キースのひとり言:チョットだけ笑/涙/怒/感.暇人が書き綴るブログでござ~ります

(*^_^*)笑/涙/怒/感
たわいない日常~軽く法律(凄く僅少)まで!
とりあえず読んでやってくださいナ$

キースのひとり言●ガン患者の夢!

2016年10月01日 08時41分26秒 | ひとり言
『キースのウコン情報』はここをクリック

・山口亮一旧宅 鉛筆 画用紙

●ガン患者の夢!

百田さんの短編集を読んでる。
作家は”永遠の0”を読んで興味を抱いた小説家だ。

だから続けてた20歳代に読んだ文庫の再読は中止してる。
少し心苦しいのだけれど。

短編4篇で構成されているこの本。
第3篇に収められているのが「ケーキ」と言う小説。

末期がんの若き女性が奇跡的に回復するってストーリー。
職に就き恋をし結婚出産そして初恋の人との再会。

走馬灯のように流れる物語。
その中にズンズンと僕の心は引き込まれていった。

小説はあっと言う間に終焉を迎える。
あまりにも惨いが清々しさもあった。

小説冒頭の文章が反芻されてる。
おかしいと思った。

誤植、そんな筈が・・・。
目立つように米印が並んでいる。

読者に何かを警告してる、そう思った。
それは直ぐに解決した。

女性が生きた物語は夢だった事がその後明らかに。
脱力感に近いものが体を襲う。

ハッピーエンドだとばかり思ってたが・・・。
現実に引き戻らされた感があった。

読み終えると同時に母の姿が脳裏に浮かんだ。
末期がんに侵されそして余命を全うした後に息を引き取った。

母は緩和ケアで最期を迎えた。
それでも奇跡を信じて毎日を生きていた。

その日症状は悪化し意識がなくなってた。
姉の呼びかけにも何の反応もしなくなった。

ただただ酸素マスクが白と透明を繰り返すだけ。
そしてマスクがずれて口から汚物が吐き出た。

吸引が施されたがその後母はピクリともしなくなった。
医者が呼ばれ、そして死亡が告げられた。

意識を無くし死までの間に母は果たして夢を見たのだろか。
僕も知らない色んな過去の事など。

または望みが叶って80歳を迎えて孫から祝福される。
そしてかわいいひ孫を抱く・・・。

さて小説はクリスマスイブに戻り初恋の医者の言葉で締められる。
「・・・・。きっと幸せな夢を見ながら天国に旅立ったんだよ」

果たして母は幸せな夢を見て逝ったのだろうか。
読み終えて不図そんな事を考えてしまっていた。

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●指差し歌、思い出した!

2016年09月30日 09時38分49秒 | ひとり言
『キースのウコン情報』はここをクリック

・山口亮一旧宅 鉛筆 画用紙

●指差し歌、思い出した!

「あなたはみかけによらない日本一のくるくるぱー」
なだらかな節に乗ってこんな歌が頭の中から流れて来る。

幼い日の記憶だが思い出したくない記憶でもある。
ってのもこれをやられるのが嫌だったから。

もう分かって貰えると思う。
お前は見た目倒しの馬鹿だ、ってことを言ってるって。

この言葉を唱えながら指を向けられるのだ。
何て惨いことを考えたものか。

人差し指で、あたなは。
3本指で、見掛け。
4本指で、よらない。
2本指(ちょきの形)で、日本。
人差し指で、一
ぐーの形で、くるくる回す。
ぱーの形で、掌を顔に向けられる。

人をからかう時に良く用いられてた。
突然にそんな事をされたらやはり萎えてしまうものだ。

僕は小学生低学年までは凄く目立たない人間だった。
だからいじめっ子からすればいいカモなのだ。

反発する事も出来ずただただ良い様にやられるだけ。
たまにそんな事やめろって言ってくれる子がいた様な。

当時の僕は勉強も体育もだめな劣等生だったから諦めもあった。
だからある部分受け入れてるとこもあった。

やられる事で駄目さ加減を再認識してたのかも知れない。
認めれば意外と楽にもなれたしで。

人の優劣は必ず発生する。
社会を形成している以上はそれは顕在化して来る。

仕方ない事だ。
皆がみんな優秀な人間ばかりだと反対に怖い。

おれがおれがと争いも激化しようし。
開発競争が繰り返されとんでもない物が登場したり。

そう言う意味では格差はある程度存在した方がいい。
優劣はそもそもは両極にあるもので少数派でしかない。

中間層がひしめき合ってるだけ。
その中央で線を引きたがるから事がややこしくなる。

それに天才と馬鹿は紙一重と言う。
優位に立ちたがってる人間が優側を作ってるだけなのでは。

さて昔の指差し歌もちと替え歌が必要と思う也。
でもってチョッくら考えてみた。

「あなたはみかけによらない日本一のおりこうさんっ」
くるくる ぱーのとこを頭なでなでにしたらどうだろう。

ひょっとしたらあの頃の僕はそんな風に解釈・・・。
ってな訳ないか。

だって当時の僕は筋金入りのおバカさんだったから。
って言うより何にも考えてなかったって言った方がいいのか。

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●特定健診の結果が来た!

2016年09月29日 08時43分37秒 | ひとり言
『キースのウコン情報』はここをクリック

・山口亮一旧宅 鉛筆 画用紙

●特定健診の結果が来た!

先週に受診してた特定健診の結果が送られて来た。
結果は総合判定Bとなってる。

Bは軽度の異常とある。
去年も同じ評価だから変化なしと言う事か。

チョッと気になる部位はやはり高脂血症の欄。
若い時から悩まされている部位。

総コルステロールは記載なし。
但し献血で何時も見てるので気にしない。

LDLはってえとちょっぴり範囲を超えている。
昨年はぎりぎりセーフだから変化はないと考えるべきか。

考えられるのはこの頃人体実験でウコンの摂取を止めてた。
その影響が少なからず影響してるのでは、と考えてる。

HDLは去年と変わり無し。
只、今気付いたのだけどHDLに上限があるとは・・・。

善玉ならいくらあっても良さそーナものだけど。
調べてみるとそうでもなさそーだ。

要はLDLとHDLの比率が大切のようだ。
2.5を超すと要注意だそうだ。

取敢えずはセーフで一安心。
但し医者は飛び出た数値を指摘して来るのは必至、

兎に角それに、惑わせられない事だ。
ウコン再開でどれ位数値が変化するのか・・・。

思うのだけど特定健診でどれ位自分の体は守られるのだろう。
僕の母はある年8月の健診で数値が良くってとても喜んでた。

ところがだその3月後に急展開をみた。
進行性のガンが見つかり半年後に亡くなってしまった。

それに前いた会社で人間ドックを受診した知人の突然の訃報。
原因は聞くところによると胃ガンだったと。

結局の健診の結果に一喜一憂しても仕方ないと言う事か。
要は自分の体は自分で守るしかない。

昨日、恒例化してる献血をやってきた。
月2回のペースでやってるやつ。

今回でトータル86回だから後14回で本社表彰・・・ウシウシ。
でも献血してる目的は表彰ではないのだ。

毎回送られて来る検査数値の変化を見るのがそれ。
健康食品を扱ってるからそれが健康に旨く作用してるか。

結果として体のケアが出来ればそれで良しとしてる。
目に見えない病気の原因を心配しても仕方ないしね。

そんなん分かってても健診に足を向けるのはこれ如何に。
やっぱしタダってとこに無意識のうちに反応してるのか。

結果が気休めであっても一時的に安心できればそれも良し。
さて来年の結果はどう言った結果が出て来るのだろーか。

今から楽しみにしてるところなのでR。

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●栗の皮むき夜なべ!

2016年09月28日 08時19分31秒 | 百笑
『キースのウコン情報』はここをクリック

・山口亮一旧宅 鉛筆 画用紙

●栗の皮むき夜なべ!

ここ数日、栗の皮むき夜なべが続いてる。
皮むき作業は正直辛い作業だ。

刃物を使うから集中が必要で根気のいる仕事。
それに時間も必要で今は夜なべになってる。

と言う訳で、今正に栗の収穫に奔走してるところ。
って大袈裟に言う事もないのだが。

栗の木は7本しかないのだから。
それでも一日に結構な数を収穫してる。

収穫は買物袋一杯になる。
それだけになると結構な重さになる。

栗と言えばイノの奴の大好物。
だから先手必勝で収穫しないと食い荒らされる。

通常朝と夕方と2回収穫してる。
でないと栗が必ずイノの餌となるのだ。

特に夕方は大事だ。
イノは夜行性だから夕方までの栗はほぼ全滅してしまう。

でもって夕方は兎に角出掛けるようにしてる
何時もは5時前後、陽が落ちる前までに終わらせる為。

でないと何時イノの奴に出くわすか分からないし。
暗くなったら栗を感知できなくなるしで。

収穫した栗の中には虫食いもある。
だから全部が商品になる訳ではない。

虫食いのものは直ぐに皮をむく様にしてる。
時間が経つと虫に食い尽されるから。

虫食いはそこだけ切り取って自家消費してる。
皮をむいてるから調理に直ぐ役立つ。

特に栗飯は手軽で良いからストックが貯まったら何時も栗ご飯。
栗は虫食いが多ければそれだけ栗ご飯の栗が多くなる。

昨日も栗ご飯の準備をしてたが米が栗に隠れてしまう位だ。
塩を少し加えて炊き上げればうーーーん。

栗ご飯を頬張れば夜なべ仕事の事も忘れる。
これ食って、さあ朝の収穫にいざ出陣だ。

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●昔アップした佐賀の空、再び!

2016年09月27日 08時25分40秒 | 写真集
『キースのウコン情報』はここをクリック

●昔アップした佐賀の空、再び!

昔、この日記で紹介した佐賀の空。
また見てみたいナって思った。

今回は2012年の7月に紹介したもの。
皆さんも一緒にお楽しみ下さい。































今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●外商と行商!

2016年09月26日 08時17分38秒 | ひとり言
『キースのウコン情報』はここをクリック

・山口亮一旧宅 鉛筆 画用紙

●外商と行商!

外商と行商・・・。
何かどっちも同じ事を指してる言葉のよーな。

この前ちょっとした議論となってそれ以来気になってた。
でもってここら辺でチョッくら調べてみなくてはと思った訳で。

外商は、百貨店の外で行われる販売のこと、とある。
行商は、商品を顧客がいるところへ運び販売をする、と。

僕が毎週水曜に行っているのはやはり行商の方が良い様な。
キース(僕んとこの商号)は冗談にも百貨店とは言える筈もなく

零細農家であって従業員は僕と親父の二人きり。
そりゃ個人的には大きいとこと紹介したいのは山々。

でもここはやっぱり使い慣れた行商が僕にはお似合い。
だからこれからも行商で通そうと思う事にした。

それに正直、行商って言葉に凄く愛着を感じてるし。
この言葉を使うと自分を下位の気分にする事出来るしで。

山口亮一旧宅の家守の方とから“外商がでしょう”と言われ。
確かにそうかもしれないけどそれを打ち消そうとする自分が。

そんなこんなで“取敢えずは行商です”って反論。
自分に合ってる事を改めてその時感じたのでR。

外商のイメージはどことなくスーツ姿が連想され。
行商は野ら着が思い浮かぶ。

言葉の持つイメージとは遠い記憶に左右されるのかも。
行商と言えばテレビドラマで貧しさの代名詞的なものが。

農家の次男坊かが野ら着で行商を頑張る。
そして立身出世を果たしてしまう的な。

対して外商は今時のテレビではバリバリの営業マン的な・・・。
あまりにもスマートすぎて素直に受け入れられないものがある。

苦労してのし上がる姿と与えられた環境をそのまま進む姿と。
前者の主人公の姿にある種の憧れを感じてしまう。

行商と言う言葉の響きに内包されたものへの憧れ。
それが僕をこの言葉に拘泥させるのかも。

それに経緯はどうあれ、兎に角僕は今後も行商を選択。
「行商で来ました」って言ってコミュニケーションのきっかけを作る。

自分らしさを表現するのに最適な言葉。
これからもそれは変わらないに違いなく・・・。

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●またもやジャガイモ畑にイノの奴!

2016年09月25日 08時26分02秒 | 百笑
『キースのウコン情報』はここをクリック

・山口亮一旧宅 鉛筆 画用紙

●またもやジャガイモ畑にイノの奴!

昨日、またもやジャガイモ畑にイノの奴の足跡が。
前も見たから侵入個所と思しき所に電柵を張ってた。

今回は石垣の上ぎりぎりに施してたからジャンプも無理。
それに進化形のイノが電線を切る事も出来ない。

万全を期しての試みだった。
だから安心し切っていた。

だがやはり何か変って感覚はあった。
そこで足跡をつけることにした。

だが、土の所はいいとして草の上となるとはっきりしない。
でもって推理を働かせながら更に進む。

ワイヤーメッシュまで辿りつく。
メッシュに沿って不都合がないかに注意を向ける。

やっぱりあった。
法面の中間に穴を掘った跡がくっきり。

ここは以前気付いて入れない様に雑木を置いてた。
それを諸ともせずに更に穴を掘り進めていたのだ。

ただこのサイズだとウリ坊しか通れそうもない。
それはどっちでも良い。

兎に角通行不可としなければ。
大きめの石を探して穴にぶち込む。

さてこれでイノの奴は諦めてくれるだろーか?
もし石を蹴散らしているならまた次の手が・・・。

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●幸運の訪問者?!

2016年09月24日 08時20分31秒 | ひとり言
『キースのウコン情報』はここをクリック

・スピードメーターに置いた木の葉

●幸運の訪問者?!

昨日は測量のお手伝いで佐賀市へ向かう。
勿論車で行く事になるのだが。

取敢えずは手伝いに合わせて用意してた用事も済ませ・・・。
いざ帰宅。

昨日は地区のお観音様祭が予定されてて時間に間に合うように。
車は多久のバイパス道路に入り快適な走りを続ける。

スピードは上がり窓から飛び込む風にしばし時間を忘れる。
するとだ、窓から思いも寄らず木の葉が飛び込んで来た。

僕は咄嗟にその来客を手で押さえる。
だってそのままにしてたら間違いなくまた飛び去って行く。

手にしたその木の葉は視界に入るスピードメーターに置く。
見てると何か良い事がありそーな、♪そんな気がしてならないのっ♪

何時も使う歌のいフレーズ。
そう“夜の銀狐”って曲の・・・。(-_-メ)

それはさて置き、思わぬ訪問者だが。
咄嗟の出来事で自分でも信じられない。

スピード出てたので普通なら室内に入る事さえ考えられない。
自然風は吹いてなく木の葉が道路上を舞う事も考え辛く。

そんな悪条件が揃ってる中だったのだ。
だけどその分幸運に対する期待度は間違いなく上がって来る。

このところあんまりいい事と出会ってなかったから。
期待の宝くじは一度1万円が当たってからはスカばかり。

畑は鳥獣被害に毎回遭うし、その他諸々。
それらを転換してくれる幸運の訪問者の様な。

木の葉はずっと車のメーターのとこに置いとく事にしてる。
そうする事で運が付いてきそうな気分になれるし。

さて、今回の思わぬ訪問者。
ほんとの幸運の訪問者となってくれるのだろーか?

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●辞表!

2016年09月23日 07時40分53秒 | ひとり言
『キースのウコン情報』はここをクリック

・トタン張りの家 鉛筆 画用紙

●辞表!

辞表、いい響きだ。
いやいや、そりゃないでしょう、って声が聞こえて来る。

僕が辞表を出したのは36歳の時。
だから19年前の事になる。

この年月は流石に記憶を奪い取ってしまっている。
どんな心境で提出したかさえもう思い出せない。

一つだけ覚えているのは辞表の書き方を聞いた事。
労働系の担当だったN先輩に電話したのは覚えてる。

先輩はわざわざFAXまでしてくれた様に記憶する。
それを参考に書いた様な。

文面までは覚えてない。
通り一辺倒の言葉の羅列だったに違いない。

18年の積もった不満を全部書きたい気持ちで満々だった。
ただ先輩のFAXだかに不満は頂けない、そう書いてあった様な。

兎にも角にもそれをとうとう出してしまった。
切れ味悪い言い方だが、不満はあれ不安に苛まれたに違いない。

昨日、テレビ見ながら居眠りしてた。
そして目が覚めると丁度主人公が辞表を提出してるシーン。

それが新鮮に映ったのだ。
そう言えば自分も出したよなって。

それから次々に当時の記憶を追い始めて。
で、冒頭の様な事を思い出していたのだ。

辞表を出す人は一体日本に年間どれ程いるのだろうか。
僕が辞表を出した会社の建築担当で直ぐ数えれる人はざっと10人位。

でもこの人たちは同じ年に辞めたのではない。
だから同じ部署で考えるなら年に一人が良いところかも。

内訳は、僕みたいに事業をやる為が3人。
他はほんと色んな事情で辞めてる。

今や大卒の3割かが3年保たずに辞めてる現実。
僕らの時とは時代が違っているのかも。

耐える事に対する価値観が違ってるのかも。
僕らは石の上にも3年なんて言われて耐えて来た人種。

明らかにその言葉は今や死語状態か。
でも考え様によってはそれもありなのかも。

我が人生に悔いなし。
どっちを選ぼうがこの言葉の意味は死の直前には分かろう。

耐えた事の是非が。

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●依頼を受けてた鉛筆画のこと!

2016年09月22日 08時17分03秒 | ひとり言
『キースのウコン情報』はここをクリック

・トタン張りの家 鉛筆 画用紙

●依頼を受けてた鉛筆画のこと!

6月下旬から7月上旬まで鉛筆画作品展やってた事、前に書いた。
佐賀市内の山口亮一旧宅って建物を借りて。

その時に頼まれてた鉛筆画の対象物を昨日また訪れた。
そして簡単なスケッチをして写真に収めた。

ってのも佐賀行商の時に合わせてと思ってたから。
一石二鳥で事を収めたかったから。

只、行商の日に限って晴天の日がなくって。
でもってちゃんと晴れる日が来るのを待ってたって訳で。

何故晴れの日にこだわるかってぇーと。
物体の反射面と影のメリハリがはっきりしてて個人的に好きで。

僕の好んだ絵なら依頼した方にも自信を持って提供できるし。
だから晴れの日をずっと待ち続けてたのだ。

対象物はある会社の社屋。
新築して結構な年数経ってると思うけど見た目には新しい。

新しい建物は表情を今一つ捉えれなくって。
出来たら避けたい建物ではある。

でも受けた以上は満足いく絵をと思ってるとこなのだ。
果たしてちゃんとした絵に仕上げれるか・・・。

僕は写真を中心に書き進めてく。
昼は百笑で描く時間がないし毎日車を走らせる程の稼ぎもないし。

それより何よりお陽様はじっとしてなく時間が経てば影は変わる。
それを解決する為には影を止めとく必要があるし。

そうなると一瞬の影を写真に写すよりなく。
でもって写真を見ながら描くやり方でやってる。

現地スケッチでも写真写しでも基本は同じで。
見てるものが実物か写真かの違い。

そう僕は自分に言い聞かせてる。
過程は大事だけど生活も大事。

だから時間とお金を浪費しない方法を選んだのだ。
要は出来あがった絵を見て満足できるかどうか。

やる事が多すぎる人間にはまずは効率。
そう言う意味からも写真は一番ではないか、そう思った次第だ。

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●昨日は台風の中栗採り!

2016年09月21日 08時27分39秒 | 百笑
『キースのウコン情報』はここをクリック

・トタン張りの家 鉛筆 画用紙

●昨日は台風の中栗採り!

昨日は台風が九州を来襲と聞いてた。
だが心配するに及ばず九州の南側に反れた。

佐賀は風は結構吹いたが心配を抱くまではなかった。
それでも道路の上には可也な屑が散乱してた。

反れて影響が薄くなったとは言えやはり台風。
農作物への懸念は残ってる。

特に果物はどうだったろうか、等と。
柿とかは収穫前の風だから影響ない訳がない。

取敢えずは目視してみたが問題ない様な・・・。
それと栗が問題だった。

こちらは実そのものは心配ないのだが風で落果する。
多くの栗の実がわんさかそこらじゅうに落ちるのだから。

そうすればイノの奴の餌食となってむさぼり食われてしまう。
大打撃に繋がりかねないのだ。

でもって朝早くから畑に出掛け栗拾いを。
予想通りだった。

栗の木の下にはあっちにもこっちにも実が散乱してる。
中には既にイノが食い荒らしたものもある。

但しあまりにも多かったからか全部食い尽されてはない。
自分の食う分だけ食べると退散してるようだ。

早速作業に取りかかる。
拾った栗は通常買物袋に入れるにだが今回は肥料袋を用意。

とても間に合いそうにないとの判断から。
そうしてて良かったと思った。

兎に角その数は半端ない。
あれよあれよと実だらけになってしまった。

これだけあれば流石のイノも・・・・。
そう思った也。

一通り終わって帰ろうとするとまた吹き返しの強風が。
すると幾つかの実がまた落下してくる。

そのままにしておく事も出来ずまた拾いに。
またイノの奴の餌食になってしまう可能性があったから。

そんなこんなで時間が知らぬ間に過ぎてた。
気付けば1時間半を作業に費やしたことになる。

風は止んだがまだ雨は降り続いていた。
兎に角帰りを急ぐ。

気温がそう上がってなく低体温が心配だったから。
ラジオを聞くと台風は既に九州を抜けたと話してた。

取り敢えずは一安心したのでR。

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●戦没者慰霊祭!

2016年09月20日 10時02分59秒 | ひとり言
『キースのウコン情報』はここをクリック

・トタン張りの家 鉛筆 画用紙

●戦没者慰霊祭!

昨日は田舎の戦没者慰霊祭があった。
毎年この時期に行われる秋祭に合わせて行われてる。

地区の神社の境内内に記念碑があってそこで。
もう71回を数える事になる。

その時は遺族代表者が並ばれるのだが毎年その数減ってる。
それはそうだろう子だってもう80歳を超える頃。

それだけ日本にとっての戦後は遠い昔になろうとしてる。
逆に言えばその間戦争をしてなく凄い事ではあるが。

式の最後に遺族代表者が挨拶される。
毎年同じ方が言葉を述べられるがその折りに記憶話をされる。

去年は父親が亡くなった硫黄島の玉砕の話。
そして今年は終戦後の田舎に何が起こったかを。

都会とは違い田舎の終戦は平穏な日々の中で迎えたに違いない。
終戦に合わせて空に飛行機が現れ何かをばら撒いた。

陽の光を浴びたその物体はきらきら銀色に輝いた。
宝物が降って来たと大騒ぎになり拾い上げてガッカりしたと。

それは宝物ではなく単なる紙きれであった。
そこには下手糞な文字の羅列だけがあったと。

内容は「日本は負けた。アメリカが勝った」。
そうとだけ記されていたと言う。

数日後に進駐軍が来て女性は何処かへ連れて行かれる。
そんな噂が流れ何処に逃げようかと話合ってる人もいたとか。

進駐軍はほんとにやって来てジープに4人乗っていた。
子供達を見付けると手招きして乾パン等をばら撒いたとも。

そんな体験談を語る人も年々減っている。
だから自分に話す機会があれば努めて話す様にしてると。

平和が一番、父親を早く亡くして惨めな思いが多かった。
決してそんな事にならない様にしなければ、その言葉で締められた。

世界に戦火が絶える事はない。
東アジアでは平和を脅かすニュースが連日流れる。

そんな中で毎年戦没者慰霊祭は行われてる。
式に出席する人は毎年減ってる様にも。

戦争の記憶はこうして少しずつ消えていくのか。
式がつつがなく進む中そんな事を考えていた。

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●黒糖のコッペパン!

2016年09月19日 08時19分16秒 | ひとり言
『キースのウコン情報』はここをクリック


●黒糖のコッペパン!

今、黒糖入りのコッペパンに嵌ってる。(-_-メ)
黒糖の独特の甘さにクリームが絡むともう駄目だ。

飯抜きで腹が減るとまず頭に浮かんで来るのがこのパン。
そう言う状況に追い込まれるのは佐賀市にいる時が多い。

だから買うのは決まってトライヤル三日月店。
家路につくとなるとそこが一番良いロケーション。

それにここのが一番安い様に思うからそれで。
一個79円だった様に記憶する。

他の店に比べるとだいたい20円位安い様だ。
安いの大歓迎、それでここで買うようにしてる。

黒糖入りコッペパンは2社から出てる。
ヤマザキとフジパンと。

どっちも総じて美味しい。
だけどどっちだと迫られれば、ヤマザキだろうか。

ヤマザキのコッペパン黒糖はパンにモチモチ感がある。
つい最近、歯に粘り着く様な感覚が何となく好きになった。

それまではフジパンの黒コッペファンだった。
店にヤマザキ製のがなかったから選択肢がそれしかなかった。

でもこちらも中々の味でサッパリ感で言うならこちらか。
黒糖の味を感じた後に追っかけて来るクリームの食感が良い。

ある日ヤマザキのがある事に気付き試しに購入。
勿論味比べをしようと思って。

するとヤマザキ製の側に軍配が上ってしまったって訳。
どちらでも良いのだけど今はヤマザキの方。

昨日も店に立ち寄ってコッペパン黒糖をチョイス。
健診があって前日夜から何も食べてなくって急にパンが食べたくなって。

パンコーナーに行くと真っ先にフジパンの黒コッペが目に入る。
こっちでも良いかと決して手を伸ばした。

それでも未練が手の触れたパン袋から離させる。
そしてパンコーナー全体を一度見渡す事に。

ヤマザキのコッペパン黒糖は死角になってる前方のカートの端に。
只ほんとにそれかは疑問。

カートを回り込んで字を見ると間違いなかった。
こうして僕のパン選びは終わりを告げたのでR。

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●道路でイノ・サルと遭遇!

2016年09月18日 07時56分49秒 | 百笑
『キースのウコン情報』はここをクリック

・トタン張りの家 鉛筆 画用紙

●道路でイノ・サルと遭遇!

昨日は突然の雨。
降り始めたと思ったら土砂降りに。

行こうか行くまいか迷った。
こんな日にまで農作業・・・。

でもだ、栗に群がるイノ・サルは凄い食欲。
今は丁度栗が熟して次々に落果してる。

それを狙ってやって来るのだ、奴らが。
そして武者ぶり食って虚しく殻だけを残す。

そうなる前に人間が採っておかないと大変な事に。
でもって雨にも関わらず出掛けたって訳で。

するとだ、途中でイノ親子に遭遇。
流石に車をもろともせず道路を横切る。

咄嗟に反射が働きハンドルを切ってしまう。
まさかウリ坊がいるとはつゆ知らず、も少しで轢くとこ。

直後に思ったが、逆に引いとけばよかったって思うが後の祭。
あの世に行けば畑荒しが一匹減る事になるのだから。

と思ってるうちに何かが車の直ぐ後ろを横切った。
姿が人間の様でもあり、だがこんな所をあのスピードで。

咄嗟にバックミラーで確認したが間違いないと思う、サルの奴に。
車を見て威嚇の為に姿を現したのでは。

直ぐに車は栗畑に到着。
来るまでにイノ・サル両方に・・・、嫌な予感が。

でもって息子のバッティング練習用のバットを持参。
威嚇の為だが向かってくればそれで応戦する為もある。

戦闘モードに高めないと相手に舐められてしまうから。
するとだ、結構大型のイノが目の前20mを横切る。

これは気を許せない、そう思ってバットを握りしめる。
そして先制攻撃ではないがガードレールを一叩き。

こっちの戦意を相手に伝えとかなければ。
兎にも角にもイノには不安モードを促す必要があると判断し。

栗拾い中も周りに気を配りながらの作業となる。
何時何時向かって来るとも限らない。

風が結構強かった所為か可也の数の実が落ちてる。
これを全部やられてたら酷い被害だ。

ほんと来てて良かったと思う也。
それも型の良い奴が次々と。

結局イノもサルも姿を現す事はなかった。
雨は最高に降り出し頭から足先までずぶ濡れ。

兎に角早いとこ車に戻り車内へ。
入った途端にフロントガラスが曇り始める。

大粒の雨粒と曇りのガラスのダブルで前が見えない。
少しそこで時間を潰すことに。

この雨の降り方なら直ぐ弱まる事は経験で分かってるしで。
予感は的中、エアコンを回しデフにして最高回転。

見る見る曇りは無くなり出発。
流石に帰りはイノにもサルにも出会う事はなかった。

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キースのひとり言●厳木ダム!

2016年09月17日 08時39分10秒 | ひとり言
『キースのウコン情報』はここをクリック

・ライトアップイされていたkトタン張りの家 鉛筆 画用紙

●厳木ダム!
僕の住む唐津市厳木には人工ダムがある。
佐賀の代表的な山、天山の麓の近くに。

もう完成して何十年経つだろうか。
チョッくら調べてみると昭和62年とある。

完成の記憶がほとんどないのは何故だろう。
丁度前いた会社で佐賀転勤してきた年と重なる。

工事中だったら工事車両何かと鉢合わせも考えられる。
それもないし、恩恵もないしで関心なかったのかも。

事業してた頃の知人で行商のお客さんが佐賀にいる。
未だ会社員の頃勤めてた建設会社がこのダム工事をしてたと聞いた。

それは凄い工事機械が現場を右往左往してたらしい。
それを操作するオペレーターや作業員がうんさか働いてた。

それまで人口7千人だった町が急に活気付いた。
田舎で見た事なかったスナックと言う飲み屋さんができた。

労働者をターゲットにしての思い立ちだったに違いない。
それまで田舎でスナックとか見た事ないからその派手さに心が引けた。

後で聞いた話だがウコン作ってた農家さんが結構業績上げたとか。
懐具合の良くなった工事関係者が酒酔い対策に呑んでたのだろう。

兎に角色んな形でダム工事は我が町を潤わせたのだろう。
それに天川地区までの道も立派になり昔の記憶は今は無くなった。

ダム完成後には様々なイベントも始まったし施設も併設された。
花火大会は一時期ダムで開催され、ダム下流ではあゆまつりが。

上流にはキャンプ場や野球場が、ダム湖には遊園地も。
夏にはコンクリート堤壁に夜にライトアップされた時期があった。

それは幻想的で記憶に残る光景だった。
会社から帰る時の列車から眺める事が出来た。

その姿に僕は酔い痴れたし、ある種の誇りも抱いた。
それも今は無くなり汚れかけたコンクリートが寂しく存在してる。

花火大会は違う場所に変わりあゆまつりもなくなった。
キャンプ場が賑やかな話は聞かないし野球場は雑草が目立つ。

今は昔、寿命に向かってるって感じで痛々しささえ感じる。
色んな意味で町の姿を変えた厳木ダムの明日は如何に。

今日はここまで!明日も覗いてね<(_ _)>

■他のもどき集

・やっさんと直ちゃん⇒「ここをクリック

・妖精⇒「ここをクリック

・口之津にて⇒「ここをクリック

・哀話⇒「ここをクリック

・大将⇒「ここをクリック

『キースのウコン情報』はここをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓
「いいね」もよろしくお願いしまぁーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加