小さな酒屋の日記

京都の東山の麓に佇む酒屋の日常生活です

観光視線

2016-10-18 09:45:16 | 日記
今日は久しぶりに後白河法皇ゆかり「法住寺」
常盤御前ゆかり「宝樹寺」の関係を聞かれました

4年前の大河ドラマ「平清盛」の時はこの両寺院を求めて来られた方が多くあり、
スマホの普及率がまだまだ低かった事から歴史対話がかなりありました。

でも私にはさっぱり解らない歴史話でした。。。



「ほうじゅうじ」「ほうじゅじ」と似たような呼称から招いた混乱でしたが

当時は些細な対話から観光の方の視線が少しずつ理解出来ました。



でも今はカメラの先がその意識表現になっているので
その先を観察しつづけているのですが

密かに海外の方から人気のとある看板



意味は・・・解っておられないと思います







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 懐かしいパチスロ | トップ | 龍馬展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。