俳女モニカの俳句日和

十七文字のあそび、そして日々のいろいろ

響焔新人合同吟行会~深大寺

2017年05月28日 | 俳句
5月17日、深大寺での新人合同吟行会に行って参りました



千葉からは遠かった・・・

ですが、新緑の深大寺はとても清々しく気持ちのいい吟行会でした

深大寺と聞いてまず思い浮かべるのが蕎麦!

もう、深大寺に到着した時から頭の中は「蕎麦!」でした




熱心な読者さまならもうお気付きかと思いますが・・・

わたくしの吟行の目的の半分は「食」

吟行の地でいかに美味しいものにありつくか・・・

プラス「酒」が付けば7割

家に帰ってからのお楽しみの甘いものの「お土産」

これでほぼ完ぺきでしょう




今回も付きました「酒」

深大寺ビールという地ビールをちょこっとだけ頂きましたよ

旨かった~

句を作らなくてもいいのならもっといただきかった・・・



手前の黒く丸いものは焼き椎茸です



あ~、これは写真を撮る前にとろろをご飯にかけて混ぜてしまったため

全然美味しそうに見えない~

本当は美味しかったのに~




おっと、食べ物の話ばかり・・・



門前の道



山門・・・主宰と栗原さんの後ろ姿



本堂・・・うっすらと主宰と栗原さん



一応、虚子の句碑もパチリ




この季節は新緑だけでなくバラ園のバラも楽しめました








さて、そろそろ写真でお茶を濁している場合ではなくなりました

いよいよ本題の句会の様子のご報告です

ここからが大変

頑張ります



今回は主宰の他に特別選者として

栗原節子さん、渡辺澄さん、米田規子さん、川嶋悦子さん、河村芳子さん、駒由美子さんが

お越し下さいました



主宰特選

アキレス腱すっくと伸びて夏来る      多恵子


しだれかつら鍵盤に指おくように      光子


緑陰のほろりとくずれ白鳳仏        博臣

  


栗原節子特選

マリアがあればユダもいるはずばらの径   碩才



渡辺澄特選

百万本のバラもろびとの供花として     博臣



米田規子特選

アキレス腱すっくと伸びて夏来る      多恵子
 


川嶋悦子特選

水音に真昼の孤独花樗           麗子



河村芳子特選

アキレス腱すっくと伸びて夏来る      多恵子



駒由美子特選

奇想天外植物図鑑風薫る          精




吟行って瞬発力が問われるのでしょうか

瞬時にこんな句が出来るなんて素晴らし過ぎます

私も食べ物の事ばかり考えないようにします・・・

今回も私の句は散々でしたが

披講を頑張りました!

それだけで十分満足です!美味しいものも食べたし・・・!

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海紅句会・5月

2017年05月19日 | 俳句


庭のバラが咲き始めました

写真のバラはイングリッシュローズという品種の

「アブラハム・ダービー」です

・・・誰?

きっと本国イギリスでは有名な方なのかもしれませんね

バラの名前は人物の名前が付いている事が多く

特にイングリッシュローズはイギリスの人物の名前がついています

そうそう「モニカ」というバラもあるのですよ

イングリッシュローズではなくHTという品種ですが

オレンジ色の背の高いバラです




バラが好きなのでバラの話をするときりがないのでこの辺で・・・

本題の句会のご報告を




今月からは正式の句会方式になり席題がなくなりました

そして主宰も私達と同じように3句出句される事に・・・!

わたくし

主宰の3句、全てをいただいていました

嬉しいやら悔しい!やら・・・

しかもその内の1句を特選に選んでおりました

嬉しいやら悔しい!やら・・・




花残り人残り雨残りけり     聰


(「残り」のリフレインが心地よく、ここでは効いていると思いました。

桜も終わりの頃、雨も小降りになってきて、花見の人達もちらほら。

そんな情景が浮かびました。少し肌寒いかも。

なんともいえない情緒を感じました。

「雨」を最後にもってきたところが上手いな~と思います)

※(   )内は、私の講評(笑)




では主宰の特選句をご紹介します



懸崖に水のひとずじほととぎす     正隆

(「きりいしに光のひとすじほととぎす」と添削。「ほととぎす」がいい)



チャイコフスキー軽鳬の親子が光る湖   直子

(「光る湖」を「光いて」と添削)


春灯おかあちゃんと呼んでいる      敦子

(「おかあちゃーん」と添削)


※(   )内は主宰の講評



主宰の言葉より

・俳句は引き算。大事なことだけを残す

・俳句はだまっていれば自分のこと

・俳句はムードではない。「春愁」「秋思」は実態のないムード季語 ← (主宰はお嫌いみたい)

・「薫風」は昼。夜吹く風は薫風とは言わない




今回は時間がたっぷりとあったので

質疑応答タイムができました

そこで「作句のきっかけは?」という質問がありました


「俳句歴が長ければ長い程、引き出しにだくさん蓄積がある

映画・音楽・絵画・書物など、俳句意外にもこれまでに触れた事がたまっている

触角を張り巡らせながらも

句のきっかけは自分が求めないと」


と、いう事でした(多分)



私が俳句をはじめたばかりの頃

どうにもこうにも作り方すらわからず

大先輩の森村文子さんにある日

「どうやって俳句を作ったらいいの?俳句はフィクション?ノンフィクション?」

と伺った時に

「俳句のタネをみつけたら一度それを引き出しにしまうのよ

そしてそれをコラージュするのよ」

と、教えてもらいました

目から鱗が落ちた瞬間です




俳句は総合文芸だと主宰に聞いた気もします・・・(あやふや)

日々の生活の中で得た琴線に触れるようなこと

泣くほど感動した映画とか

うっとりした景色とか

色彩が強烈だった絵画とか

踊りたくなるような音楽だとか・・・

それらはみんな俳句のタネになるのもしれません

そっと心の引き出しにしまっておきましょう

いつか詩として昇華する時が来るかもしれませんね




毎回、皆さんの句をこのブロブに掲載するときに苦労するが漢字の変換

俳句で使う漢字ってなんでこんなに難しいの~~~

今回も泣きそうになりました

「軽鳬」なんて簡単に出てこないもの~

「懸崖」もこれで合っているのかしら~

私の知らない漢字ばかり・・・

ふ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千葉新人句会・4月

2017年05月11日 | 俳句
風薫る五月、いかがお過ごしですか?

一年で一番好きな季節です

ゴールデンウィークは楽しく過ごされましたか?

私は茨城のひたち海浜公園のネモフィラを見てきました

どこまでもどこまでも続く青の世界は

さながら天国の入り口のようでしたよ



そんな感じであっちこっち出かけていたので

またまた句会のご報告が遅くなってしまいました・・・




4月の千葉新人句会です

まずは主宰特選句から



筍の息づかいふと父の山           直子

(「ふと」が効いている)



ニーチェ・チェーホフもなくフクシマのサクラ 洋子

(ニーチェ・チェーホフなんて誰も作らない。「~もなく」は再考を)



ためらいの次の一歩をチューリップ      瑩子

(説明できない、よくわからない。それが良い)




主宰の言葉より

・俳句は寓意でなく象徴(人生はこうだからこういう事を言いました ← ✖ )

・俳句は体言の文芸。安易に動詞でつなげない

・体言体言で押して、ここぞと云うところで助詞をばしっと決める

・俳句では微妙な事はわからなくていい。そこまで伝わらない

・俳句としていいかどうか。最初の気持ちはどうでもいい

・言葉は離して離してわからない位に

・万人受けに作らない

・事実が面白いことが、俳句で面白いとは限らない

・動いているものを止まっているように。要するに常識的に言わない

・理屈は言わない

・俳句で「つつ」はだめ。はっきり言う




今回も沢山の言葉をいただきました

今まで、もう何回も言われている事を繰り返し繰り返し今回も言われましたね

何回も言われないとわからない子達なんです・・・すみません、主宰

その中で目新しいのが一番目の

「俳句は寓意でなく象徴」

と、いうことでした

自解で

「暗にこういう事を言いました」

とか

「こういう事を含んでいます」

などと説明をされる方、いますね

男性に多いような・・・

俳句はそういう事をする文芸ではないようです

こころしましょう ← (偉そうに・・・




重ねてお願いです

下の「俳句ランキング」のバナーを

是非ぽちっと押してくださいね

響焔の方はもう絶対!です

ぽちっとが多ければ多いほど、検索サイトのランキングが上がり

私のブログが多くの人の目に止まりやすくなります

つ~ま~り

(響焔の宣伝になるわけです・・・)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白灯賞

2017年04月20日 | 俳句
響焔俳句会には響焔三賞というものがあります

そのうちのひとつは会員対象に贈られる「白灯賞」です

今年は異例の2名受賞となり

笹尾京子さんと私が頂きました



響焔誌4月号に受賞作品が掲載されていますが

HPの方には特に触れておりませんので

広く響焔の活動と作品を知っていただきたく

こちらのブログで紹介させていただきます




「最後の風」    笹尾京子

橋渡る今年最後の秋の風

お互いを見て見ないふり菊人形

いさましく鰹節かく年の暮

お気に入り一つ身につけお元日

さびしさの白集まって梅の花

散るときもまた無口なり白いばら

ただ一つ男に似合う花しょうぶ

突然に太鼓たたかれ盆おどり

遠くから見てほしいのとさるすべり

藍の花おのれの色をまだ知らず




「発想のユニークさと、そのあとの展開の意外さが独特で、既に高いレベルの俳諧性を示している。

対象を正面からでなく、すこし斜めから見て、ずばりと本質を捉えるようなその俳句は

まさにおとなの俳句と云えよう」



主宰も云っていますが

対象をすこし斜めから見る詩人の目を持つ京子さん

そこがド正面から見ている私とは決定的に違うところです

うむむ、そう来たか~、上手いな~

と、毎月の投句をみて唸る楽しみを与えてくれる京子俳句

天才なのだと思います

合同句会ではいつも主宰の特選をさらって行かれます

私もいつも惹かれていただいています

先日の新樹会ではお隣の席でした

少しお話させていただき、根っこの方で私との共通点がある事がわかり

近く感じて嬉しくなりました

それが何かはふたりの秘密です・・・ふふ


私は京子俳句のファンであります




そんな笹尾京子さんと肩を並べて受賞なんてなんという光栄



「子犬とピアノ」

青空はコスモスのため明日のため

蓑虫の憂鬱こんなに広い空

冬の朝大きな椅子にまず沈む

ローランサンの子犬とピアノ初御空

自由とは風か小鳥か三月か

夜の首都高疾走すれば熱帯魚

六月はA5出口を出て左

自販機の吐き出している夜の闇

暑中お見舞い東京に空ありて

おしなべて無口東京も八月も




「最初から従来の俳句に捕らわれぬ自由な発想が光っていたが、積極的に句会に顔を出すようになって、

発想、表現ともにますます自在かつ豊になり、毎回白灯集に新風を吹き込んできた」



発想に頼っているところがある私・・・

そろそろ枯渇するのではないかと、ひやひやしています

そこだけではこれからは通じないと思われます

頑張ります




いかがですか?

響焔の俳句のある一面をご紹介しました

「色々な花の花束」の響焔です

来年で60周年です

凄いでしょ?












コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

海紅句会・4月

2017年04月16日 | 俳句
海紅句会は毎月第一金曜日です

今日はもう月半ば

すみません

すっかりご報告が遅れてしまいました・・・




今月の席代は「川」

色々な川が出ました

花見川(千葉市に流れています)・浅野川・隅田川・大川

桜の季節なので、やはり隅田川や大川がまず思い浮かびますね



では主宰の選からご紹介します

並選を11句、頂きました



整然と角川文庫亀の鳴く      正隆

(「亀が鳴く」と添削)


輪郭は空に溶け出す夕桜      モニカ

(「溶け出し」と添削)


つつがなく墨田の桜隅田川     妙子


大川に長谷川平蔵花の冷え     モニカ


宿坊は昭和の匂い春炬燵      典子


花冷えの街遮断機がふえている  妙子

(「降りている」などがいいのではないか?)


梅の花どこか寂しく犬の顔     正隆


花辛夷ふと青春がかけよりぬ    直子


留学生楊の憂うつ街薄暑      モニカ


高野切臨書背臨目借時       敦子


花しぐれあの微笑みはのこされて  妙子

(「あの」を「かの」に)



私は1句目の正隆さんの

整然と角川文庫亀の鳴く

を、特選で頂きました

席題の「川」で数分で作られたのでしょうけれど

よくもまあ「角川文庫」なんて素敵な固有名詞が出てきたと、まずそこに感動

そこに実態がよくわからない俳句だけしか使われない「亀鳴く」という季語

文学の匂いプンプン

清記用紙が回ってきてこの句を読んだ時

「うわっ!すごい」と

小さく叫びました



主宰の言葉より

・一点に絞って言って、結果として広がるように

・思ったことを全部言わない。ちょっと手前で止める。そうすると余韻がうまれる

・真ん中の「や」切れは相当強く響くからあまりよくない。昔の句には沢山あるが・・・

・形は出来ているが、インパクトが欲しい

・「や」切れははっきりと切れていいが、形がやや古臭くなる

・固有名詞を使う時は、それがないとダメだという時のみ

・誰にでもわかる句は作るな

・俳句は意味をどんどん消す

・ドラマにしない

・現実に目の前にあることだけを言う

・季語の説明にならないように

・俳句は短いから難しい。短いから面白い



海紅句会の翌日は

響焔の春の合同吟行会「新樹会」でした

今年は葛飾・柴又に

生憎の花の雨で、もう寒くて寒くて・・・

頭の中の6割は「寒い」

3割は「熱燗で鰻を食べたい」

残り1割「出句どうしよう・・・挨拶どうしよう・・・」

新樹会のご報告はまた・・・




読者さまへ

せっかくコメントをいただきながら

いつも返信が遅くなり本当に申し訳ありません

必ずお返事いたしますのでこれからもよろしくお願いします

コメント、いつも嬉しく、励みになっております

ありがとうございます







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加