俳女モニカの俳句日和

十七文字のあそび、そして日々のいろいろ

白灯賞

2017年04月20日 | 俳句
響焔俳句会には響焔三賞というものがあります

そのうちのひとつは会員対象に贈られる「白灯賞」です

今年は異例の2名受賞となり

笹尾京子さんと私が頂きました



響焔誌4月号に受賞作品が掲載されていますが

HPの方には特に触れておりませんので

広く響焔の活動と作品を知っていただきたく

こちらのブログで紹介させていただきます




「最後の風」    笹尾京子

橋渡る今年最後の秋の風

お互いを見て見ないふり菊人形

いさましく鰹節かく年の暮

お気に入り一つ身につけお元日

さびしさの白集まって梅の花

散るときもまた無口なり白いばら

ただ一つ男に似合う花しょうぶ

突然に太鼓たたかれ盆おどり

遠くから見てほしいのとさるすべり

藍の花おのれの色をまだ知らず




「発想のユニークさと、そのあとの展開の意外さが独特で、既に高いレベルの俳諧性を示している。

対象を正面からでなく、すこし斜めから見て、ずばりと本質を捉えるようなその俳句は

まさにおとなの俳句と云えよう」



主宰も云っていますが

対象をすこし斜めから見る詩人の目を持つ京子さん

そこがド正面から見ている私とは決定的に違うところです

うむむ、そう来たか~、上手いな~

と、毎月の投句をみて唸る楽しみを与えてくれる京子俳句

天才なのだと思います

合同句会ではいつも主宰の特選をさらって行かれます

私もいつも惹かれていただいています

先日の新樹会ではお隣の席でした

少しお話させていただき、根っこの方で私との共通点がある事がわかり

近く感じて嬉しくなりました

それが何かはふたりの秘密です・・・ふふ


私は京子俳句のファンであります




そんな笹尾京子さんと肩を並べて受賞なんてなんという光栄



「子犬とピアノ」

青空はコスモスのため明日のため

蓑虫の憂鬱こんなに広い空

冬の朝大きな椅子にまず沈む

ローランサンの子犬とピアノ初御空

自由とは風か小鳥か三月か

夜の首都高疾走すれば熱帯魚

六月はA5出口を出て左

自販機の吐き出している夜の闇

暑中お見舞い東京に空ありて

おしなべて無口東京も八月も




「最初から従来の俳句に捕らわれぬ自由な発想が光っていたが、積極的に句会に顔を出すようになって、

発想、表現ともにますます自在かつ豊になり、毎回白灯集に新風を吹き込んできた」



発想に頼っているところがある私・・・

そろそろ枯渇するのではないかと、ひやひやしています

そこだけではこれからは通じないと思われます

頑張ります




いかがですか?

響焔の俳句のある一面をご紹介しました

「色々な花の花束」の響焔です

来年で60周年です

凄いでしょ?












『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海紅句会・4月 | トップ | 千葉新人句会・4月 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
主宰の言葉 (紫紺ネット)
2017-04-21 08:07:24
いつもみてますよ~
主宰の言葉をたのしみに・・・・・
又 それを紹介する文章力を参考にさせて頂きます。
それにしても皆さん ベテランですね。
衝撃を受けました (正丸)
2017-04-21 21:29:57
退職後インドア的な趣味もと始めた俳句、行き詰まりを感じていました。
対象を正面からでなく、すこし斜めから見て、本質を捉える表現、できるかわかりませんがやってみます。
Unknown (甘ん)
2017-04-22 11:22:00
先日より、俳誌や貴句会の様子を拝見させていただいています。

当方は広島県が中心の、俳誌『夕凪』の会員として まだ2年の老人です。

モニカさんの御句や同人の方の句に刺激を受けますし、「主宰のお言葉」に大いに反省しながら、これからも拝読と応援もさせていただきに参りますね。

Re:主宰の言葉 (モニカ)
2017-04-22 15:10:09
いつもありがとうございます!

白灯賞は新人対象のものなので、全然ベテランではないんですよ。
ベテランの方の句もこれから少しずつご紹介させて頂きますね。

主宰の言葉、句会でそれぞれの句に対して言われたものを箇条書きにしているので、なかなか伝わり難いところもあると思います。
ご参考までに…
Re:衝撃を受けました (kyouen01)
2017-04-22 15:14:25
正丸さん、いつもありがとうございます。

対象を斜めから見る…難しいですよね。
でも出来たらぐっと俳句がいいものになりますよね。広がりも出るし、面白みもあるし…
私も頑張ってみます。
Re:Unknown (kyouen01)
2017-04-22 15:17:54
コメントありがとうございます!

響焔誌にはあちらこちらに主宰の言葉が散りばめられております。
それを毎月拾い読みするだけで、他の手引書はいらないと思っています。
句会では生の言葉を聞けますし…
恵めれた環境に見を置いているようです。
俳句よ、おまへもか! (悠)
2017-04-26 02:13:31
いまや俳句は、暇と不満と体力のかたまりである、熟女軍団に席巻された感がありますね!? 嗚呼…(泣)


京子さんの句は認識論。
モニカさんの句は感覚派。

どちらも素晴らしい俳女で美女で艶女!
…と思います。


どちらかと言えば、モニカさんの句に〈絵〉が見える分、僕には好ましいかな。


Re:俳句よ、おまへもか! (kyouen01)
2017-04-26 07:24:30
確かに… 
不満に関してはともかく(笑)、時間がないと続けるのが難しいかもしれませんね。
あと、俳句に対する「古い」というイメージもあるのだと思います。
本当は20〜40代の男性がもっと興味を持ってくれたら嬉しいのですけど…

私も絵が浮かぶ句が好きです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。