽く法律(凄く僅少)まで!
とりあえず読んでやってくださいナ$

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

●●岡田三郎助のギャラリートーク行ってきました!

2011年04月24日 10時01分07秒 | ひとり言
   頑張ろう震災地  がんばろうニッポン   

 
  今日も有難うございます。キースのシノハラです。 


★Nさん作「花信風」

前回の作品のタイトルは 「●●土壁実践体験記、写真編!」です。
タイトル記載忘れてても、チョッくら覗き見してください。
URLをお友達にメールするときは、左側プロフィール下のボタンをクリック


ひた向きに取組む姿は人の心を動かす。

★佐賀の光景: 佐賀城お堀の夕景 


★ 岡田三郎助のギャラリートークなるものに行ってきました。

これは、佐賀県立美術館が行っているものらしく、定期的に行わ
れているようです。

このごろそのこと知って、それもこれがタダときているから、だ
もんで、チョっクラ時間作って行ってきたと言うわけでして。

会場にはすでに何人かの人たちが集ってまして、ほとんどが年配
の方でして。

説明は美術館の学芸員の方で、近代美術が専門と言う僕にとって
はとてもありがたい方が説明に当たってくれました。

その方曰く、一番多かった時が100人で、一番少なかった時が
一人とのことでして、その一人の方は超ラッキーものじゃん、そ
んな羨望を感じたのでありました。

今回の絵はその全てが人物画でして、最初の出だしでいきなり価
格の話しになりまして、この方ただものでないと思いまして、や

はり絵画と言えば一般人の一番の関心事は値段、そこから入るあ
たり心得てる、そう思った次第でありまして。

僕は個人的に好きな、中央あたりに掲げてあった裸婦の絵が印象
派の影響を受けているようなタッチが好きで、その絵が一番高い

と言いたかったのですが、回りの方が一人として発言しないもの
だから僕も言いそびれてしまったけど、学芸委員の方曰く、その
絵を上げられました。

僕もそこそこ見る目あるじゃん、心の中でそう自画自賛したって
言うわけでして。

具体的な値段は言われませんでしたが、正面にあった10号くら
いの作品が2千万円とのことで、それを聞いた聴衆からため息が
出てました。

最後に質問の時間があったのですが、女性の方の質問がなかなか
ユニークだったので紹介しときますね。

その方曰く、僕が好きな裸婦の絵が人間の体を無視したあの描き
方は理解できない、おおよそそんな内容だったのでして。

これには学芸員の方も口ごもられていましたが、僕にはその意味
さえ分からず、もう一度その絵の前で注意深く見たのですが、や
っぱりそれでも分かりませんでした。

まっ、人それぞれ感じ方はあるのだし、自分が好きであれば、そ
の内容がどうであれ関係ないのだし、そう思って、それ以上考え
ないようにしました。

・今日のついてる、、、、
『岡田三郎助のファンになれそうです。
                ついてる。ついてる。ついてる』

 是非とも「お気に入り」に載っけて毎日読もう、、、運動展開中.

★不動産物件ブログ、特別編(長崎市)!→ 【 ここをクリック 】
★古民家ページをみる→ 【 ここをクリック 】
★前回の作品のタイトルは 「●●土壁実践体験記、写真編!」です。
タイトル記載忘れてても、チョッくら覗き見してください。


◆古民家のキース企画に行く→ここをクリック
◆社長のプロフィールに戻る→ここをクリック
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●●土壁実践体験記、写真編! | トップ | ●●“肥前国庁跡”なる国指定史... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。