箕面から世界へ Have a nice day!

ネット上の英字新聞から、気になった記事を取り上げています。
英文とともに、私の感想も発信、英語学習の道楽日記です。

生涯独身者に 前途なし?

2017-04-21 | 気になるニュース
「パラサイト・シングル」と呼ばれている若者の前途は多難?
これまで親に頼り(パエラサイト)きってい若者の未来はどうなる。
永年、頼りきっていた親が亡くなった後は?
35才から54才までの450万人にものぼるとされる「親と同居」の人たち(2016年現在)。
20年前から増加しつつあるこうした人たちの将来は?
こうした「中年層」、貯金や年金が十分でなければ、すでに危機にある社会保障制度にさらなる重荷を負わすことになる、と総務省の統計研修所が懸念を示す。

・・・・・・・‟人生100年時代”とまで言われ始め出してはいるが、パラサイト族に限らず、最後はやっぱりカネか、、、、あるいは、100年まで働ける才覚と健康つくりか、、ああ、、生きるのもタイヘン。







Life’s illusions catching up with Japan’s aging ‘parasite singles’

Their youth long gone, members of Japan's generation of "parasite singles" face a precarious future, wondering how to survive once the parents many depended on for years pass away.

Some 4.5 million Japanese aged between 35 and 54 were living with their parents in 2016, according to a researcher at the Statistical Research and Training Institute on a demographic phenomena that emerged two decades ago, when youthful singles made headlines for mooching off parents to lead carefree lives.

Now, without pensions or savings of their own, these middle-aged stay-at-homes threaten to place an extra burden on a social welfare system that is already creaking under pressure from Japan's aging population and shrinking workforce.
(Asahi Shimbun : 4/19)
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマート・シャツ 心臓を守る | トップ | 〝電池”電車 地方で活躍 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。