箕面から世界へ Have a nice day!

ネット上の英字新聞から、気になった記事を取り上げています。
英文とともに、私の感想も発信、英語学習の道楽日記です。

アマゾンの流れ クロネコが支配

2017-03-13 | 気になるニュース
ヤマト運輸が値上げを決めた、この秋からも27年ぶりに。
金額は決まってはいないが、最大手の値上げは他の輸送会社はもちろんん、他のアマゾンなど
インターネット物販企業にも影響を与えそう。
ヤマトの開発した輸送の「ノウハウ」は、世界でも注目される「輸送革命」とも言われるが、その反面、高度な効率性が配送労働者に「負担」とも、と言われてきた。
また、最近の労働労働力不足や留守宅への再配送の負担が、今回の「値上げ」を引き起こしている。
・・・・・ちなみに、ヤマトは、アマゾンの年間2億5千万個を含む約17億3千万個超える輸送をし、2位の佐川急便も約12億個の輸送をしている(2015年)。
宅配業界はヤマトと佐川で79%のシャアを有する寡占状態。
・・・・その昔、ヤマトの創業者・小倉昌男氏は、NHKの番組で「郵便をヤマトに任せてくれるなら、ハガキ(当時50円だったが)は全国50銭で請け負う」、と言っていた。





Amazon-driven online shopping boom forces Yamato to hike rates
Package delivery fees for non-corporate clients to rise for first time since 1990
Yamato Transport plans to raise its shipping rates across the board for the first time in 27 years apart from tax adjustments, the head of the Japanese logistics giant told The Nikkei.

The rate bump -- the exact figure was not given -- will be implemented by the end of September. Yamato Transport is discussing higher rates with Amazon Japan and other large-volume clients.

Yamato Holdings' main unit is also inviting parcel senders to work together to reduce redeliveries, which are currently offered for free. "If we are unable to receive [the clients'] cooperation, we will be forced to reflect that in the pricing system," said Yutaka Nagao, president of Yamato Transport, hinting at the possibility of redelivery fees being introduced.
(Nikkei /3/7)


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サウジアラビア国王ら 1000... | トップ | 建設現場の主役 老人とロボット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

気になるニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。