俳女モニカの俳句日和

十七文字のあそび、そして日々のいろいろ

白灯賞

2017年04月20日 | 俳句
響焔俳句会には響焔三賞というものがあります

そのうちのひとつは会員対象に贈られる「白灯賞」です

今年は異例の2名受賞となり

笹尾京子さんと私が頂きました



響焔誌4月号に受賞作品が掲載されていますが

HPの方には特に触れておりませんので

広く響焔の活動と作品を知っていただきたく

こちらのブログで紹介させていただきます




「最後の風」    笹尾京子

橋渡る今年最後の秋の風

お互いを見て見ないふり菊人形

いさましく鰹節かく年の暮

お気に入り一つ身につけお元日

さびしさの白集まって梅の花

散るときもまた無口なり白いばら

ただ一つ男に似合う花しょうぶ

突然に太鼓たたかれ盆おどり

遠くから見てほしいのとさるすべり

藍の花おのれの色をまだ知らず




「発想のユニークさと、そのあとの展開の意外さが独特で、既に高いレベルの俳諧性を示している。

対象を正面からでなく、すこし斜めから見て、ずばりと本質を捉えるようなその俳句は

まさにおとなの俳句と云えよう」



主宰も云っていますが

対象をすこし斜めから見る詩人の目を持つ京子さん

そこがド正面から見ている私とは決定的に違うところです

うむむ、そう来たか~、上手いな~

と、毎月の投句をみて唸る楽しみを与えてくれる京子俳句

天才なのだと思います

合同句会ではいつも主宰の特選をさらって行かれます

私もいつも惹かれていただいています

先日の新樹会ではお隣の席でした

少しお話させていただき、根っこの方で私との共通点がある事がわかり

近く感じて嬉しくなりました

それが何かはふたりの秘密です・・・ふふ


私は京子俳句のファンであります




そんな笹尾京子さんと肩を並べて受賞なんてなんという光栄



「子犬とピアノ」

青空はコスモスのため明日のため

蓑虫の憂鬱こんなに広い空

冬の朝大きな椅子にまず沈む

ローランサンの子犬とピアノ初御空

自由とは風か小鳥か三月か

夜の首都高疾走すれば熱帯魚

六月はA5出口を出て左

自販機の吐き出している夜の闇

暑中お見舞い東京に空ありて

おしなべて無口東京も八月も




「最初から従来の俳句に捕らわれぬ自由な発想が光っていたが、積極的に句会に顔を出すようになって、

発想、表現ともにますます自在かつ豊になり、毎回白灯集に新風を吹き込んできた」



発想に頼っているところがある私・・・

そろそろ枯渇するのではないかと、ひやひやしています

そこだけではこれからは通じないと思われます

頑張ります




いかがですか?

響焔の俳句のある一面をご紹介しました

「色々な花の花束」の響焔です

来年で60周年です

凄いでしょ?












コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

海紅句会・4月

2017年04月16日 | 俳句
海紅句会は毎月第一金曜日です

今日はもう月半ば

すみません

すっかりご報告が遅れてしまいました・・・




今月の席代は「川」

色々な川が出ました

花見川(千葉市に流れています)・浅野川・隅田川・大川

桜の季節なので、やはり隅田川や大川がまず思い浮かびますね



では主宰の選からご紹介します

並選を11句、頂きました



整然と角川文庫亀の鳴く      正隆

(「亀が鳴く」と添削)


輪郭は空に溶け出す夕桜      モニカ

(「溶け出し」と添削)


つつがなく墨田の桜隅田川     妙子


大川に長谷川平蔵花の冷え     モニカ


宿坊は昭和の匂い春炬燵      典子


花冷えの街遮断機がふえている  妙子

(「降りている」などがいいのではないか?)


梅の花どこか寂しく犬の顔     正隆


花辛夷ふと青春がかけよりぬ    直子


留学生楊の憂うつ街薄暑      モニカ


高野切臨書背臨目借時       敦子


花しぐれあの微笑みはのこされて  妙子

(「あの」を「かの」に)



私は1句目の正隆さんの

整然と角川文庫亀の鳴く

を、特選で頂きました

席題の「川」で数分で作られたのでしょうけれど

よくもまあ「角川文庫」なんて素敵な固有名詞が出てきたと、まずそこに感動

そこに実態がよくわからない俳句だけしか使われない「亀鳴く」という季語

文学の匂いプンプン

清記用紙が回ってきてこの句を読んだ時

「うわっ!すごい」と

小さく叫びました



主宰の言葉より

・一点に絞って言って、結果として広がるように

・思ったことを全部言わない。ちょっと手前で止める。そうすると余韻がうまれる

・真ん中の「や」切れは相当強く響くからあまりよくない。昔の句には沢山あるが・・・

・形は出来ているが、インパクトが欲しい

・「や」切れははっきりと切れていいが、形がやや古臭くなる

・固有名詞を使う時は、それがないとダメだという時のみ

・誰にでもわかる句は作るな

・俳句は意味をどんどん消す

・ドラマにしない

・現実に目の前にあることだけを言う

・季語の説明にならないように

・俳句は短いから難しい。短いから面白い



海紅句会の翌日は

響焔の春の合同吟行会「新樹会」でした

今年は葛飾・柴又に

生憎の花の雨で、もう寒くて寒くて・・・

頭の中の6割は「寒い」

3割は「熱燗で鰻を食べたい」

残り1割「出句どうしよう・・・挨拶どうしよう・・・」

新樹会のご報告はまた・・・




読者さまへ

せっかくコメントをいただきながら

いつも返信が遅くなり本当に申し訳ありません

必ずお返事いたしますのでこれからもよろしくお願いします

コメント、いつも嬉しく、励みになっております

ありがとうございます







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千葉新人句会・3月

2017年03月26日 | 俳句
今月から私も、新人句会を東京から千葉に移しました

会場は船橋勤労市民センター

船橋の駅から会場までの道には

色々なお店(食べ物屋)が並び

句会後の語らい・・・有り体に言うと飲み会には事欠かない場所

私はまだ息子が中学生で夜の参加は難しいのですが

早く!一日も早く!大人になってもらって

句会後の語らいに出来るだけ早く!参加したいと思っています

(女子的には、シャンソンが流れるガレットのお店でランチもいいかも

リアル句会にはそんな楽しみもあるのですよ~~~




食べ物の話はこの辺にして

早速、主宰の特選句からご紹介します



花時のどこかさみしくメトロ線     洋子

(花時をさみしく感じているが、メトロ線にも少しかかっている)



触角のうごめいている春の昼      博臣

(「春の昼」の間合いが良い。好きな句)



傍らに孤独はありて春の霜       モニカ

(「~はありて」で「孤独」の強さを逃がしている)


※(  )内は主宰の講評



主宰の言葉より

・もろに自分の感情を言わない。思い入れを言わない。

・曖昧なことはハッキリ言う。はっきりした事は曖昧に。


・少しでいいから自分の発見、自分の言葉を入れる。

・普通の事を普通に言うが、言い方を変える。難しいことを言う事はない。

・形で切れているように作って、意味は切れていないのは一番困る。

・事柄から連想していいが、事柄を言わない。俳句は事柄を言うものではない。

・歴史的かなづかいにするなら間違わないように。どの句も全て徹底的に使う。

・俳句は日本語を離れたらできない。

・俳句はケースバイケース。結果が良ければいい。

・俳句は短いから余計なことは言わない。


赤文字の「曖昧なことはハッキリと」は

私の並選句

濡れ衣を着せられそうな春の月    モニカ

に対してでした

「着せられそうな」をハッキリと「着せられている」と添削



濡れ衣を着せられている春の月



うむ・・・

自分の発見を断定するのですね

うそを本当のようにすることによって詩情が生まれる

・・・って事でいいのかな?



読者さまにお知らせです

5月17日(水)に響焔の新人合同吟行会が深大寺で行われます

こちらは響焔未加入の方も参加可能ですので

「結社ってどんなかんじ?」

「いつもはネット句会だけど、リアル句会も体験してみたい」

「自分の句の評価が知りたい」

「モニカさんに会って是非プレゼントを渡したい!」

などなど

普段思っていらっしゃる方

この機会に是非如何ですか?

詳細はこちらのコメントからご連絡いただければお知らせします

また響焔のHPからでもどうぞ・・・









コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

響焔同人懇談会

2017年03月13日 | 俳句
同人になってはじめての

「響焔同人懇談会」に行って参りました

場所は森下の芭蕉記念館



初参加の私は

前日まで所謂話し合いだけかと思っていました



そんなに甘くはなかった・・・

午後からはしっかり句会もあったのです

とりあえず1句を前日に作り

あと1句は当日、森下の駅から芭蕉会館までの間に作りました

やれば出来るもんですね

しれっと主宰の並選を頂きました・・・えへへ




では主宰はじめ特別選者の方の特選句をご紹介しましょう


主宰特選

現在をすとんと抜けて鳥帰る     克子


和田浩一特選

音楽のように落日つくしんぼ     文子


石倉夏生特選

春景色笑ってばかりいられない    聰


栗原節子特選

春の雲ひつじが丘に鐘わたる     正隆


森村文子特選

目刺一連水ある他の星のこと     碩才


渡辺澄特選

突き抜けてしまえば無限蕗の薹
    京子


山口彩子特選

三月十日大川の呻く声        碩才


廣谷幸子特選

音楽のように落日つくしんぼ     文子


米田規子特選

三月さくら秒針が加速する      博子




私は

地下鉄を乗り継ぎ桜咲く前に     モニカ

で、主宰・栗原さん・渡辺さんの並選を頂きました




主宰、同人会長の和田浩一さんともに

「選句は大切。作句はその時の調子などがあるが選句はそういう事は関係ない。

自分の力以上のものはとれない。選句でその人の現在の力がわかる」

と、おっしゃっていました

句会が終わった時に

出句した自分の句の出来も勿論関係しますが

選句が良かった時は

それはそれで、また爽快な感じがあります





・・・と、ここまで書いて力尽きてきました

ミニ句集の話をしなくてはいけないのに・・・

また次回かしら

概要だけお知らせします


・響焔60周年記念事業のひとつです

・「ミニ句集シリーズ」

・文庫本サイズで100句。一人につき50部

・装丁などのデザインは同じですが、カバーの色は自由に選べます

・4人集まれば一人当たり約130000円。4人単位です。8人ならもう少しお安くなると思います

・同人・会員関係なく、広くお仲間を募ります

・本格的な句集にはまだ早いけれど、例えば10年目の記念とか、100句はありそうなので、とか
 軽めの句集を作りたいと思っている方対象です

・文庫本サイズなので、ご友人にも気楽にお渡しできますね



尚この金額は、現在響焔誌の印刷をお願いしているイシワタさんの見積もりです

もっと安くできるところがあれば、と思っています

心当たりのある方、いらっしゃいませんか?

「このブログを読んでくださっている方の中で

印刷屋さんはいらっしゃいませんか~?」

と機内のCAのようなアナウンスをしてみる






コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

海紅句会・3月

2017年03月10日 | 俳句
「海紅俳句サークル」は3月より「海紅句会」と名称が変わりました

中学校で例えるならば

同志会が部活に格上げされたような感覚でしょうか・・・

だから少し厳しくなるのかもしれませんね




今月の席代は「橋」

「橋」は普段から結構作っているような気がするのですが

いざ作ろうとするとこれが意外に難しい

いや~悩んだ悩んだ

ギブアップ寸前でしたがなんとか出しました

ボツでした・・・





今月は良い句が沢山あったということでした

主宰選を一気にご紹介します



三月は河津桜の下で待つ     妙子

(「桜の下」を「桜の橋」などに変える)


やわらかな光と罪と二月尽    なかじ

(「罪」がgood!特異性が出た)


一の橋二の橋風船追うてゆく   典子

(「追うてゆく」は間違い「追いてゆく」「追ってゆく」と添削)


春の午後万年筆と便箋と     正隆

(「万年筆」か「便箋」どちらかをはずす)


山峡の長い鉄橋山桜       瑩子

(「山桜」を「夕桜」などに変える)


十五夜の橋に凭れて人が澄む   カノン

(「橋に凭れて人が澄む」がいい)


新聞と雨と三月来る朝      モニカ

(「朝」だとまさに朝刊になってしまう)


ほうとゆく弥生の空の一ツ橋   妙子

(「空の」を再考)


弁慶の五条大橋なごり雪     正隆

(「なごり雪」が良い。上手い句)


利根川の橋のたもとの末黒かな  なかじ

(上手い句)


やさしさはてのひらくらいヒアシンス  妙子




主宰の言葉より

・俳句は一にも二にも具体性

動詞の終止形は連体形と同じ

・自然界は複雑だけど、そのまま言わず、それをまず単純化する

・俳句はまず単純化することが大事

・個人的な事を言っても伝わらない

・個人の思いを一般化する。自分だけの思いなら日記に書け



文法は苦手ですけど

感性とは違い勉強すれば得られる事ですからね

心掛け次第です

わかってます・・・もう一度勉強をし直します




先日

はじめての「同人会」に行って来ました

響焔は来年で60周年です

その記念行事についてが主な話題でした

私もちょろちょろ意見を出させてもらってます

で!

私がご提案申し上げた「ミニ句集」というものが

実現されそうなのです

それについては後日改めて・・・

お仲間を広く募ります


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加