恭子先生の教室日誌

公文式本天沼教室・公文式竹の塚駅東口教室

  =考える子に 挑戦する子に=

口で言ってもわからない子は棒でぶって教えてあげる

2016-10-29 06:49:49 | 公文
夜 誰もいなくなった教室

教室が終わる8時ぎりぎりに 入ってきたしとちゃん(中学生)
すぐに帰ることができる時間を計算しての入室だとわかっているので、怒り心頭の恭子先生は・・
なんと残業宣言で一対一の勉強 お母さんが待ち合いにお見えになっていた。 もう8時半を過ぎている。
そして今後 入室してから1時間やる約束をする。
教室が終わる8時にきたら 先生は残業する 

なぜこんなにおそくなったのか 母親にいろいろ言い訳をする「お父さんのことを思いだしたから」
お父さんを思いだしたと言えば 人が同情すると思うのか 甘ったれんじゃない
恭子先生は怒る「お父さんと公文は関係ない」 こどものせこい言い訳が大嫌い。

夜 誰もいなくなった教室 冷めたお茶の残りを飲み干す。

傍らにあった棒(チラシを丸めた筒)を立てかけて 恭子先生はため息まじりの苦笑い

りゅうくんのあたまをぶつぼうと書いてある。
「口で言ってもわからない子はぼうでぶつて教えてあげる!」 口で注意するのは疲れたから
ぼうっとするたびに ポカリ あんまり効き目はない 教室中に笑いが 眠気覚ましにはなる。

お迎えにみえたお母さんに「この棒をさしあげましょうか。ぼうとしたらポカリとお使いください」
お母さん「ポカリなら うちにあります。おとうさんはテレビのリモコン わたしはハンガーです」
大笑いです。こどもも一緒に大笑い  まちがいなくなめられてるぞ。

子育ては 大変です。
少しでも手伝いたい恭子先生 ポカリ公文 水かけ公文 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3才 成長記念日 | トップ | 生活不活発病 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カエル勉強 (プリンセスの母)
2016-10-29 11:54:10
このお子さんのことを笑っては申し訳ないのですが、先生が前におっしゃった言葉を覚えています。
この棒の意味が良くわかるのです。

言いかたは若干ちがうかもしれませんが下記のような言葉です。
集中すれば何か良いことがあれば別だが、だれもわざわざ必要もないのに集中したりできない。だから ぼ~っとしたらちょっとだけ押してあげればいい。カエルの競争と同じ、ぴょんと飛んだらじっとしてるからまたお尻を触ればぴょーん。 触る ぴょーん 触る ぴょーん を繰りかえす。
カエルがぴょーんぴょーんと続けて飛ぶのは、逃げる時。
人間が休まないで続けてやるのもなにか訳があるとき。理由もないのに集中するわけがない。だからぴょんと頭をさわったり、きっかけを作る。
学力の大切さがわかると年になるまでのつなぎが カエル勉強
先生 我が家もそれからは怒らずにカエル勉強でやっています。
アイディア勝負 (ジュード バラ)
2016-10-30 20:58:52
私の家には、新聞紙を丸めた 「ごきぶりんぼう」 があります…



最近 一番のインパクトは、

恭子先生は、夜バッタをばりばり食べる

です。驚いて 凄く可笑しい。眠気、とびます‼︎

私の教室では、ズルした(お直しプリントを バッグに隠す)り、ダラダラしたりが 続くと 個人ファイルお預り、

私が、1枚ずつ生徒に渡します。
生徒は、後何枚あるのかわからず 不安でサッサと やります。
結果 いつもよりずっと早く終わります。

すぐには、信用は取り戻せない ことを教えるため 3回は お預りになります。

知恵比べ ですね。
常識のない生徒 (恭子)
2016-10-31 08:03:46
”信用はすぐには取り戻せない”
名言ですね。
これを11月体験学習のチラシの裏に書いて、教室に貼ることにします。
きっと生徒は「信用ってなあに」とくるでしょう。

おにいちゃんに『2階で自習しなさい』と言ったら 弟が心配そうに2階へ行きお兄ちゃん『自首した?』と聞く。

たくみ『お母さんが5時に帰ってきなさいって』
先生『そんなのは早すぎるから6時でもいいかって お母さんに電話してください』
たくみ『あっ 電話しなくても大丈夫です。』
怪しいので恭子先生がお母さんに電話すると 『5時なんて言っていません。何時でも結構です。』
先生『たくみ うそをついてごめんさないと正直に謝りなさい』
たくみは??『どうして掃除機にあやまるんですか』

常識のない生徒とのお付き合いはおかしいです。
携帯の充電器の線を切った人。 (愛媛のTですm(_ _)m)
2016-11-02 00:26:39
教室のガラ携帯を充電しに行った時。充電器の線をが、無残に切られていました。あっけにとられて、悲しみが私を襲いました。
これは、内密にしない。きちんと責任を明確にする。と、私の中で筋が通りました。
生徒全員に伺いました。
みんな「あっ!」と、驚くのです。
最後のひとりに、伺いました。
驚きません。
「わたし、それを切った人なんかみてないわ。」
わたしの心臓が「バクバクして」どうにかなってしまいそうでした。
「お母さまに正直にいいましょう。」
わたしは、その子の教室の出入りをお断りしようと思っています。
そのなかで、わたしのなかで、リフレインします。
「こどもは、わるくない。」
「こどもは、わるくない。」
どなたか、わたしに一筋の光をお導きいただけませんでしょうかm(_ _)m
子どもの屈託とのお付き合い (恭子)
2016-11-02 13:04:08
愛媛のT先生

私が ご返事してしまうと終わりになってしまいそうですので待っていたい気持ちがありましたがきっとお急ぎなんですよね。

教室内でのいたずらは、その子がなにを考えているのかわからない場合がほとんどです。
その日学校で理不尽に怒られて、気持ちがすさんでいたこともある。
友だちからいじめにあっている場合もある。
公文の教室に対しての悪意ではない場合もあるのです。

昨今の大人の事件でさえむしゃくしゃしたからやった。相手は誰でもよかった。死にたかったから火をつけた。
被害者も家族もたまったもんじゃない。それなら一人で勝手に迷惑かけないところで死んでくれればいいのに・・・と思う。
まして 子どもですから、本人も理由がわからないことが多いのです、
それに大したことではないと思っているかもしれません。
帰りに友達の靴を近所の庭に放りなげたりするのと同じ。

先生が当たり前の常識のある判断で(充電器の線が切ったものだあることを知っていることだけで)その子だと決めつけると親から逆に抗議されるかもしれません。

前 本天沼教室で 生徒が近所の家にピンポンダッシュをしたことがあります。
私は教室だよりに書きました。
「その家の玄関のカメラに映っているのでだれだかは解っていますが、小林は自分から謝りに来てほしいので待っています。子どもたちにとってはいたづらかもしれませんが、ピンポンダッシュは、どろぼうが家が留守かどうかを確かめるための犯罪のこともあり警察に逮捕されます」

その子は謝りに来ました。
その家には生徒が謝りに来たことを伝え私の一存で名前を言わないことをお詫びしました。
親に言わないでほしいというので、これから一生内緒にしなければならないことはしないと約束して 親にも誰にも言いませんでした。

「先生すぐに忘れちゃうからあんたは忘れないでよ」といったら嬉しそうでした。
子ども相手の仕事をしている人間は子どもの屈託ともお付き合いしなければならないから大変です。
あれから良い子です。(今は まだ良い子です(笑)
怒りの表し方 (恭子)
2016-11-03 09:15:24
愛媛の先生
私のコメントでは先生の筋がおさまりません。
他の先生たちに代わってコメントします。
私が黙ってさえいれば 下のような意見がでたはずです。

怒りは相手の不正に対する自然な気持ちです。
先生の思い通りになさると良いと思います。。
それも生徒にとっては大きな経験です。

基本的に私は生徒に対して大きな怒りの感情は持てないだけです。
私の大きな怒りは会社の上層部に対してですから。(かげろう発言です)
こどもは 現金もの (ジュード バラ)
2016-11-03 09:41:48
T先生 悲しみは 少し和らぎましたか。
先生は、純粋な心をお持ちなのですね。

恭子先生の長年の 経験が、私たちに 思わぬアドバイスを くださいます。

私の教室では 机前の壁に いたずら書きがありました。
「いたずら書きしたら 壁紙代 5万3千円 払ってもらいます」 と貼り紙してから いたずら書きは なくなりました。

あるスタッフの、ストップウォッチが 何度もなくなりました。
「私のストップウォッチを○○先生に貸します、私にはストップウォッチがないので 口で数えます。」

以後 なくなったことは ありません。

シンプルに、具体的に が効果的かもしれません。

T先生、悲しいお気持ちだけ 教室便りに書かれてはいかがでしょうか。
恭子先生も、私たち公文式指導者も 先生を応援しています。

コメントを投稿

公文」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。