恭子先生の教室日誌

公文式本天沼教室・公文式竹の塚駅東口教室

  =考える子に 挑戦する子に=

深大寺で数珠を買ったよ

2017-04-23 11:45:06 | 公文
散る桜残る桜も散る桜

残る桜も少なくなった深大寺へお花見に行きました。

濁った池の中には黒い太った大きな鯉がゆっくり泳いでいます。
この濁りこそ豊穣 きれいな透き通る水面より きれい。

池の上の店で、深大寺そばをいただく。


ここへ来たもう一つの目的は 数珠を買うこと。先日友人のお葬式へ行ったとき落としたから。

お数珠は 本堂の前のお土産屋で 買った。
めだたない普通のお数珠を「これください」と言って「おみくじ」と一緒に買った。
専門店のように「宗派は?」などと聞かれたり説明されたりしないで買いたかった。
信心はないけれど、素手でお参りすると嫌がる人への配慮だから持っているだけでいい。]

ちょっとした老夫婦の会話
「深大寺で数珠を買うのに宗派は?なんて聞くバカがどこにいる?」
「だから深大寺で買うんです」
「コンビニでも売っているよ」
「コンビニでは ありがたみがない」

帰りの道 ベンチにお茶がおいてある、お向かいのお団子屋さんが用意したものだが
お団子を買わない人たちも 座って休んでお茶していた。


深大寺はいいところです。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペナルテイは休会3か月 | トップ | 見通しグラフをお渡しする個... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人格を身につける (中野)
2017-04-24 12:31:27
「これください」とおみくじと一緒に数珠を買う。
信心はないけれど 素手でお参りすると、嫌がる人のために準備する。

でもコンビニで買うのはだめ 多分あまりにも安っぽいのは、失礼に当たる(ありがたみがない)

この不思議なバランスが恭子先生の人格だと思います。

人格とは教わって作れるものではないし、考えを真似して自分のものにするしかないと思います。
深大寺に 行こう (ジュード バラ)
2017-04-25 09:25:08
今週末、雨降りでなければ。

お蕎麦を食べ、お数珠を買い お団子をお土産に…

頭の中に、恭子先生とおとうさんが 歴史が 昔の人々が どんどん広がり、ボ〜ッとしています…

教室日です。
ほんわかと 想像に浸っていては、 だめですね。

週末 晴れか曇りになりますように。
深大寺に 行きました。 (ジュード バラ)
2017-05-07 08:41:09
数日延びただけなのに やっと行くことができました。[東京地方 雷雨予報]

5月3日 深大寺は 爽やかで、落ち着き とても気持ちが良かったです。
お数珠を買い お蕎麦をいただき(1時間列びました) 蕎麦饅頭をお土産に買いました。

恭子先生の おすすめは 確かですよ!
確か、といえば 恭子先生のこのブログの 何処かで見ました 公文式国語学習、 思い出しながら 教室便りに 書きました。

恭子先生は ブログを通して、私たち指導者にも それとなくアドバイス、ヒントを くださっていますね と、許可もなく 真似をしています 深く納得するからです。
ブログの広がりが人をつなぐ (恭子)
2017-05-08 12:55:06
ジュードバラさん
実はまっすぐ先生のブログで、先生が(唐突に)深大寺に行きますって書かれたのを読んで大笑いしていたのです。
なんでここに書いてあるんだああ~~ってね。
訳があるなんてだれもきがつないだろうおおお~~てね。

昨日は認定テスト試験日 連休もあけ今日からまた うれしい採点の山。

公文式国語学習の記事 探す時間がないからまた今度。 


国語 (ジュード バラ)
2017-05-09 09:16:57
恭子先生のブログの お陰で、
日本列島 北から南まで、

「深大寺」といえば、「深大寺?」ではなく 「あぁ 深大寺‼︎」 です。!


遡り、どこかで読みました、

”1人ひとりが経験できることは、限られている 自分の経験だけでは 考える力は、広がらない 読書を通し、何百倍の経験を知ることが出来る。
公文式国語は、読書の偏ったジャンルを補い、……”

この部分に、深く感動したのです。
記憶ですので、少し異なっているでしょう。

コメントを投稿

公文」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。