箕面から世界へ Have a nice day!

ネット上の英字新聞から、気になった記事を取り上げています。
英文とともに、私の感想も発信、英語学習の道楽日記です。

‟特区指定"は 「とっくに」決定済み

2017-05-26 | 気になるニュース
・・・「お友達はたくさんいたほうが良い」は、幼稚園で学んだ。
土地取得という事業を始めるのに最大の難題がいとも簡単に解決。
安倍首相の友人の「持ち物」の学校法人の大学学部新設が、首相じきじきの指示で「(決定会議の前に)事前に決まっていた」との「疑惑」が再燃。
森友学園で、「降参」しない官邸に、役人の反乱で明るみに。
官邸の「文書の存在は確認できなかった」が、当時の所管トップ(文部次官)が「現に存在していた」と証言。
「(半日ほどの調査では)文書に残っていなかった(パソコンは調べていない)」、「記憶がない」「記録は残していない」がまかり通るのが民主主義?

・・・・ここ箕面市は、国立循環器病センターが隣接市にあり、その移転建て替えの用地提供などで、国に「(市内にと)立候補」をしていたが、国の役人は「すでに(箕面市外に)移転地は決まっていますから」と、決定会議が始るか始まらないかのうちに「釈明」に来たという。

・・・・・別件だが、私も仕事で、某国立大学の移転跡地の利用に「奔走」したことがる。いくつかの国立の施設誘致が候補にあがり、国に問い合わせたが、「すでに移転地は予定しています」との回答だった。

・・・それにしても、こうした施設、県や市が<大学という教育施設を作るから>無償で土地提供し、何十年か後には、今度は、国からウヤウヤシク買い取らせてもらうのだろうな、、、本来の教育施設でなくなったとしても、、、。








Ex-bureaucrat: Ministry obeyed the ‘intent of prime minister’

A former top bureaucrat at the education ministry said officials caved in to political pressure expressed in documents to approve a project of a long-time friend of Prime Minister Shinzo Abe.

Kihei Maekawa, 62, former administrative vice education minister, told The Asahi Shimbun on May 23 that ministry officials cut corners to accelerate the approval process for Kake Educational Institution’s plan to start a veterinary medicine faculty because they felt it was “the intent of the prime minister.”



In January this year, the government gave its approval for the establishment of a new veterinary medicine faculty in a National Strategic Special Zone in Imabari, Ehime Prefecture, as a special case.
(Asahi Shimbun : 5/25)
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認知症者に 急がれる介護の充実 | トップ | ゴルフ人口減少 苦悩のクラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

気になるニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。