京平のブログ

趣味やその日の出来事など、他にも色々です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

知っておくべきワイン用語の「グランバン」

2011-08-05 11:48:31 | 日記
ワインには様々な用語があります。
その用語の大概がフランス語から由来しているようです。
グランバン」という言葉もその一つです。

グランバンはフランス語で
「Grand Vin」という綴りで書きます。
大まかな意味としては、「偉大なワイン」という意味なのですが、
ワイン用語としての「グランバン」は少々違う意味を持つようです。
主な使われ方としては「誰もが認める偉大な銘醸ワイン」、
つまり高級ワインという意味の名ですが、「高価」で「長期熟成」に耐え、
「名前」が知れ渡っているという条件が満ちていれば「グランバン」と呼べます。
市場に出回っているボルドーワインには
グランバン(Grand Vin)」という文字が刻まれているようですが、
多くの消費者は「偉大なワイン」とそんなに思っていないようです。

当然、「グランバン」は他のワインと同じように
値段もピンからキリまであります。
数万円で買えるもの(私にとっては十分に高価ですが)から
数十万円、中には数百万円するものもあります。
グランバン」は“たかがワイン”
馬鹿にできるレベルではなさそうです。

そのグランバンの中でも特に有名なのは
「シャトー・マルゴー」と呼ばれるワイン。
皆さんも名前ぐらいは何処かで聞いたことがあると思います。
このシャトー・マルゴーは高いものになると五十万円以上、
更にプレミアが付くと百万円以上する代物もあるそうです。
さすがは“ワインの女王”と異名を取るだけはあります。

グランバン」一つを取っても、人によって意味の捉え方は違うようですね。

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 是非飲んでみたいグランバン「シ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。