恭子先生の教室日誌

公文式本天沼教室・公文式竹の塚駅東口教室

  =考える子に 挑戦する子に=

生活不活発病

2016-11-02 11:28:05 | 日記
今朝のテレビ(あさイチ) 
生活不活発病? 

お料理が大好きで これまで手の込んだ料理をしていたおばあさまの料理がどんどん手抜きになる。
正月などの大勢の来客にも全部自慢の手料理を出しては楽しそうだったのに・・・・・
その時の美しい食器は 食器棚に並んだままもう使われることもない。
息子家族が 訪ねた日はお料理屋の豪華なお弁当が取り寄せられていた。

冷蔵庫に野菜のストックが減り冷凍食品がいっぱいになる。
放置すると あるけなくなりやがて 寝たきりになるとのこと。

介護の専門家は この家庭を訪問しなにをしたのだろうか・・・
食器棚の食器の美しさをほめたのだ。

するとおばあさまは 小鉢を取りだして 
「青じそと生姜を刻んでこれにいれて温かいご飯にかけていただくと美味しいのよ」と話しだしたのだ。

孫の運動会に誘ったら、一人でバスに乗ってやってきた、運動会の保護者の出し物に参加した。

恭子の結論
お料理が手抜きになるかならないかは、食べさせたい人がいるかどうかが別れ道。
私がお料理を手抜きしないのは 体に入るばい菌と闘っている体中の細胞たちに栄養を送りこんでいると思うので気合がちがうのです。
健康は 薬で守るのではなく 栄養で作るもの・・だから死ぬまで料理は手抜きしないでしょう。

くじらの刺身と竜田揚げ

ぜいたく品ですから もう年に一回ぐらいです。 年に一回は他にもある 私の誕生日の琵琶湖の鮒ずし。 



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 口で言ってもわからない子は... | トップ | 認定テスト受験日の子どもたち »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おちょこが欠けてます (ファンクラブ)
2016-11-03 14:11:04
先生
お酒のおちょこが欠けています。
おとうさんが食器を洗うからですね。
くちびるが切れてからでは遅いので、使わない方が取りかえた方がよいと思います。
食器が欠けても気にしない (恭子)
2016-11-07 08:59:05
するどいですね。
実は おちょこの口は三か所欠けているのです。
多分 お父さんの食器洗いのせいです。
他にも欠けたり洗い残しがあったりします。
一生懸命やっているのですが不器用なんだと思います。
欠けても洗い残しがあってもあり難いのです。
夜遅くかえってきてシンク内が片付いているとすぐに料理に取り掛かれるから。
食器洗い乾燥機 (恭子)
2016-11-07 09:53:09
食器洗い乾燥機を買ってみようかな
今 使っているのも 実は食器洗い乾燥機だったんです。公文のなんかの表彰部門の副賞のカタログから選んだものです。
もう10年以上壊れてからも使っている代物です。
壊れても欠けても捨てずに使うのはめんどくさがり屋(認知症の始まり)のせいです。
有り難いという心 (ファンクラブ)
2016-11-09 10:57:51
茶碗が欠けても洗ってあることが有り難いという先生の心に感動しました。
一生懸命やっているのですが不器用なんだと思うとおっしゃる思いやり。

欠けても捨てないのは ご自分のめんどくさがり屋のせいになさるところにも感動しました。

自分の思い通りにいかない家族の行動に つい いらいらしたりしていましたが、ありがたいところを探すことにしてみます。
欠けたお茶碗一つから こんなにも深いお話が伺えて感謝します。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。