カサンドラ症候群かもしれない夫

発達障害と思われる妻の言動と私の気持ちをつづります。

カサンドラな夫のセンター試験

2018年01月14日 | 日記
この週末、大学教員である私は、センター試験の業務をしました。

13日(土)は朝6時半に自宅を出て大学に行きました。その日は大学近くのビジネスホテルに宿泊し、14日(日)は、朝7時半にホテルを出て大学に行きました。

我が家から大学までは、通勤時間1時間余です。ホテルに宿泊する必要は、通常はありません。

しかし、いつもより1時間程早い出勤でした。この場合、ひまりは起きてきません。当然、朝食の準備もしてくれません。13日の朝は、朝食をコンビニで買って食べました。14日の朝もコンビニで買った朝食をホテルで食べました。

なぜホテルに宿泊したのか。13日は、試験でトラブルがなかった場合は、帰宅が夜8時過ぎの見込みで、翌14日は朝6時半頃に自宅を出る必要があり、13日の夕食も14日の朝食も期待できず、それなりに緊張する業務を適正にするためにはホテルに宿泊したほうが、その宿泊料金を考えても、得と考えたからです。

報道では、センター試験にかんしてはトラブルばかりが報じられますが、しっかりしたマニュアルがあり、それを事前にしっかり確認しておけば、実際は、それほど大変な職務ではありません。しかし、全国一斉の試験ですから、少しばかりのミスをすると報道されてしまうのです(それは悪いとは考えていません)。だから、公正かつ適正に試験を実施して、受験生らが日頃の学習の成果を十分に発揮できるように、しっかり配慮します。だから精神的にはずっと緊張していてやや疲れますが、大事な職務です。

年に一度の大事な職務をする私に、ひまりは一切の配慮なしです。いつものことですが。

私は、13日の朝、コンビニで買ったサンドイッチを食べ、夜8時頃にコンビニでサンドイッチを買って帰宅して、冷えた夕食を食べて、また翌日、朝早くに出かけるのはイヤだったのです。

試験でトラブルもなく無事に帰宅しました。ニュースでもセンター試験に関する報道はいろいろありますが、帰宅した私には「お疲れ様」の一言もないのです。帰宅してすぐに、休む間もなく娘の遊び相手なのです。娘と遊ぶことは幸せなのですが、私は、いつ「休息」すればいいのでしょうか。

昨晩は、ホテルで「休息」できました。某ラーメン店で夕食をとって、ホテルにチェックインしたのが8時半頃、10時頃には寝ました。そのおかげで今日(14日)は、しっかりと仕事ができました。

一言でまとめると、大事な仕事のあるときでも、我が家に帰ると「休息」できない。だからホテルに泊まったという話です。

お読みいただきありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「名もなき家事」(毎日新聞... | トップ | 夫、父親、そして友人、そし... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事